先日の甥っ子のお誕生日会で、
義兄&姉に誘われて、LINEを始めることにしました。
始めることにしました、っていう言い方も何だか妙だけれど、
グループ作っとこうか、という話になりまして。

昨年の年明けにiPhoneを購入した際に
お店でアプリを入れるところまではやってもらっていたけれど、
それ以降、特に使う場面がなかったので
これまで放置していたのですよね。
なので、その場で義兄に助けられつつ
最低限の登録とグループの結成(っていうの?)をしておいたのです。

んで、今日は休日を利用して、LINEのアイコンの画像を設定したり、
以前から公言していたとおり
「うちの3姉妹」のスタンプを購入したり、していました。
何しろいろいろ初めてで、登録とか認証とかいっぱいで、
ちょっと、つ、疲れた〜!
でも、達成感!

使いこなせるかどうかは不明だし
そもそもそれほどマメに連絡を取り合う仲でもないけれど、
楽しく活用していけたらいいなぁ、と思っています。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
「未来のミライ」スタンダード・エディション [Blu-ray]こないだ録っておいた「未来のミライ」を鑑賞。
劇場公開当時からちらほらと噂は耳にしていましたが、
気になる作品ではあったし、TVでやってくれてうれしいな。

しかし、うーん、いやー、
「噂に違わず、住みにくそうな家だなぁ……」
というのが第一にして最大の感想、ですね。
何であんなに階段だらけなの?
あんなの、ビフォーアフター案件じゃない?
ああいうの、最近でははやってるんですか?

あと、クライマックスで主人公であるくんちゃんが
「ミライちゃんのお兄ちゃん」
であることをアイデンティティの拠り所としていたのだけれど、
「えっ、それでいいの?」
とちょっとびっくり。
「お兄ちゃん」とかいう肩書きを取っ払った
くんちゃん自身を見てほしい、認めてほしい、
認めてあげよう(周囲の大人が)、
という物語だと思っていたのだけれど、違うんだ!? って。

(ちょうど、「ベビーシッター・ギン!」(ドラマ版)の
 りんごちゃん&いちごちゃんの回を見たあとだったので、
 よけいにそう感じてしまったのかもしれませんが)

「ミライちゃん好きくない!」という台詞は確かに何度も出てきたけれど、
そこがテーマじゃないでしょ? って感じで……。あれー??

そんなこんなで、しっかりオチのつかないまま終わってしまった感じで、
「あー、これで終わりなんだ……?」
とふわふわした印象にとどまってしまいました。
まぁ、でも、くんちゃん可愛かったし、いいか!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
美容院に行って、ぼっさんぼっさんな眉毛と髪を
きれいにしてもらって、すっきり。
髪はいつもはだいたい3ヶ月おきくらいのペースで
カットしてもらっているのだけれど、
今回はまだ2か月経ったくらいなのに
やたらともさもさしてきてしまって、
耐えられずに駆け込んだのでした。

私を長年担当してくれている方も
「いつもよりちょっと早いですよね?」
と少し驚いた様子だったけれど、
実はこの時期は新陳代謝がいちばん活発なので
髪が伸びるのも速いのだそうです。
えええー、そうなのか! 知らなかった!

最近はほとんど夜会巻きをしなくなったので
「後ろでまとめられる長さで十分なので、
 傷んでいるところはバッサリ切って
 できるだけ軽くして下さい〜!」
とお願いして、そのとおりにしてもらえて、さっぱりしたー!
雨降りだけれど、心は晴れやかです。うふふ。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
アニメ作品投票|全プリキュア大投票|NHK

「全プリキュア大投票」が行われますよ奥さん!
すごーい! うれしい! やったー!!
ガンダムとかマクロスとか
よく知らないシリーズのでもすごーく楽しかったから、
いつかプリッキュアーでもやってほしいと思ってたんだよ〜!

ちなみに投票の方は
「作品・プリキュア・キャラクター・歌」
の4部門なのですが、
これ、「コスチューム」とか「変身アイテム」とかも
入れてほしかったなぁ。
あと、「EDダンス」とかも、ねぇ?
初期の作品では踊っていないものもあるから
実現不可能なのはわかりますが、んー、残念〜。

あっ、でも、「歴史秘話 プリキュアヒストリア」も楽しみだけれど、
これ、たったの30分なんですね?
ガンダムとかマクロスの時は1時間みっちりしっかりやってくれたのに、
尺、足りますかね? 大丈夫ですかね??

いやー、それにしても楽しみだ!
今からすでにお祭り騒ぎですよ、わっしょいわっしょい!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
職場の先輩が退職を決意されて、それを上にも伝えたことで、
人員の補充のために先月から採用面接や実技試験が行われています。

私は下っ端なのでそこらへんにはまったく関わっていないのですが、
実技の試験が私の隣の席で行われているので
そこでの応募者&面接官(私の直属の上司)とのやりとりを
仕事をしつつ何となく聞いてしまいつつ、
という日々を送っています。

私よりも年上の方とか、こないだまで学生だった方とか、
いろいろな人が来て、おもしろいなぁ。

今日は、まだ実務経験のないという若い女性が試験を受けていきました。
そして、それを上司が後ろで監督しつつ
ちょくちょく質問をしたりしていたのですが、
どうやら、彼女は学生時代は産業デザインを専攻していたらしいのですよね。
(産業デザインとは、ざっくり説明すると、
 乗り物とか、家電とか、ロボットとか、工業製品のデザイン)
(という解釈でいいのかな? ちょっと自信ない……)

うちの会社は、というか私たちの仕事はグラフィックデザインなので、
ちょっと、分野というか、系統が異なるわけです。
で、上司もそこらへんが気になったみたいで、
「学校で勉強したこととだいぶ違うと思いますけど、
 どうしてこっち(グラフィック系)の仕事をしようと思ったんですか?」
と質問していました(そして聞き耳をたてる私)。

……ら、彼女の回答は、
「最初はぁ〜、そういう会社とかをいろいろ受けてたんですけどぉ〜、
 何かぁ〜、違うなぁ〜、って思ってぇ……」
でした。

…………。
い、いや、いいんだよこういうの、
それくらいのフットワークの軽さで知らない分野に飛び込むのって
大いにアリだと思ってるよ!
それに、直感って大事だし、そういう感覚って信じないと鍛えられないものだし、
それで方向転換する勇気も立派な武器だと思うよ!

でも、一応、面接の場だったわけだから、
そこはもうちょっと、後付けでもいいから
言葉で説明してほしかったなぁ、とも思います……。
別に、かっこいいことを言う必要なんてないから、
素直に話してくれればいいからさぁ……。
って、素直すぎてああいう言い方になっちゃったのかなぁ……。

ああ、でも、新人の定着しないこの職場では
ああいう言い方をする子はそれこそ
「何かぁ〜、違うなぁ〜、って思ってぇ……」
とある日突然辞めていってしまいそうで、怖いんだよね。

と、まぁ、そんな日々です。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP