あっというまに8月もおしまいです。
今年も残り1/3かぁ、としみじみ。
残暑はまだまだこれからも続くだろうけれど
日ごとに確実に、日が短くなっているのを感じます。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
2011d11.jpg▼ディズニーランド思い出しメモ・11

何かイースターらしいお土産も買っていこうかな、
とあちこちのお店をぶらぶらしている時に
見つけたのがこちら。
卵型のケースに入った
卵型のチョコレート菓子です。
お味は、ミルクとバナナ、
そしてストロベリーの3種類。
個包装のイラストは
それぞれ、ミッキー、ドナルド、
そしてミニーちゃんでした。

可愛らしくておいしそうなお菓子は
他にもいろいろあったけれど、
これを選んだ理由のひとつはパッケージ。
紙製なので、とても軽かったのです。
丈夫さではもちろん缶には劣るものの、
それでもしっかりしているし、
「もうひとつくらいお菓子がほしいな」
という私の心(&疲れも出てきた夕方の肩)にきゅんと来ました。

CM(0) | 2011*TDL | EDIT | TOP
馬越嘉彦 東映アニメーションワークス「馬越嘉彦 東映アニメーションワークス 」を
ついカッとなって入手しました。
正確には、書店でお取り寄せをお願いしたら予想外に早く届いて、
しばらく余裕がないので母に頼んで取りに行ってもらいました。
「重かったわぁ、これ」と言われてしまった……ごめん!

馬越嘉彦さんというのは
「ハートキャッチプリキュア!」や「おジャ魔女どれみ」シリーズ、
そして「マリー&ガリーシリーズ」の
キャラデザをなさった方で、
この本はそれらのイラストや原画などが収められています。
「マリー&ガリー」は未見なのでよくわかりませんが、
ハトプリもおジャ魔女も大好きだったので、
初めて見る絵も懐かしい絵もいっぱいで
にやにやほくほく、眺めております。
設定資料集としても楽しめるし、
そういうものの作り方としても勉強になるなぁ!

おジャ魔女の、パティシエドレスが特に好き。
キャラでは、ももこっちとぽっぷちゃん。
ハトプリでは、特にお気に入りのキャラはいませんが
(もともと、キャラではなく世界観や空気にはまる私)、
プリキュアシリーズで初めて
「服が可愛い」「妖精が可愛い」と思った作品でした。

いやー、それにしても、
イラスト集の類を買うのはほんとうに久しぶりです。
学生の頃までは、こういうのを集めるのが趣味でしたが、
数年前にほとんど処分してしまったし。
本棚を整理して、スペースを作って、また少しずつでも集めていこうかな。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
久々にリアルタイムでニチアサをまとめて見たよ。
というわけで、さっそくめもめも。

オーズが最終回でした。
もしかしたら、すんごいドロドロした結末になっちゃうのだろうか、
と心配もしていたのですが、わりとさわやかに片が付いた感じ、かなぁ。
もやもやの原因は、何度か書いた気もしますが、
主人公であるエージくんのキャラがうまく掴みきれなかったこと。
もうひとつ、シリーズの途中あたりで
何だか話が進まなくてつまんないなぁ、という時期があったことや、
逆に、ラスト数話では、すごい勢いで敵を倒していったこと。
ドラマの盛り上がりに気持ちがついていかなかった、
というのが正直なところです。
でも、少し前に見た劇場版で、お手々繋いだ3人を見てウルッときた私は
最終話でもそれをやってくれちゃって、うううッ、でした。

しかしなー、ラスボスはてっきり会長だと思っていたのになー。
あと、ドクター・マキと知世子さんの関係が
ただの「姉に生き写しの女性」ってだけで終わったのが意外でした。
何か、あっと驚く展開への伏線なのかと思っていたけれど、
それだけで完結していたのか。あらら。

新ライダーは、どんなもんじゃろうかねぇ。
しばらくは様子見をします。

ゴーカイは、人格入れ替わりネタでした。
ハカセちゃん、見た目をいじったらあんなにかっこいいんだね。
い、いや、いつものも可愛くて大好きだけど!
そして、ハカセちゃんの中身のかっこよさに気付いて、認めるルカも
すごく可愛くて、いいなぁ、好きだなぁ、と思いました。
戦闘シーンでは、中身がグリーンなイエローが
アクションの後にささっとスカートを直すのがツボでした。

そうそう、書きそびれていたけれど、
先週のハリケン後編もおもしろかったなぁ!
キャストもそろっているし、まるで
劇場版「ゴーカイジャーVSハリケンジャー」を見ているかのようでした。
褒めすぎかなぁ、でも、ハリケン好きだったんだもん。
いつも思うけれど、それぞれのOPテーマがかかると、グッときます。
そして、やたらとお姉さんぶっている七海ちゃんが可愛いです。
しかし、ほんと背が高いし、すっかりきれいになっちゃって!

プリッキュアーは、4人目(いや、5人目というべきか)は
まだ出てこないのかなぁ。
何となく、誰が変身するのか予想がついてきたのだけれど、どうかな。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
のだめカンタービレ 最終楽章 後編[DVD] 春先に録画したまま放置していた
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を
遅ればせながら鑑賞しました。
前編を見てからかなり間があいてしまったけれど
そんなことは全く関係なく、楽しむことができました。

漫画をドラマ化したりアニメ化するのって
残念な結果になってしまうことも少なくないけれど、
これはドラマ化してもらえてほんとうによかったなぁ。
TVシリーズが始まる直前までの
「千秋役は玉木宏ィ? えええ〜」
と不安だった頃が懐かしいくらいです。
上野樹里ちゃんののだめは
これ以上ないというくらいのはまり役でした。

先日出かけたDQコンサートの影響もあるけれど、
こういうのを見ていると、またピアノをやりたくなってきてしまいます。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
2011d10.jpg▼ディズニーランド思い出しメモ・10

スペシャルパレード
「ディズニー・イースターワンダーランド」の
午前の回は、
エッグチャームの注文のために
少ししか見られなかったのですが、
午後の回はじっくり鑑賞することができました。
私たちが陣取ったのは
「ピーターパン空の旅」の前あたりで、
すでにたくさんの人がぎゅうぎゅう詰めになっていたし
西日をまともに受けるかたちになってしまい
暑い上に逆光で写真がどれも失敗で……うぐぐ……。
でも、おかげで撮影をあきらめたから
途中からは鑑賞に専念できたわけだし
この1枚はそれなりにお気に入りだし、まぁ、いいか。
後光が射しているみたいで、
これはこれで、ちょっとかっこいいですよね。
せっかくのチシャ猫フロートなのに
アリスたんが撮れていませんが、
代わりにミッキーが入っているから、いいんだ……。

CM(0) | 2011*TDL | EDIT | TOP
俺屍CMを繰り返し見てにやにやしている場合ではない、
早いとこ予約してこないと!
というわけで、仕事帰りに電気街に寄って
無事に限定版を予約完了です。やれやれ、フー。

しかし、ゲームソフトの予約なんて初めてだから
勝手が分からなくてちょっとどきどきでした。
お店自体は、過去に我が家の初代ぷりんちゃん(プリンター)を購入したり
その他こまごまと消耗品やら何やらを買いに行っているところなので
慣れてはいるのですが、
「ここって、もしかして、肌色の多いゲームしか扱ってないのかな」
と行ってからはっと気付いたり。
とりあえずカウンターに直行してメモを見せて
「予約をお願いしたいのですが!」と言ってみたら、
お兄さんが何やらカタカタと検索したり電話かけたり
そのうち別のお兄さんも出てきたりして
けっこう待たされてしまったものの、何とかなりました。
というか、お兄さんがフロアの隅の壁から
予約券(っていうの?)を持って来てくれて、そこから先は早かった。
そうか、ゲームの予約ってこうやってするのか(無知)。

しかし、無事に予約が完了してしまうと
発売日まで、もう、することがないよ!
この胸に沸き上がるパッションを、どうしてくれよう、えいえい!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
PSP版の俺屍のCMが、うおおお、ふおおお、すごくイイ……!
まずはコレを見てみて下さいよ!



リメイクの話が動き出した頃から
「CMはPS版と同じものを流してほしい」という声をちらほら見かけたけれど、
もう、それ以上に素晴らしくて、やられたー!って感じです。
PSP版は「おじいちゃんの13回忌」という設定だとか何とか。
息子役の方は、今はもうこっち方面のお仕事はされていないけれど
探し出して出演をお願いしたんだって。
岸部一徳は、PS版の時のことを覚えていて
快くオッケーして下さったのだとか。
そして、今回の監督は、PS版の監督のお弟子さんなのだそうで。
(このへん、桝田さんのつぶやきより)
あー、もう、いいなぁ、すごいなぁ!
ゲームの内容自体は、知らない方には、
たぶんこのCMだけではちんぷんかんぷんだろうけれど、
ゲームの本質が見事に集約されていると思います。
「そのうちお前にもわかるさ」って、あああ、もうもう、官房長ー!
(別のドラマがまざっていますよ)
ていうか、孫が可愛いなー。
時の流れとか、世代交代とか、うんうん、そうだよ、まさに「俺屍」。
ふうふう、はあはあ、どうしよう、11月まで待ちきれない……!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
0823.jpg▼ひとことメールお返事

おおお、いらっしゃいませ〜!
いえいえ、遊びに来て下さるだけでも
とてもうれしいので、どうかお気になさらず〜!

おお、「シュラトの拳」、ご存知ではなかったのですね。
ご紹介した甲斐がありました。
やー、もう、私も初めて噂に聞いた時は
「ふーん?」くらいにしか思っていなかったのですが、
Aさんからお薦め頂いてムラムラ来て
通販で手に入れた次第です。
公式サイトが消滅してしまって
実際どんなものかがイメージし辛いかと思うので、
そちらが興味をお持ちであろうキャラや
個人的にイラストが気に入っているものなどを
数枚チョイスしてパチリと撮ってみました(右)。
ボケボケの写真になってしまいましたが
カードの完成度が少しでも伝わればうれしいです。

某企画は、こちらのカードゲームの影響を受けたり
大いに参考にさせて頂いている部分もありますが、
大筋としては、Aさんが独自に温めていた
キャラ設定&ストーリーになりそう……、ですかね?(ここで聞いても)
そこへ、私が好き放題に口を挟んだり
うちの先代八部衆+αが絡んでいたりいなかったり、
そんな感じになっていく予定ですよ〜。
今、私自身がすごく楽しい思いをさせて頂いているので
これを何とか、ひとりでも多くの方に共有してもらえるかたちにしていきたいです。

ではでは、このへんで。
メッセージありがとうございました、
またいつでも遊びに来て下さいませ!
そして、ご協力頂いている件も、のんびりとお待ちしておりますね〜!
楽しみ楽しみ! キャッキャキャッキャ!

CM(0) | お返事 | EDIT | TOP
0822.jpg近所のデパートでやっていた
「スイートプリキュア♪ キラキラハーモニー」
のレポートをここに載せるのを忘れてた!
というわけで、いそいそとメモ。

私が会場に入ったのは11時近くだったのですが
これはちょっと失敗でした。
だって、もう、ものっすごい混みようで!
スタンプラリーの5つのスタンプエリアにさえも
誘導ロープが張り巡らされているほどで、
冗談抜きで床が見えなかったんだぜ……。
みんな、そんなにプリキュアが好きか!(お前もな)

まぁ、あそこの催事場はこぢんまりとしているので
休日の昼前なんて、混雑して当然か。
でも、次回は松坂屋あたりの大きな催事場で
こういうイベントをやってほしいな。広々と。
近所でやってくれるのもありがたいのですが。

今期のプリッキュアーは音楽がモチーフなので
展示内容もそれに合わせたのか、音の出るものが多くて
全体的にかなり騒がしい……いや、
にぎやかな感じになっていました。
「リズムステップ」という
ダンスダンスレボリューションみたいな(?)遊具とか、
「スイートコンサート」と名付けられた
OP&EDのミニカラオケステージとか。
ちびっこが一生懸命歌っていたり
状況を理解できずにマイク持たされてぼんやりしていたり、
こっそり観察してうぷぷと楽しませてもらいました。
けっこう上手な子もいて、びっくり。
あと、「音楽館」とか何とか、
音の出るおもちゃや子ども用の楽器が置いてあるスペースもあって
遊びまくり鳴らしまくりのちびっこたちのおかげで
もうほんと、楽しくもやかましい会場になっていました。

「なりきり写真館♪」とか「ビニール焼画」とか
お楽しみブースもいろいろありましたが、
私の目的は「プリキュアオールスターズDX 3Dシアター」。
上映時間は10分ちょいな上に有料ですが
少しでも売り上げに貢献したかったし、ただもう純粋に見たかったのです。
親子連れにまざって並んで、狭い暗室で飛び出す映像を楽しんできましたよ。
前の席の保護者さんたちに隠れてスクリーンがよく見えなかったので
最後列だったのをいいことに途中から立ち見をしました(やる気満々だぜ!)。
プリッキュアーのみなさんに台詞はなく、一言もしゃべらず
ひたすら踊るばかりの映像ですが
(本編開始前に、ハミィが上映時のお約束を語るのみ)、
プリキュアソング自体に最近すっかりはまっている私にとっては
知っているキャラもよく知らないキャラも
ノリノリな曲に合わせて可愛く華麗にダンシング!なコレは、
十二分に満足できるものでした。

会場入り口にあったスイート3人組の等身大マネキン(?)は
あまりの混雑っぷりにスルーしましたが、
出口付近に設けられたハートキャッチ4人組の撮影スポットで
隙を見てムーンライトさんを激写
(右側の水色のうねりはマリンの髪です)。
前から思っていましたが、この衣装けっこう際どいですよ。
ついつい見てしまうじゃないか。

そんな感じでほくほくと会場を出たら
特設売り場で、スーパー戦隊の歴代マークTシャツを発見して
しばらく手に取って逡巡してしまいました。買わなかったけど!
やー、しかし、夏休みシーズンは楽しいイベントが多くていいなぁ。
これからもどんどんやってほしいです!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP