進撃の巨人(24) (講談社コミックス) - 「進撃の巨人」を第24巻まで読みました。
第20巻までを読んだのは1年以上前で、
本誌の情報はちょこちょこ集めて追いかけているものの
この数冊の間の怒涛の展開に
まだ頭がついていかない……、っていうか
マーレ篇のキャラの顔と名前を覚えきれない……!
自信を持って答えられるのはガビだけだよ!
しかし、「ガビ」って
女の子の名前としてはゴツく感じてしまうのだけれど、
どこかの国で実在するものなのでしょうか。

グリシャの手記を読んだエレンが
継承した記憶をより鮮明に思い出せるようになって、
彼のメンタル的に大丈夫なんだろうか、と心配になります。
第22巻の巻末あたりでもそうだけれど、
マーレ篇の彼も、何だかちょっと、
よく言えば落ち着いた、になるかもしれないけれど
あああ、大丈夫なの……。

ライナーの視点でのこれまでの経緯も明らかになって、
もう、これ、読者としてはものすごく辛いです。
エレンたちも大変だったけれど、
ライナーたちもちっちゃい頃からこんな人生を歩んでいたんだねぇ。

そうそう、ヒィズル国のあの女性、お召し物がまるっきり和服で、
ちょっとびっくりしました。
そういえば、ミカサの東洋人設定って
この先の展開に何か重大な意味を持つのかなぁ。

物語がいよいよ収束に向かっているのをひしひしと感じる一方で、
巻末の嘘予告にゲラゲラ笑っています。
「進撃のスクールカースト」、めっちゃ読みたい!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
韓国から帰国した選手団が
休む間もなく記者会見やらインタビューやらでTVに映っているのを見ると、
まずはゆっくり休ませたりゃあよ、
と親戚のおばちゃん目線で少し心配になってしまいます。
メダルを取った直後からカメラやマイクを向けられ続けて、
ほんとうに、大変だなぁ、大丈夫かなぁ。
それなのに、みんな礼儀正しく受け答えしていて、
すごいなぁ、えらいなぁ。
でも、もうちょっと、ほどほどにしておいてあげてほしい、
と思ってしまうのでした……。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
近所のドラッグストアで買い物をすると
時々、レシートと一緒に期間限定の割引券をもらうことがあります。
ただ、それがどういうタイミング(?)で配布されるのかは不明でした。
私はポイント5倍デーなんかにまとめ買いをすることが多いので、
購入金額が多いとおまけにくれるのかなぁ、とか、
レジが混んでちょっと時間がかかっちゃった時に
お詫び&サービスとしてもらえるのかなぁ、とか、
勝手にうすらぼんやり想像していましたが、あんまり深くは追求せずにいました。

が、同じくそのお店をよく利用する母にその割引券をあげたら
「こんなのあるの? もらったことないわ〜」
とびっくりされたので、こちらもちょっとびっくり。
そして、先日母がその割引券を使う際に
どういう時にもらえるのかを聞いてみたら、
ある一定の確率で
機械がレシートと一緒に吐き出す仕組みになっているとのことで、
そうだったのかー! と再びびっくり。

私より母の方が買い物の回数も量も多いのに
今まで一度ももらったことがないそうで、
それを考えると回数も量も大したことないくせに
わりとちょくちょく割引券をもらっていた私は
なかなかくじ運が強い、っていうことなのではないかと……!
いや、でも、どうせ当たるならこういうのじゃなくて
宝くじとかで一攫千金したいんですけれども……!

まぁ、でも、母ともども、謎が解けてちょっとすっきりしました。
そういうことだったのねぇ、なるほどねぇ。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
鬼灯の冷徹(25) (モーニング KC) - 「鬼灯の冷徹」の第25巻を読みました。
今回も、おもしろかったー!
読み応えのある本編も魅力だけれど、
この漫画は作者さん自身の
漫画やイラストを描く楽しさや
キャラクターに対する愛情が感じられて
(ひどい目に遭うキャラも多いですが)、
とても味わい深くて好きなのです。

今回収録されている中では、「衆合合戦」が特に楽しかったなぁ。
狐と狸の化かし合い、というよりフェチ対決だったよね。
信楽太夫ちゃんと妲己ちゃん、けっこういいお友達になれそうなので
いつかまた2人セットで出てきてほしいです。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
今年のバレンタインは
父に帝国ホテルのバレンタイン限定の缶入りのを贈ったのですが、
「今までもらった中でいちばんおいしい♪」
と喜んでくれていたそうです(母からの伝聞)。
あ〜、よかったよかった〜。

父が日頃好んで食べているのは明治の板チョコで、
私が誕生日やバレンタインに
デパ地下や催事場で選んでプレゼントしたものに対しては
「高級なチョコは口に合わない……」
と言っていた(でも完食)、というのは母から聞いて知ってはいました。
でも、まぁ、年に一度や二度のことだし、
たまには毛色の違ったものも楽しんでもらえないかなー、と
「親しみやすい味」を考慮しつつあれこれ毎年探していたのですよね。

ただ、高級というか、特に海外のものとかだったりすると
スパイスが混ざっていたり何やら配合が違っていたりして(?)、
食べ慣れていないだけだろうけれど違和感が大きいものも
確かにあるんだよねぇ。
試食して回っているうちに、微妙におなかが痛くなってきたこともあったし。

帝国ホテルのは、通常商品のシックなパッケージがおしゃれだな、と惹かれたのと、
限定缶のピンクがきれいな色だったのが最大の決め手になったのですが、
試食をした時も、「あ、これたぶんお父さんも好きそう」とピンときたのでした。
勘は見事に当たったようです。ほっ。

というわけで、父宛には毎年、帝国ホテルのチョコを購入することに決定。
バレンタイン限定のは、毎年パッケージのデザインも変わるようだし、
通販もできるみたいなので、誕生日にもこれを贈ろう。そうしよう。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス) - 「アルスラーン戦記」の第7巻を読みました。
このあたり、TVアニメだと
かなりのダイジェスト版になってしまっていたので
じっくり読めてうれしいです。
ジャスワントがアルスラーンの仲間になるまでの下りは
けっこう好きだし、
ラジェンドラも何だかんだで憎めないし。

巻末の「私はいったい誰なんだろう」のシーンは
昔からずっとお気に入りなので、
丁寧に描写されていて、それもうれしかったなぁ。
昔のOVAだと、漫画とアニメという表現の違いはあるものの
思いの外あっさり描かれて終わってしまったので
ちょっと、ありゃあ〜、という気がしていたんだよね。

原作をそのままコミカライズしたのではなくて、
ちょこちょこと荒川弘によるアレンジが入っているのが楽しいし、興味深いです。
続きも楽しみに待っています。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス) - 「3月のライオン」の第12&13巻を読みました。
あ〜〜〜、おもしろかった!
この2冊は、全体的に明るめだったり勢いのあるお話が多くて
一気に読み進めてしまったなぁ。
相変わらず将棋の難しいことはよくわからないままですが、
棋士のみなさんが個性的で心理描写もわかりやすいので
対局のエピソードでもすごく楽しいし、夢中になります。
今までちょっと謎の人だった滑川(なめりかわ)さんのことも、
今回でかなり好きになってしまいました。ぶははっ。

そして、あかりさん周辺のラブコメが楽しい!
いや、当のあかりさんは自分が渦中にいることに全く気付いていないし
右往左往しているのは林田先生のみですが、
この甘酸っぱさ……! 好き……!!
島田さんも素敵だしかっこいいし大好きですが、
今は全力で先生を応援します。がんばってー!

宗谷さんVS二階堂もよかったねぇ、
残念だったけれど、ほんとうによかった!
あと、この漫画を読むとおなかがすいてきちゃって困ります。
「ちゅるちゅる」(幼児語)は、自分は使った記憶がないけれど
姉が甥っ子と使っていて、初めて知ったんだったなぁ。
その他、レモンゼリーやら生姜シロップやら、みんなみんなおいしそう。じゅるり。
二階堂家のわんこ事情も楽しかったぁ。
そうそう、13巻の表紙みたいな集合絵は個人的にすごく好きです。
この先の展開も、とっても楽しみ。わくわく!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
大杉漣さんの訃報に驚いています。
ほんとうに、急すぎて、びっくりしすぎて「へっ?」って感じ。
ものすごくファン、というわけではなかったけれど、
ドラマや映画を見ているとちょくちょく目にする役者さんで、
最近は相棒シリーズにも出ているし
バイプレイヤーズも楽しく視聴しているので、
もう、そんな、えっ、ほんとうに? って……。

バイプレイヤーズは、私はつい最近ちゃんと見始めたところなんだよね。
昨年の第1期の本放送時は
伝え聞いた情報から「あ、ちょっとおもしろそう」を興味を持ったものの、
途中から見始めるのはやっぱりイヤで、結局そのまま終わってしまって。
だから、年明けの一挙再放送をうきうきと録画して、
それを先週ようやく見終えたところだったのです。
今の第2期は1週遅れで楽しんでいるところなのに、
相棒でも、衣笠さんはけっこう重要なキャラだと思うのに、
そんな、あまりにも突然すぎて、呆然としちゃうよ……。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
先日から「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」が始まりました。
第2話まで視聴した段階でいちばん驚いたのは
「EDでダンスしない!? っていうかEDがない!」でした。
初回は特別仕様のことが多いから、EDは第2話からなのかな、
と思っていたのですが、そうか、ないのかぁ。
あと、パトレンの変身前のジャケットのデザインが
そこはかとなくデカレンっぽくて、ちょっと懐かしくてうれしいです。

変身後は、マスク部分のデザインの黒いところが、
シルクハットや警察官の帽子をイメージしたものになっているのね。
どちらも、女の子のは微妙にアレンジされていて、
そういう細かなこだわりが好きです。

タイトル自体には「VS」がついているけれど、
そのうちすぐに「流派超越!」とか「呉越同舟!」とかするんでしょ?
とは思っていますが、どうなるのかなぁ。
わくわく楽しみです!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
小平選手(金メダルおめでとうございます!)がインタビューで
「求道者(きゅうどうしゃ)」という言葉を使っていて、
「あれ? これって『ぐどうしゃ』って読むんじゃないの?」
と不思議に思ってググってみたらびっくり、
「ぐどう」とか「ぐどうしゃ」って読むと
仏教の要素が加わっちゃう、っていうか、仏教用語になるみたい、です。
えーえええー、そうなんだ! 知らなかったー!
「きゅうどう」とか「きゅうどうしゃ」だと、
もっと広い意味での、真理を求める、悟りを求める、って感じになる、って。
そうか、そうなんだ、知らなかったなぁ。
ニホンゴ、トッテモ、ムーズカシイデス。

いやー、でも、思わぬきっかけでひとつ賢くなれました。
小平選手、ありがとうございます!(ぺこり)

CM(0) | メモ | EDIT | TOP