0331.gif▼ランキングメモ・25

本館サイトのWEB拍手ランキング
久々に動きがありましたよ奥さん!
というわけで、
現在の様子をスクショでパチリ。
前回からは半年以上経過していますが、
その間にもぽつぽつと拍手を頂いて、
とてもうれしいです!
ほんとうに、ありがとうございます!

では今回は、新たに20位にランクインした
「参考資料:雑誌&付録【5】:天空聖典」
について、
ちょろりとコメントをしてみようと思います。

サイト内でも書いていますが、これは
シュラト関連の発行物の中でも特に貴重な
ファン必見のレア・アイテムだと思います。
読み応えたっぷりで、とっても楽しいですよ。
ストーリーダイジェストのみならず
設定資料としての要素も満載で、
当時、大興奮しながら読んだものです。
各キャラクターの過去エピソードなどは
どこまで公式設定ととらえていいのか
曖昧なものもありますが、
二次創作のネタにもなりそうな話が
ごろごろと転がっていて飽きません。

こんなのを気前よく付録に付けてくれて、
アニメディアにはほんとうに
感謝の気持ちでいっぱいです。

この「天空聖典」と「新・天空聖典」は
今でもネットオークションで時々見かけることがありますし、
もしかしたらまんだらけなどでも扱っているのかもしれません。
気になる方はぜひ探してみて下さいね。

と、今回はこんな感じで〆。
この冊子の内容の全てを紹介するのは、少し難しいけれど、
興味を持って下さる方がいたことを、とてもうれしく思います。
拍手を送って下さって、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
0330.jpgメインの線画がまだ途中ですが、
髪と布と靴がどうにもうまく描けないので
先に背景の塗りを始めることにしました。
今年度中に仕上げる!が目標だったはずなのに
3月、もう終わっちゃう……めそ。
GWあたりまでには何とかしたい!
何とかするぞ!

FireAlpaca に早く慣れたくて
なるべくこれで作業を進めていますが、
使い慣れたフォトショと行ったり来たりしつつ
塗り塗りしています。
その度に、レイヤーのロックが外れたり
一部、設定がおかしくなっちゃうのは
何とかならないのかなぁ。
最新版では改善されているのかしら。
(OSの都合で、私が使っているのは少し古いver.なのです)

しかしほんと、アルパカさんでの水彩は
色が気持ちよく混ざって楽しい。
昔、愛用していた Painter Classic ともまた少し違うけれど、
うまく使いこなせるようになりたいです。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
GOプリを毎週楽しく視聴しています。
みなみ様とはるかのいちゃいちゃっぷりが
もう、可愛くて可愛くて!
思っていたのとは少し違う雰囲気ですが
気付けばすっかりはまっています。
みなみ様はおばけが苦手だったのね。
幽霊相手にでもビシッとお説教しそうなくらいなのに、
あの可愛らしいおばけにも怖がるなんて、意外でした。
でも、完璧超人じゃないみなみんも、やっぱり好きです。

はるかもきららちゃんもいい子だよねぇ。
今のこの3人の関係性がとても好きなので、
今年は追加戦士なんてむしろ来なくていい、と思ってしまっているくらい。

今日は出番なしだったけれど、ミス・シャムールも好きですよ。
新谷さんのあの特徴ある声も
カレカノのつばさちゃん役で初めて知った時から大好きなので、
また聞けてうれしいな。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
「映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪」を見に行ってきましたよ。
記憶が薄れないうちに、思い付くままにざざっと感想をメモしていきます。
これから見に行く予定の方は、ネタバレにご注意下さい〜。

劇場版プリッキュアーには何だかんだでウルッとさせられることが多いけれど、
今回は、本来のメインターゲットであるちびっこ層を意識したのか
お話はとてもシンプル……というか、内容がちょっと薄いような?
こういうのも、まぁ、ぼんやり気楽に見ていられるので私は好きですが。
あ、でもライトを振ってプリッキュアーを応援する場面はなかったので
今年も振る気満々で来た子がいたら、ちょっと残念だったかもね。

アナ雪のヒットを受けて、ミュージカル映画という路線を開拓しようとしたものの
ちょっと中途半端になっちゃった、という印象だなぁ。
いっそのこと、ストーリー要素なんて一切削って
延々とCGのダンスシーンを流してもらってもよかったんだけれども。
そうそう、3DCG部分に人手と予算を持っていかれたのか、
作画のきれいなところといまいちなところの差が
けっこう大きかったようにも思う。
というか、秋のハピプリの映画の作画が
ハイレベルすぎたせいもあるのかも知れません。
あれはほんとうに、可愛かったしきれいだったもん。

そういう、全体的な感想としては
うーん、今回はあんまりお薦めできないかな、と思うのですが、
楽しかった部分ももちろんありました。
もうね、みなみ様がギャグ担当要員にしか見えない。
可愛い。おかしい。可愛い。ブフォッ。
本人は至って真面目なのに、込み上げてくるこの笑いは何だろう。
えりかも相変わらず、変顔&ギャグ担当要員として活躍していて
うれしい限りです。にやにや。
えりかとひめの「こころの種」談義もおもしろかった〜!
プリッとね、プリプリッとね。
やっぱり、気になるよねぇ、あれは。

あっ、そういえば、歴代プリッキュアーさんたちは
「妖精たちへの感謝の気持ちを歌とダンスで表現する」という名目で
それぞれの OP or ED に合わせてダンスを披露していくのですが、
その進行の仕方が、ちょっとMステ風でした。
ただ、予想どおりとは言え台詞がひとこともないキャラも多くて
物足りなさも感じてしまいました。

そうそう、EDが実写なのは予想外で、びっくりしたなぁ。
違和感がけっこうあったのですが、
もしかして最近は、ああいうのも珍しくないのかな。

来年のオールスターズは、また今回みたいなミュージカル路線でいくのか
前みたいな方向性でいくのか、どうなんでしょうね。
とりあえず、次のお楽しみは秋のGOプリ劇場版です。わくわく。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
0327.jpg先日、出張店舗で買ってきた STEAM CREAM
今回のチョイスは、下2つの
「AMAPOLA」と
「TATIANA」。
そして上の1つは、いつ購入したか忘れたけれど
なぜか写真に残していなかった「EKATERINA」です。

エカチェリーナもタチアナも
見た目でぱっと選んで決めてしまったのですが、
どちらも「インペリアル・エッグ」のデザインだったのね。
安っぽくはないキラキラ感と
品が良くて深みのあるパープルやグリーンが
きれいでいいなぁ、と思います。
アマポーラは、スペイン語で「ひなげし」の意味だとか。
白地にわりと写実的な花のイラストというのが
爽やかで春らしくて目を引きました。
このオレンジも好みな色合い。

ちなみに、いつも1つはピンク系のデザインを選んでいるのですが、
今回はこれだというものが特になくて、少し残念。
来月発売予定のバンビ缶が、写真で見る限りはなかなかステキなので
それを楽しみに待っていようと思います。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
職場で、もう16年も勤務しているパートさんが、
お母様の看護&介護のために
急遽、今月いっぱいで退職されるそうです。

2年ほど前にお父様が亡くなって、
独り暮らしになったお母様は
今まで健康面ではそれほど心配はなかったけれど、
転んで腕を折ってしまったそうで。
その手術や入退院に付き添うために
先週と今週でちょくちょくお休みされていたのですが、
どうも、お母様は腕の他に腰も打ったとかで、
片腕も当分は自由が利かないし
歩くだけでもバランスを崩していて危ないし、
この先、老人ホームへの入居も視野に入れて
お世話をする必要が出てきたそうです。

実は、すでに入居する先も決まりかけているそうですが、
いろいろと手続きや申請もしなければならなくて
いっぺんにやることがでてきちゃった、って。
もともと、そろそろデイサービスの利用も始めようかな、
とは考えていたそうですが、
こんなに急に事態が進展することって、あるんだなぁ……。
私自身も、親のことで、いつかはこういう時期が来るんだろうな、
と思いつつ、お話を聞いていました。

そのパートさんとは、席がお隣同士なので
お昼に時々、おしゃべりをしたし、
私がまだ入社したての頃は
私の作業の校正をお願いしていた時期もあって、
ほんとうに、お世話になった方なのです。
ああ、でも、おうちの事情なんだから、仕方がないですね……。

うーん、それにしても、
うちの職場にはこないだ久しぶりに新人さんが入ったばかりなのに
1増えて1減る、っていうか
出会いがあれば別れもあるのだなぁ、としんみり、しょんぼり……。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
0325.gif▼歯列矯正メモ・122

2009年秋の歯列矯正の初診から
(=今の通院先へ無料相談に行ってから)
本日、ちょうど2000日目を迎えました。
切りのいい数字なので、記念にパチリ☆

2000日かぁ、2000日ねぇ、
うーん、長かったような、あっという間だったような。
でも、あの時「やろう!」って思い切って飛び込んでみて
ほんとうによかったなぁ、と思っています。
迷っている人がもしいたら、
とりあえず精密検査だけでも受けてみることをお勧めしますよ。
いろいろわかって、おもしろいから。
あの時とか、ブラケットオフ直後に撮ったレントゲンも、
画像でいいから欲しかったなぁ。
こんなに変わるんだ! ってびっくりしたもん。

そういえば、レントゲン写真とか、胃カメラ飲んでる時の映像とか、
私は興味深くて凝視しちゃうタイプなのですが、
特に後者は「気持ち悪いし怖くて見れないよ、そんなの」と言われて
あらっ、もしかしてみんなはそうなのかな、と今さら気付かされたりしています。
お、おもしろいと思うんですけど……!

CM(0) | 歯列矯正 | EDIT | TOP
名古屋では桜も咲き始めたというのに、
昨日からはまた寒さがぶり返してきました。
「花冷え」と呼ぶには寒すぎて、
雪でも降りそうなくらいキーンと冷えています。
これさえ乗り越えれば、今度こそ春本番になるかな。どうかな。
もこもこと着膨れしながら春を待つ(はからずも五七五)(あっ、五八五だった)。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
慌ててしまったのかぼんやりしているからなのか、
ご飯を食べている時にうっかり舌を噛んでしまうことが
たまに、あります。
大きな血豆ができたり、食事中もしくは歯磨き中にそれが破れたり、
治るまでちょっと痛くて辛い日々を過ごします。

昨日の朝、久々にやってしまって
今、しゃべるのにも食事にも不自由を感じています。うー。
噛んじゃう場所は大体決まっていて、
下の付け根に近い、奥の方の、端っこあたり。
どちらかというと左が多いけれど、今回は右。
しゃべったりしようとして舌を動かすと
下の奥の方の歯のちょっとギザギザしたところに当たって、
けっこう痛いんだよね。
当たらないようにしてしゃべろうとすると、
どうしても舌っ足らずな感じになって、あわわわわ。
でも、仕方ないんだ、あわわわわ。
早く治ってほしいなぁ。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
先週放送の「相棒 season13」の最終回を、やっと見ました。
いやー、結末は知っていたけれど、
知っていたからこそドキドキしました……。
もうそろそろ大丈夫かな、とは思いますが
以下はネタバレを含みますので、ご注意下さいね。

そうそう、母はこれをリアルタイムで見たそうですが、
直後に私に電話をかけようと思ったくらい
あの結末にものすごく動揺してしまったそうです。
気持ちはすっごくわかるわよー……。

さて、見終えた直後の感想としては、
「唐突すぎて実感がわかないなぁ」でした。
確かにカイトくんは、口より先に手が出てしまうというか、
荒っぽいところ、もっと言ってしまえば暴力的なところもありました。
あと、感情的なところも、何度か描写されていました。
でも、それは、右京さんとの対比という意味合いや
彼の若さゆえの直情的な部分の表現だと解釈していました。
スタッフとしては、これまでの彼のそういうシーンを
「伏線」として差し挟んでいたつもり……なのかなぁ。

伏線といえば、えっちゃんのおめでた&入院・闘病や
それも絡めてのパパとの関係の変化や進展が
何らかのかたちで「卒業」につながるのかなぁ、
と推測していたのですが、まるで外れてしまいましたね。
右京さんもイギリスに行っちゃうし、
誰がえっちゃんを支えてくれるんだろう、これからは。
あ、幸子さんかなぁ。
これからはほんとに毎日来てくれるかもしれないよね、彼女なら。

カイトくんのこと、けっこう好きだったし応援もしていたので、
彼のファンとしても、こんな「卒業」では可哀想な気がしてしまいます。
卒業というより、追放って感じだもん、
特命係だけではなくて、相棒ワールドからの。
あそこまで罪を重ねさせなくても、
親友の妹の仇討ちだけやってしまった、とか、
親友の凶行を止められなかった、手助けしてしまっていた、とかで
十分、卒業の理由付けにはなるだろうに。
そうじゃなくて、パパさんのいっていたような
「右京さんへの劣等感」というのを主軸に描きたかったのかなぁ。
カイトくんは、右京さんに対しては、尊敬はしていても
目標とか憧れとかの対象ではなかったんじゃないかな、
だから「劣等感」というのは違和感があるなぁ、と思うのですが、
それも私の勝手な思い込みなのかしら。
タイプが違いすぎて、理想とはちょっと違う、
でもあの観察力や考察力には毎回驚かされる、って感じ。
右京さんの「暴走する正義」に時には反発しつつも、
年齢やキャリアの差もあって
カイトくんにとってはやっぱり学ぶものが多い存在、
という関係性だと思っていました。
先輩というよりむしろ先生で、師弟関係のようなコンビ。

ああ、そうそう、えっちゃんは
防犯カメラに写ったダークナイトの映像から
カイトくんを疑った(もしくは確信を持った?)ようですが、
何だかこれも、すっきりしない。
付き合いも長いし、結婚予定の仲ではあるけれど、
それまでにいくつか気になる点があればともかく
あれだけで「!」ってなるものなの?
そもそも、もうすぐ結婚する、子どももできた、っていうカイトくんが
これまでの犯行を悔いるならわかるけれど、
新たに犯行を起こしたり、するのかなぁ。
それだけ、彼の抱える闇が深かった、っていうのをやりたかったんですかね?
別に、カイトくんの弱さを見たくなかった、とかいうわけでは全然なくて、
劣等感オッケー、短所や弱点もむしろもっと見せてくれ、
という気持ちでいますが、
これまでの3シーズンで見ていたカイトくん像と
どうしても重ならないんですよ、
このダークナイトのエピソードについては。
シュラトでいうと、TVシリーズの美奈さんとOVAの彼女みたいだ。
(通じる人の少なさそうな例え)

最終回を作り直してくれ、とか、カイトくんを復帰させてくれ、とか
ネットにはいろいろな声が溢れていますが、
何だか今回のラストシーン、
「あれっ、もしかしてこれでシリーズ打ち止め?
 season14 ってもうやらないの?」
という雰囲気が感じられて、とても不安です。
無理して続けてマンネリがひどくなるくらいなら
適当なところできれいに終了させてほしいと願っていますが、
だったらなおのこと、今回の最終回は後味が悪すぎて、ちょっとね。
海外ドラマの無理矢理な打ち切りとか、強引な降板とか、
そんなふうに感じられてしまって、うーん、とても残念……。

気持ちを鎮めるため&気分転換に、
録りためていた「ダウントン・アビー2」をそろそろ消化し始めようかな……。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP