0131.jpg▼ランキングメモ・29

本館サイトのWEB拍手ランキング
久々に動きがありましたよ奥さん!
というわけで、
現在の様子をスクショでパチリ。
前回からは半年近く経過していますが、
その間にもぽつぽつと拍手を頂いて、
とてもうれしいです!
ほんとうに、ありがとうございます!
というか、実は最近、
月末にチェックするのを失念していたので
以前から変動があったのかもしれません。
もしも気付かずに過ごしていたなら、
ご、ごめんなさい……!

さて、今回は、新たに第16位にランクインした
「イラスト:ヴィシュヌ様(「大戦」時)」
について、ちょろりとコメントしようと思います。

このイラストは……、とにかく古いです。
自分内CG史上の黎明期の作品で、
サイト開設前に描いたのはこれと
「ラクシュ&ミー」のみでした。
な、懐かしすぎる……!
拙い部分も目立ちますが、
手探りでとにかく一生懸命仕上げた
思い出深い1枚です。

あと、イラスト置き場に飾った第1号が
「大戦」時の妄想というあたりが、
実に私らしいというか何というか。
この少女時代のヴィシュヌ様のことを
私はひそかに「ちびしゅぬ様」とお呼びしておりますが、
彼女にもいろいろと、ドラマがあったのだろうなぁ、
と勝手に思いを馳せています。

小説版によると、調和神となる者は
その前段階として吉祥天という位に就く(?)らしいのですよね。
調和神の任期は、どうも1万年を余裕で超えるくらいの長丁場になるようですが、
吉祥天もたぶん、その見習いのような感じで
数百年くらい修行を積むのではないかと。

ただし、ちびしゅぬ様の場合は、「大戦」という非常事態だったために
わずか数年間で調和神の座を引き継いだ、というマイ設定を
小説版を初めて読んだ頃から温め続けています。
そこらへんの詳細を、いつか語りたいなぁ、と思いつつ、
なかなかサイト上でかたちにできないまま
年月ばかりが流れていっていますが……あああ……。

あっ、そうそう、自分でも今気が付いたのですが、
このイラスト、私が細々と続けている「シリーズ・花と神将」の
第1号でもあるのでした。
ヴィシュヌ様のイメージフラワーは、ピンク色の蓮の花です。
(ちなみに、白い蓮の花ならレンゲちゃん)

というところで、今回は〆。
拍手を送って下さってみなさま、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
昨日のオルフェンズさぁ……、もう、放心状態ですよ……。
「は……???」って……。
何で、何で、なんっで、ラフタが……!
今は別れても、またいつか昭弘と再会するんでしょ?
で、めでたくくっつくんでしょ? 子どもゴロゴロ産んじゃったりするんでしょ?
って、信じてたのに……。

いや、もう、びっくりですよ。
ガンダムだし、パイロットだから、死ぬのは宇宙空間だと思い込んでいましたが、
そうじゃないこともあるんだね。
あと、あの時のアジーさんの悲鳴というか崩れ落ち方が
とてもリアルで、すごくすごく、辛かったです。
昭弘&ラフタも応援していたけれど、ラフタ&アジーのコンビも大好きでした。
可愛い系とクール系のおんにゃのこが男性陣に混ざって活躍している姿は
私の原点でもある特撮ヒロイン像そのものなので。
でも、もうそれも見られなくなるのね。
アジーさんには何とか復活してほしいけれど、
そもそも名瀬さんとアミダ姐さんが死んじゃったばかりなのに。

三日月とアトラのシーンでニヤニヤしている場合ではなかった。
でも、もう、早急に子作りした方がいい気がしてきたよ。
三日月、ラストまでちゃんと生きてるかどうか、心配だよ。うおおおん。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
「魔法つかいプリキュア!」が最終回でした。
前作の姫プリが好きすぎて、ぼんやりしたまま視聴を続けていましたが、
これはこれでとても楽しくて、可愛くて、元気をもらいました。
前にも書いたけれど、ちびっこには姫プリよりまほプリの方が
親しみやすくて人気だったんじゃないかなぁ、と思います。
あと、モフルン! すごくよかったです。
劇場版のキュアモフルンは、見た目も動きもとても好みでした。

実質的な最終回は前回で、
私は「二度と会えない(かもしれない)END」が実はかなり好きなので
3人の再会はうれしくもあり惜しい気もあり、
という微妙な気持ちでいましたが、
まるっと後日談&新キュアへの引き継ぎという新しいタイプの最終回は
再登場キャラも多くて、素直に楽しめました。
この明るさと何でもありの軽さが、まほプリの魅力ですよね。
役者さんスタッフさん、楽しい1年間をありがとうございました!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
「リカちゃんキャッスル in 名古屋栄三越」に行ってきましたよ。
昨年秋に開催された時と比べると、
会場も広くなったし、ドレスの種類も増えたように思います。
あと、休日のお昼時に行ったせいもあるかと思うものの、
それなりに賑わっていて、何というか、ほっとしました。
あ、そうそう、着ぐるみのリカちゃんも来ていましたよ。
キャッスルのアリス服っぽい制服は、いつ見ても可愛らしいです。

そういえば、ピンク髪のリカちゃんの素体を
山ほどカゴに入れている女の子がいたけれど、
あれは全部買う気なのか、お買い物ごっこを楽しんでいたのか、
どっちなんだろう。ちょっと気になる。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
台所の排水溝の掃除などに
重曹石けん(泡スプレータイプ)を使っています。
ぬめりがすっきり取れて、付きにくくなったようにも感じるし、
それ自体はお気に入りなのですが、
定期的に使うようになってから、手が少し荒れるようになってしまいました。
気になるのは右手(利き手)の親指と人差し指のみで、
ハンドクリームをこまめに塗りっていればそのうち治るけれど、
治った頃には掃除もしたくなっているので、エンドレス。
100均の使い捨てのポリエチレン製手袋を使っているものの、
もっとちゃんとしたゴム手袋にしないとダメなんでしょうか。
ゴム手袋、苦手なんだけどなぁ。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
昨年秋から、うちの会社では
役所関係からの印刷物の仕事も請け負うようになっています。
先方からデータをもらって、基本的にはこちらでは刷るだけ、という内容。
そして、データを工場に回す前に、一応こちらでも出力をして、
それらの校正(文字やレイアウトのチェック)をしています。
んで、その校正作業をちょくちょく担当しているのですが、
けっこう脱字が見つかるんだよねぇ。
「を」とか「は」とか、助詞が消えていたり、
テキストを推敲している間にミスったのかな、っていう感じの。
みんな、おつかれなんだなぁ、と思いつつ、報告しています。

あと、専門用語を解説するような文章が
もう、ものすごーくわかりにくくて、
ああー、これ、朱(あか)入れたい! やり直し!
って思っちゃう時もたまにありますが、
そこまでする権限(というか義理というか)はないので
ぐっとこらえてスルーしています。

役所の方が直々に書かれたものなのか
下請けのライターさんとかが書かれたものなのかは不明ですが、
眠くなる文章ってあるよね。ねー……。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
タツノコさんとゴンチャロフのコラボチョコが出ていますね。
ラインナップはガッチャマン・タイムボカン・アクビちゃん。
おなじみの手堅い作品で、まぁ、納得なんだけれど、
たまにはシュラトのことも思い出してあげてください!
……って思っちゃう。めそ。

私がちゃんと知っているタツノコ作品は
シュラトしかないけれど、
他にもいろいろ、ファンを抱えている作品は多いと思うので、
そして、今でも需要はきっとあるはずなので、
もうちょっといろいろ、冒険をしてもいいんじゃないかと思うのですよね。
要するに、タツノコはガッチャマンとタイムボカンに頼りすぎではないですか、と。

ちなみに、チョコ売り場で現物を見てきました。
アクビちゃん缶は可愛かったです。
ちょっと欲しくなっちゃった。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
0122.jpg

昨年11月末に注文した掛布団カバーがようやく届きました!
人気商品のようで、ずっと入荷待ちだったのですが、
待った甲斐がありましたよ〜、この可愛さ! そしてこの手触りの良さ!
ふわふわであったか〜い!

今まで使っていたものは綿100%で、それ自体はいいものですが、
ちょっとシャリッとした感触なので
寒い時期にはいつも薄手のひざ掛けを追加していたのですよね。
でも、この羊さん柄のは、肌に触れる部分がほんとうに気持ち良くて
入った瞬間からほわっとしていて、イイ!
柄に一目惚れして選んだけれど、機能も期待以上で素晴らしい。
はぁ、いいお買い物をしたわぁ〜。

CM(0) | おうちカスタマイズ | EDIT | TOP
年明けから、職場にて靴用カイロを使うようになりました。
年越し前は平気だったけれど、
やっぱり寒さの本番は年明け以降なんだなぁ、
もう、午前中は底冷えして、寒くて寒くて。
スチール製の机も、夜の間に冷気を蓄えているので
そこに向かっていると、こたつの逆ver.みたいな状況になって、
とにかくよく冷えます。熱を奪われる!

ウェアラブルこたつ! ウェアラブルこたつの開発を急いでください!
そして一刻も早く市販化してください〜!

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
BSで視聴していた「機動戦士ガンダム」が最終回でした。
自分の中では、「ものすごくおもしろかった!」とまではいかなかったものの(すみません……)、
和製アニメの古典的なこの作品にようやく触れることができて、満足。
今なおパロディの元ネタにされている名台詞や名シーンの数々も、
「あ、ここで出てきたのか〜」
と、こう……、まさに歴史を学ぶような感覚で楽しめました。
そうそう、「悲しいけどこれ戦争なのよね」って、
男の人(スレッガー・ロウ)の台詞だったのですね!
セイラさんあたりが言うのかと思ってたー!

来週からは、続編にあたる「機動戦士Ζガンダム」が放映されるそうなので、
このまま流れに乗って視聴を続けようと思っています。
ハマーン様のこと、お声が榊原さんということぐらいしか知らなくて、
どういうキャラなのか気になっていたので、うれしいな。
……と思っていたけれど、ハマーン様の登場は第32話からなのか。
けっこう先だなぁ。ああん。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP