吐息と稲妻 / 谷川 史子谷川史子の新刊その2、短編集「吐息と稲妻」。
1冊読み終えて最初に感じたのは
「あれっ、別れ話が多い?」でした。
別れ話、というか、
単純なハッピーエンドではないものがほとんどです。

表題作は、日常を描くことがほとんどのこの作者には珍しく
ファンタジー成分が多めの物語。
ある意味、少女漫画っぽい?
その他、全体的に切ない雰囲気が漂ったりもするけれど、
登場人物それぞれのまっすぐな気持ちが心地いいです。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
連日、不安ばかり書き連ねていたために
心配してくれた友人が、ケータイ宛に御守メールを送ってくれました。
すごくうれしかった。
日常生活、がんばろうと思いました。

新聞の夕刊で、東海大地震の震度&被害の予測を
大幅に上方修正するとかしたとか、そんな記事を読んで
ふおおおお、と怯えきってしまったり、
俺屍Rの情報でいっぺんに元気を取り戻したり、
そんな感じで過ごしています。

「地球のうた」もゴーゴーファイブの OP も、いい曲だよね!(私信)

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
昨日は寝る前に不安をここへ吐き出しておいたせいか
わりとすんなり眠ることができました。

震災以来、ふとした瞬間に漠然とした不安感に襲われることが多くて、
実際、現在進行中の不安材料が
個人的な要素も含めていろいろとあるのですが、
とにかく、私が今やるべきことは
落ち着くことだ、と思いました。
あとは、春先に体調を崩すことが多いので
そうならないように気を付けなくては。

……と、自分に言い聞かせるために書いてみる。
ほんとうは、お風呂にも落ち着いて入っていられないくらい
どきどきそわそわ続行中なのですけれども。はわわわわ。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
毎晩、電気を消して布団に入って眠りにつくまでの時間が、少し怖い。
横になっている時って、体勢によっては
自分の心臓の鼓動が妙に大きく響いてきたり
それによって身体が微妙に揺れ動いたりしませんか。
そんなささいなひとつひとつに
いちいち「地震!?」と勘違いしてしまう。
息をつめて様子をうかがっているうちに
天井がゆらゆらぐるぐるしているようにも見えてきて
(って、裸眼だとほとんど何も見えないくらいなのに)
心臓がどきどきしてくる。

樹原涼子さんが、こないだのひな祭りライブの時に話していた
「いつかやろうと思っていたことが
 ある日突然、できなくなってしまうことって、あるんだな」
という言葉を、何度も思い返しています。
(お友達が、3人の子を遺して早くに亡くなられたそうで、
 そのことに触れつつのトークで出た言葉です)
あの話を聞いた直後も、こう、心にずしんと響くものがあって
「そうか、そうだ、そうなんだなぁ……」
とぼんやり噛み締めていたのですが、
それから1週間経って、たくさんの人が大変な目に遭う災害が起きてしまって……。
余震やら原発やら、不安材料がなかなか減らないこの状況で
毎日、1日ずつ、平穏に暮らせることのありがたさに
今さらながら気付かされています。

わ、私、不安になりすぎですかね?
怖がりすぎ?
でも、怖いんだよ、ほんとに……。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
他人暮らし / 谷川史子谷川史子の新刊が2冊同時発売!
駅前の大型書店でミニ谷川史子コーナーができていて
びっくりしました。でも、うれしいな。
この人はもっと世間に知られてもいいと思うんだ。

というわけで、「他人暮らし」です。
バツイチ・独身・新婚ほやほやの
3人の30代女子の物語。
いちばん共感できたのは純花のエピソードかなぁ。
でも、頼子やサワの気持ちにも
そうだよなぁ、と思うところがあります。

同時収録の「秋雨」は切ない。
可愛らしい絵柄なのに、コミカルなタッチなのに、
永遠の別れをさらっと描くよね、この人は……。
でも、読んだ後に悲しいだけじゃなくて
前向きな気持ちにもなれるお話でした。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
この3日間、再放送されていた「わが家の歴史」
母が夢中になって見ていました。
家事などでちょこちょこと席を立ったり
こたつで時々うたた寝をしている母のために
以前見たことのある私がところどころフォローを入れる、という
二人三脚的な鑑賞スタイル。
でも、最終夜である今日は、目が離せないといった感じで
一度も横にならずに食い入るようにして見ていたようです。
見終えた後は「おもしろかった〜!」と満足そうでした。
母が楽しんでくれて、よかったよかった。

震災からしばらくの間は報道特番ばかりでしたが
最近ようやく、CMも含めて、番組に日常が戻りつつあるのを実感しています。
現地の様子は気がかりだし、正確な情報もほしいけれど、
不安をあおるような映像が必要以上に流されていたような気もする。
すぐに今までどおりの番組を放送するのは
いろいろな事情で難しかったのだろうけれど、
ほっと和めるような番組は、もっと早くから復活してほしかったなぁ。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
仕事帰りに、地下鉄の改札を通ろうとして
定期券ではなく自宅の鍵を取り出してぼんやりと鍵穴を探してしまったことが
過去に何度かあるのですが
(みんなも1度くらいは経験あるよね? ねっ!)、
今日はその逆を初めてやってしまいました。
つまり、自宅玄関のドアの前で定期券を取り出して
カード差し込み口をぼんやりと探す、という、ね。
疲れがたまっているのでしょうか。ヨボヨボ。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
うちの3姉妹(15)「うちの3姉妹(15)」。
最近、新刊を買う度に言っているような気もしますが、
もう15巻! すごいなぁ。
近所の本屋でふと1巻が目について
立ち読みをしたら止まらなくなって
とりあえずそれだけ買って帰って、
翌日、2巻と3巻を買いに再び走って本屋に行ったのは
つい昨日のような気もしているのに。

独断で決めた今回のヒットは
「ほほえみを忘れないでーっ!!」と
「もっとときめこうよ!!」。
どちらも三女の発言です。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
余震がなかなか収まらないですね。
そろそろ落ち着いてきたかな、そうであってほしいな、
と思っていたのですが、
ニュースを見ているだけの私もどきどきしています。
揺れの大きかった地域のみなさま、大丈夫でしたでしょうか。

駅への道の途中では
少し前から沈丁花がもこもこと咲いて
春の匂いを感じていますが、
昨日あたりからまたきゅうっと冷え込んでいます。
名古屋でこうなら、東北はきっともっと寒いんだろうな。
春はいつでも待ち遠しいものだけれど、
今年はほんとにほんとに待ち遠しいです。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
▼歯列矯正メモ・22

先々週の土曜日(3/12)に行った一般歯科での検診を
薄れゆく記憶と闘いながらメモしておきます。
約5ヶ月ぶりの点検でした。
矯正歯科の先生には、2〜3ヶ月に1度の検診を薦められていたのに、あわわわ。

先月下旬から左の奥歯のあたりに痛みを感じて
虫歯の予感がしたために検診の予約を入れていたのですが、
前回の矯正の方の定期診察(3/5)の後、
気付いたら痛みが消えていました。あ、あれれれれー???
ということは、アレも歯の移動による痛みだったの?
何というか、歯の芯がうずくような
ぼんやりじわじわしたもやもや感があって、
少し前によく起きていた「明らかに虫歯とは違う、移動による痛み」
とはだいぶ違うように思えたから
「虫歯かもしれない!」と不安に思っていたのに。

……と、予約のきっかけと現状を簡単に説明して、さっそく点検開始。
歯のひとつひとつを診てもらった結果、
継続しての治療が必要なレベルの虫歯はゼロでした。ほっ。
左の奥歯は、やっぱり虫歯ではなかったのか。判断が難しいな。
歯磨きについても、きちんとできているかどうか未だに自信がないのですが
「きれいに磨けていますよ」と言ってもらえて、これにも、ほっ。
が、左の下の奥歯の内側の
矯正装置の下になっているあたりには
ちょっと汚れが残っていたそうです。あわわわ、気を付けますー!

あとは、ごく初期の虫歯や汚れを
何やら尖った器具でカリカリと削り落として、無事終了。
大したことがなくて、よかったよかった。

CM(0) | 歯列矯正 | EDIT | TOP