すっかり暖かくなって、自宅でも朝晩ともにエアコンを使わない日が続いています。
が、今日の夜は久しぶりにスイッチを入れました。
台所でコンロを使ったり洗い物をしたりしているときは平気だけれど、
座ってご飯を食べ始めたら、何だかスースーするような感じがしたんだよねぇ。
「ん? 気のせい?」
と思ったし、食べているうちに体も温まると思ったものの、
やっぱりちょっと、スースーするような……?
というわけで、我慢はせずにポチリと。
まだしばらくは、時々はこういう日もあるのかな。
ちょっと油断するとうっかり風邪を引いてしまいそうなので、
気を引き締めていかなくては。キリッ。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
桜は昔から大好きな花だけれど、
最寄駅への途中に白木蓮が植えられているのに気付いてからは
毎年それらが咲くのも楽しみにしています。

近所の病院の敷地内には大小2本の木が隣り合って植えられていて、
いつも大きい方が先に咲いて、少し遅れて小さい方も咲き始めます。
(もしかして品種が違っていたりするのかも?)
今年は、大きい方の蕾が開き始めた直後にしばらく雨が続いて、
白くて大きな花びらが傷んで散ってしまうのも早かったのが残念。
遅れて咲き始めた小さい方の花も、見頃を迎えました。
でも、今朝見たら、もうあちこちの花びらのふちが茶色っぽくなっていて、
ほんとうに、あっという間だったなぁ、と淋しい気持ち。
昼間の気温が高くなりすぎて、傷むのも早まっちゃったかもしれないねぇ。
自然現象だから仕方ないけれど、くやしいねぇ。
来年は、もう少しだけ、白木蓮がきれいに咲き続けられるといいなぁ。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
.hack//SIGN  DVD-BOX - BSで視聴していた「.hack//SIGN」が、最終回を迎えました。
うーん、おもしろかった……かな……?
……というのが正直な感想です。
10年以上昔の作品なので
以下にはネタバレとか気にせずに感想メモっちゃいますが、
よろしいでしょうか〜。

見始めたきっかけは、
以前、友人が好きだと言っていたような、
という古い記憶です。
あと、第1話を見て
「あれ、このOP、知ってる気がする! 聞いたことある!」
というのと(あの浮遊感がいいよね!)、
「あ、このED、好き……!」
(↑一時期はまりまくった「民族音楽調」)
というのも視聴を続ける大きな動機でした。

物語の序盤は、とにかく話の展開が
よく言えば丁寧なのだろうけれど、
こう、じわり……、じわり……、
って感じで、ちょっともやもやしましたねぇ。
そして、主人公が、
キャラ原案が貞本さんなのと声質の相乗効果もあって
うじうじしている時のシンジくんを彷彿とさせるキャラで、
「……んあああっ!」と、若干イラっとさせられたりもして。
ほぼ同時に視聴を始めたコードギアスが
もともと展開が早いのと週に2話ずつ放映されていたので、
それと比較するとほんとうにものすごい違いを感じました。
まぁ、制作時期も異なるし、時代ごとの流行や標準も違うだろうから
そこは比べても意味のないことだけれど。

でも、ようやく話が動き出したと思ったら
ラストバトル(?)はスパッと切られた(?)感じで、
「んっ? え、あ、これで終わり??」
って、ちょっと驚かされました。
ただ、これ、さっきググって初めて知ったのですが、
この「.hack(ドットハック)」というのは派生作品がものすごく多くて、
ゲームが主軸でアニメやコミックがいくつも出ているらしいのですよね。
その中の1つとして作られているから
ああいう作風や余韻を残しまくったラストにも、まぁ、納得いくかなぁ、と。
そもそも、ずっと昔に私の友人が指していたのは
このアニメではなくゲームだったのかもしれないし、
シリーズ全体のことを言っていたのかもしれません。

やー、まぁ、でも、司、リアルに戻れてよかったよね。
でも、楚良は、あれって、司みたいな状態になっちゃった、ってことだよね。
(あと、あんた小4だったの!? という衝撃……)
そうそう、物語が始まった頃は
「このミミルって子と司が仲良くなって、救われるお話なのかなー」
と思っていたけれど、ちょっと違っていましたね。
そういえばEDに出てくるのは司と昴だけだったしなぁ。

私にとってはわくわくするような物語ではなかったけれど、
何というか、この作品が作られた当時の空気を感じられたような気がして、
ちょっと懐かしいような気持ちにもなりました。
こうやって、古い作品でもTVで再放送してもらえるのは
とてもありがたいなぁ、と思っています。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
炊飯器の買い替え話の続きです。

ネットや店頭で検討しつつ、購入機種もほぼ確定した段階ですが、
現在愛用している子が何だか調子を取り戻して
心情的に買い替えしづらい状況になってしまって、むむむ……。

「本気で買い替えを検討すると復活する」というのは
けっこう家電あるあるだと思っているのですが、
ど、どどど、どうしよう……。

今の子は2006年の秋に購入したので、
きっかり干支が一周する今年の秋まで
様子を見つつ使い続けようかな、とも思い始めています。
いやー、実は、新しく買う予定の子がけっこう図体がでかいのよね。
容量自体は今より小さくなるのだけれど(3合→2.5合)、
内釜がすごく立派で、
よくわからないけれど炊き上げるパワーもすごいらしくて
本体も分厚くて。
置くスペースに問題はないけれど
今のコンパクトなボディでがんばってくれている子とのお別れが
なんだか淋しくなっちゃってさぁ……。
でも、内釜のハゲハゲ具合を見ると「やっぱ寿命かなぁ」とも思うし、
うーん、うーん、踏ん切りがつかない〜。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
4年ほど前に正式に花粉症デビュー(=アレルゲン検査を実施)して以降も、
症状がそれほど重くはない……というか
くしゃみは年中連発しているし
もともと鼻はぐずぐずしがちなので、
この時期、特に薬を飲んだりはせずに過ごしています。

が、最近急に、くしゃみと鼻水が大変なことになっていて、
体力と水分を奪われて毎日ぼんやりしています。ぼーんやり……。
おっさんくさい激しいくしゃみはやめたいと思いつつ、
ぶえっ、ぶえっ、ぶえっくしょぉぉーい!(ズピーー……)
……という感じ(ズルズル)。
1日中というわけでもないし、外に出た途端に、とかでもないし、
以前の検査でも花粉というよりはハウスダストに反応しているっぽかったのですが、
くしゃみ、辛い。ふえっほーい!(ズピーーー……)

おとなしく薬を飲めばいいかもしれないけれど、
初めて花粉症の薬を飲んだ頃に出た
副作用(たぶん)の眠気がものすごくて、
できれば使いたくないんだよなぁ。
どうにかこのまま、何とかして乗り切っていきたいけれど、
とにかく毎日、ぼんやりと生きています。
くしゃみって、案外体力を消耗するよね……。

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
モンスターズ・ユニバーシティ(吹替版) - 先日録っておいた「モンスターズ・ユニバーシティ」を鑑賞。
2年くらい前にTVで初放映された時には
気付かずに録画し損ねていたので、またやってくれてうれしいです。

マイクは昔から前向きで努力家ないい奴だったんだなぁ。
サリーが、昔はちょっとやな奴だった、というのは
どこかで聞いたことがあったけれど、
彼なりに苦労というか思い悩んでいたみたいだし
マイクと出会って自分らしく振る舞えるようになって、
よかったよかった。

彼らやこの物語についての愛着が増したので、
以前ユニクロで買ったマイクのTシャツを
これからはさらにウキウキな気分で着ることになりそうです。
楽しみだわぁ〜。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
0325.jpg

「ねこの京都 岩合光昭写真展」へ行ってきましたよ。
岩合さんの番組はいつも見ているけれど、
大判の写真はまた違った良さがありますよね。
にゃんこは可愛いしかっこいいし美しいし、風景も素晴らしい。
ポストカードもまたいろいろと買ってしまいました。
すでに山ほど持っているけれど、
手に取ると、そのままお持ち帰りしたくなってしまうのです。
入場券も可愛らしいなぁ、しばらく飾っておこう。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
Eテレで楽しく視聴していた「クラシカロイド」が終わってしまったー。
第1期に比べると、見ているこちらが慣れてしまったのか
昨年の方が毎回もっとバリエーションに富んでいて好みだったなぁ、
とも思うのですが、
何だかんだでいつもおもしろかったし
ワーくんも幸せそうだし、よかったよかった。
第3期はまだ未定なのかな?
あったとしても、半年は先だろうなぁ。
吉報を待っています。
何はともあれ、スタッフさんキャストさん、
楽しいアニメをありがとうございました〜!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
0323.jpg

イースターパァァン!
左のうさぎさんはアンデルセンで、右の2つはドンクで発見。
うさぎさんの中身はどちらもカスタードクリームで、
ひよこさんのはチョコクリームでした。
どれもおいしかったけれど、この3つの中では
味と見た目で真ん中のうさぎさんがいちばん気に入りました。もぎゅもぎゅ。

次のイベントパン(こういうの、何て言うんだろ?)は
こどもの日絡みの何か、かな?
楽しみに待っています。わくわく!

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
Papa told me Cocohana Ver.6 ~星へ続く階段~ (マーガレットコミックス) - しばらく新刊のチェックを怠っていた「Papa told me」が
知らない間にいっぱい出てた!
というわけで、4〜6巻をまとめて買ってきましたよ。
6巻の巻末に収録のインタビューで知ったけれど、
これ、昨年で連載30周年を迎えたのですね。すごい!
学生時代に初めて知った時には
すでに別シリーズで20巻くらいまで出ていたから、
そうか、そんなもんになるのかぁ〜。

私にとって、この作品は、
すごくわくわくする! とか、
魂を揺さぶられる! とか、
そういう強い印象を残すものではないけれど、
例えるなら、毎日飲んでも飽きないお茶、みたいな感じかなぁ。
基本的に読み切り形式なのが気楽に読めていいし、
知世ちゃんやお父さんやその回の主人公的な人々が
最後には少し元気になったりいいことがあったりするので
いつも安心して、落ち着いて読むことができます。
これからもずっと、連載が続いていくことを応援しています。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP