ちょうど1年くらい前に購入したすのこベッド
杉の木で作られているのですが、
今でも、しばらく部屋を閉め切ったままにしておくと
ほんのり甘くて優しい杉の木の匂いが微かに漂って、
その度に「おお」と思います。
ヘッドボードその他、枠組みのところは全て塗装済みで、
無塗装なのは、すのこの部分だけなのに、
1年たってもいい匂い。ほわわん。

CM(0) | おうちカスタマイズ | EDIT | TOP
1129.jpg先日買った深い緑色の鞄は
小振りなサイズとすっきりしたデザインがお気に入り。
でも、金具その他でごちゃごちゃしていない分
そのままだと少し淋しい気もするので、
これに合うキーホルダーか何かを付けたいなぁ、と
最近はどこかへ出かける度に
あちこちのお店で探し続けていました。
家でも時々、ネットショップをのぞいてみたり
自作するのも楽しいかも、とパーツのお店にも行ってみたり。
でも、ぴたっと来るものになかなかめぐり会えず、
しょんぼりした気持ちに……。

しかし、以前プレゼントしてもらった小旅行用の鞄
取り外し可能なお人形のチャームがついていたことを
ふと思い出しました。
さっそく付け替えてみると、あらっ、カーワーイーイッ!
いつかもっと、これだ!というものに出会うかもしれないけれど、
しばらくはこれでいいかな。
チャームとはいえ、お人形さんを
ほとんどいつもクローゼットの中にしまい込んだままでいるのは
やっぱりちょっと、可哀想だよね。
これからは外に連れ出す機会が増えそうで、よかったよかった。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
一昨日の話の、続きのようなそうでもないようなお話です。

「男の子は乗り物が好き、女の子はお人形が好き」というのは、
大人とか社会が考える既成概念というか
「こうあるべき」っていう「押しつけられた性」みたいなものかな、
とも思っていたけれど、
やっぱり半分くらいは、いや、うーん、1/3くらいは
持って生まれるものなのかなぁ。
甥っ子の乗り物ブームを見ていると、そんなふうに思ったりもします。

まぁ、今のところ、甥っ子は、
動物にも興味があるし、お店屋さんごっことかのおままごとも好きだし、
別に乗り物だけに一極集中しているわけではないけれど。
それに、大人でも、鉄子さんとか、編み物男子・弁当男子etc.って方々もいるし、
誰でもみんな、自分の好きなことに向かっていけばいいのよ、
という考え自体は全く変わらないのですが。

自分のことを振り返ってみると
小さい頃は男の子回路の方が明らかに育っていて、
スパヒロに夢中になったり、ラジコンが欲しくて仕方ない時期があったりしましたねぇ。
女の子回路がそれなりに育ってきたのは、とっくに成人した後でした。
どこらへんが転機だったのか、自分でもはっきりとはわかりませんが、
きっかけの1つとして、姉が結婚して家を出たことが関係しているかも、
と思っています。

それまで、家族の中では姉が可愛いもの担当で、
姉妹で何かお揃いのものを買ってもらった時も
姉がピンクで私がブルー、みたいな振り分けが何となく固定されていました。
私は青系統が好きだし、取り合いで争ったことは一度もないけれど、
どちらかというと私はシンプル系・ボーイッシュ系担当だったような感じ。

それが、姉が離れて暮らすようになってからは、
自分(&周り?)の中でそういう役割を意識しなくなって
それまであんまり目立たなかった女の子回路が、やっと表に出てきたような……。
あと、1人暮らしを始めてからはストッパーがいないので
男の子回路も女の子回路も暴走気味……のような気がする。
可愛いものは可愛いし、かっこいいものにも憧れるし、
何より楽しいので、何も困ってはいないけれど。

甥っ子の趣味や興味は、これからどんなふうに変わっていくのかな。
私にできることがあったら、力いっぱい応援したいと思っています。

(「男の子回路」「女の子回路」といった言葉自体
 「押しつけられた性」の影響かな、とも思っていますが、
 一般的に簡潔にイメージを伝えやすいと考えて使っています。
 もしも、上記の文章を読んで不愉快に思ったり傷ついた方がいらっしゃったら、
 ほんとうにごめんなさい)

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
少し前に頻発していた微かな頭痛は
早寝を心がけているうちに治まりました。よかった。
が、しかし、それと入れ替わりに今度は
おなかの具合が何だか不安定になってしまい、むむむ……。
私の場合、そういうのはしょっちゅうで
むしろ通常運転といえなくもないのですが、
何だろう、悪いものでも食べちゃったかしら?
秋も深まって、身体が冷えてきたのか?
それとも、毎年恒例の12月土曜出勤が近づいて
会社イヤイヤ病が発生したのか?
とあれこれ状況を分析しているのですが、よくわからない。
寒いからって、乾燥しているからって、
熱いお茶をがぶがぶ飲んでいたらおなかもびっくりしちゃうよね、
という点には気を付けていますが、
今回の要因は一体何だろうなぁ。
とりあえず、なるべく早く寝るようにして様子を見ます。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
現在2歳と少しの甥っ子は、電車や車などの「のりもの」が大好きで、
先日も、トミカか何かの冊子タイプのチラシ(カタログ?)の
新幹線のページをじっくり見ていたそうです。
そして、以下は母(=甥っ子の祖母)からの伝聞ですが、

甥っ子「***ちゃん(=甥っ子自身)、しんかんせん、のりたい」
母  「新幹線乗って、どこ行くの〜?」
甥っ子「(真顔で)アオキ(←近所のスーパー)」

って………!
聞いた私もおもしろ可愛さのあまりブフォッと来ましたが、
母も何度も思い出しては笑ってしまっているそうです。

実は、甥っ子はもっと赤ちゃんの時に
姉(=甥っ子の母)に抱っこされて新幹線デビュー済みなのですが、
そうねぇ、新幹線、いつか乗れたらいいわねぇ。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
Papa told me Cocohana ver.3 〜薔薇色の休日〜 (マーガレットコミックス) - 実はけっこう前に出ていたらしい
「Papa told me Cocohana ver.3 〜薔薇色の休日〜」。
何も知らないまま本屋さんで偶然見つけて、やっと購入しましたよ。

今さらながら、これだけの連作短編を書き続けられるのはすごいなぁ。
最近のシリーズでは、あんまり登場しなくなってしまったキャラもいるけれど、
セーラー服の幸子ちゃんとか乾くんとか
はとこのあの可愛い男の子とか、またいつか、出てきてくれたらうれしいな。

私も「点の日」ほしいなぁ。
知世ちゃんからあれこれ聞き出そうとせず
一緒に山登りに連れて行ってくれるお父さんは、
やっぱり素敵だと思います。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
エマ 1巻 ビームコミックス(ハルタ) - 夏の初めに、私が海外ドラマ「ダウントン・アビー」にはまる。

見逃して悔しがっていた母も、この秋のアンコール放映ではまる。
が、しかし、あの時代の英国貴族や使用人についての暮らしぶりには
あまりなじみがなくて、いまいちわかり辛い部分もあるらしい。

「これ読めば何となく雰囲気わかるよ!」と
「エマ」と「エマ ヴィクトリアンガイド」を母に薦める。

という経緯で、布教活動をしています。
母もなかなかに多忙なので、まだ第1巻を読み終えたばかりだそうですが、
「エマちゃんは、どうしてあんなにモテモテなの?」
と質問されて、ちょっとびっくり。
「えっ……、えーっと……ヒロインだから……?
 あっ、美人だから???」
と、何だかエマに失礼な回答をしてしまいましたが、
まだ最初のうちは、エマの内面って描かれていなかったように思うので、
まぁ、母の疑問も自然なものなのかしらねぇ?
母がこのままラストまで読み続けてくれたら
また印象も変わるんだろうか。

ちなみに私は、あの漫画の女性キャラではモニカ姉様がダントツで大好きです。
あと、アデーレも好きです。ターシャも好き。ヴィヴィーも可愛い。
ていうか、キャンベル子爵以外、嫌いなキャラなんていないなぁ。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
いよいよ最終決戦に突入(たぶん)した、ハピプリ。
もうそんな時期かぁ、と思いながら毎週楽しく視聴していますが、
今日のラストにはびっくりさせられたねぇ。
ファントムさん、私はてっきり神社の番犬か何かだと思っていたら
妖精さんだったのかー!
あと、彼の「お前が言うなー!」は
ニチアサ史上に残る名台詞&名シーンだと思います。
全くそのとおりですよ、ブルーさん。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
夜の長野の地震、こちらでも少し揺れました。
お風呂上がりにぼわーんとしながら
床に散らばった荷物を片付けていたら、
TVから緊急地震速報が鳴って、どきどきしました。
あの「♪ティロンティロン ティロンティロン」っていう音は、
いつ聞いても不気味でぎくりとしてしまいます……!
ただ、朝から1日中歩き回ってちょっと疲れていたので
ほんとうにぼわーんとしていて、
地震なのか自分だけが揺れているのかよくわからず、
天井の灯りから垂れた紐やらカーテンやら
壁掛けの鏡なんかがゆーらゆーらしているのを見て
「地震……だね……?」とぼんやりしていました。
あっ、でも、玄関のドアはちゃんと開けて、避難経路を確保したよ!
私、がんばった!

朝でも昼でも、地震は怖いけれど、
夜は特に怖いし、心細いよね。
揺れの大きかった地域の人たち、大丈夫かな。
これだけ大きいと、余震も続きそうだし、私も気を付けよう。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
1121.jpg北海道の三星(みつぼし)という会社のお菓子で
物産展にもなかなか来てくれない
「ゆのみのんの」というお菓子(クリームサンドクッキー)を、
名古屋の地で初めて発見しました!

栄のハンズで今週から始まった
物産展的な特設会場の片隅で、
このメーカーのコーナーが作られていたのです。
すごーい!びっくり!
久しぶりに見たよコレ!

いや、まぁ、通販を利用すればいつでも簡単に手に入るけれど、
それは奥の手というか
最後の手段として取っておきたかったのです。
ただの意地だと自分でも思うのですが、何となく。

そんなこんなで、1箱買ってきましたよ。
さっそくおいしく頂きました。もぎゅもぎゅ。
大事に食べよう。うふふ。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP