毎週楽しみに視聴していた「ブギーポップは笑わない」が、先日で最終回でした。

原作は未読なのですが、
学生時代に友人がおもしろいって言ってたなぁ、
ちょっと見てみようかなぁ、
くらいの軽い気持ちで見始めました。

でも、初めてOPを見た時に
「えっ嘘やだ何これ、もしかして怖いやつ!?
 夜トイレに行けんくなるやつ!?」
とビビりまくって、慣れるまでは文字どおり布団を被って見ていました。
(どうしても耐えられなくなったら、布団で視界を覆うため)
(あと、その頃はまだ寒かったしさ……)

やー、でも、あのOP、かっこいいけど怖いよね!?
本編ホラーかと思っちゃうよねウワアアン!

ああ、でも、おもしろかったです。
初回は何だかよくわからなくて「??」でしたが、
これ、1つのエピソードを、別々のキャラクターに焦点を当ててなぞる感じで
徐々に真相を明らかにしていく、ってスタイル、……なのですよね。
(だいたい時系列に沿って描かれたものもありますが)
それがわかると、おおお、うわぁ、って、おもしろさがいっぺんに広がりました。

マンティコアのお話の時は、いきなり死体がヒュッと映ったり
ペンとかカッターとか身近な文房具が凶器になったりして
見るのに勇気が要ったけれど
(いかにもフャンタズィィ! な不思議武器とかでズバッとやられたりしても
 そんなに怖くはないのですが、
 自分も持っているような日用品の場合、痛みを想像してしまうー!)、
ああ、あと、カウンセラーの先生の時も
ギョエエな描写が多くてしばらく録画を溜めてしまったけれど、
でも、気付いたらぐいぐい引き込まれていました、この世界に。

私はもう、身も心もバッキバキに硬いので大丈夫だけれど(いや大丈夫じゃないよ!)、
これ、頭や心が柔らかな子たちが見たり読んだりしたら
少なからず影響を受けそうだな、という印象。
ああ、いやいや、危険とか、そういう意味ではなくて、
とても独特で個性的な作品だなぁ、って。
アニメだと、声優さんの演技力なんかも加味されるから、
ブギーさんとか「敵」とされた人々とかの朗々とした語りに
うっとりしちゃう……。

そうそう、ブギーさんがちょっと大きくアクションした時に
マントの下から制服の袖口がチラ見えしたり
ちょっとスカートが見えたりするのが、何だか好きでした。
「ああ、そうか、中身は藤花ちゃんなんだよなぁ」、って。

あとは……、
紙木城さんが死んじゃったのがほんとうに悔やまれる。うっうっ。
他にも、恋心を消された……、じゃない、
記憶は消されても恋心を残されたあの男の子のことが
可哀想で可哀想で……。
そういえば、田中くんは、あれ、結局どうなったの?

……と、いろいろありますが、この3ヶ月とても楽しめました、
キャストさんスタッフさん、ありがとう〜!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
動物写真家である岩合光昭さんの初監督作品・「ねことじいちゃん」を
ようやく見に行ってきましたよ〜。

物語は、あらすじとして公開されているとおりに進んで
ものすごい大事件や急展開があるわけでもないけれど、
島の人々やにゃんこたちの暮らしを淡々と綴っていく雰囲気が
とても心地よくて、いい感じでした。

ただ、監督が岩合さんだからなのか、
「世界ネコ歩き」を見ている時と同じでリラックスしすぎて
途中で何度か、一瞬かくんと寝てしまったのは秘密……!
……えっ、みんなもネコ歩き見てると寝ちゃったりしない? しないの??

それはともかく、ほんとうににゃんこがいっぱい出てきて
みんなとっても自然体で可愛らしいです。
いいにゃんこ成分を補給できて、幸せ。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
0328.jpg

寝室用の懐中電灯を、ようやく買ってきましたよ。
以前から気になっていた、無印良品の「LED懐中電灯・小」です。
(上の画像では、キティちゃんの左にある白いもの)

軽くて透明感のある白でおしゃれな上に
単3電池1本でびっくりするくらい明るい!
最初はベッドの片隅に置いておこうかと思ったのですが、
その軽さゆえに、寝ぼけた時などに何かの拍子で
ポーンと吹っ飛ばしてしまう可能性も考えられるので、
ベッドのすぐ脇の本棚に置くことにしました。

懐中電灯は、1人暮らしを始める時に母が持たせてくれた
ゴツくて重くて大きいのも持っているのですが、
もしもの時に備えて2つ以上あるといいな、と思っていたので
やっと用意できて、やれやれ、ふー。

CM(0) | おうちカスタマイズ | EDIT | TOP
映画 かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん! [DVD]先日録っておいた「映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!」を鑑賞。
今回のヒロインのお声が林原さんということで、
個人的にはとってもにやにや。
私が声優さんというものの存在を意識して
アニメを見始めた頃は、
山寺さん(ゾロリせんせ)&林原さんって
あっちでもこっちでも共演されていたので、
何だか妙に懐かしくてうれしいのです。

今回は、ゾロリせんせがぶパパ(ゾロンド・ロン)に
あれこれ助けてもらうお話でしたね。
こないだ見た「映画かいけつゾロリ ZZのひみつ」よりも
時系列としてはずっと前のお話なのかな?
このパパもまたかーっこよくてねぇ! ねぇ?

そうそう、これ、1本の映画ではあるものの
本編が前編&後編に分けられているのは、
ちびっこたちの集中力を考慮した結果、なのかしら。
でも、アイキャッチ的なイシシ&ノシシの短編も楽しかったし、
こういうのもいいなぁ、と思ったのでした。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
SING/シング【通常版】(吹替版)先日録っておいた「SING」を鑑賞。
ストーリーはわりとありきたりというか、シンプルなのだけれど、
歌やダンスのシーンがとにかく楽しくて、よかったです。
私はあんまり洋楽には詳しくないのですが
それでも聞いたことのある曲ばかりだし、
動物キャラたちの表情とか動きとか、
今さらながらにCG技術の発展ってすごいなぁ、と思いました。

そうそう、歌やダンスのシーン以外では、
子だくさんなブタさんの一家が楽しかったなぁ。
レッスンに行くためにロジータ(母ブタ)(声は真綾ちゃん)が用意した
家事代行マシン(?)が、ちょっとおもしろかったよね。
歌やダンスもいいけれど、彼女、その道の才能ももっと活かしたらいいのに、
と本気で思ってしまったわ。わはは。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
おジャ魔女の新作映画が来年公開予定ですってよ奥さん!
いやー、すごい、すごいなぁ〜!
私のお気に入りは
プリティーウィッチーももこっちィー! ですが
無印も♯もも〜っと!もドッカ〜ン!もナ・イ・ショも
すごーく楽しかったなぁ。
再放送、すればいいのに、って今でも思っています。
それはともかく、楽しみだわーい!


CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
「相棒 season 17」が先日で最終回でした。
いろいろあったけれど、その1つ前の
幸子さん卒業のインパクトが大きすぎて、とても淋しいです。
「花の里」には次かその次のシリーズで3代目女将が登場するのか
全く別のお店が特命係の行きつけになるのか、
うーん、どうなんでしょうねぇ。

あと、私は2時間スペシャルの時は
自分の好みに合うか合わないかが
けっこうはっきり分かれてしまうのだけれど、
このシリーズのは初回・元日・最終回のどれも楽しめました。

来年の秋にも、また会えるよね。
楽しみに待っています。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
0324.gif

▼「俺屍 家系図:東堂一族」に天ノ川までを追加(完結)
http://karakusa.net/article/461154436.html

もうあと1世代というところで止まっていた、プリキュア一族。
やっと、やーっと完結させることができました〜!
今度はのんびりプレイメモの方を進めていこうかと思います。
今回のは、東堂家の歴史というよりも
「俺屍をプレイしていく上でのマイ設定メモ」って感じになる予定ですが、
まぁ、ぼちぼち。

でも、実は今、新規一族も立ち上げたくてうずうずしているのですよね。
新元号が発表されたら、何か記念に、それにちなんで始めたい。
ちなみにくい新元号(? 日本語、変?)だと
ちょっとアレかもしれないけれど……。

PSP版俺屍は、初代の生年に新元号も選べるようにして、
なおかつ、髪の色も倍くらいに増やしたものを
リメイクのリメイクとして売り出しちゃえばいいと思うんですよ!
それだとあんまりコストはかからなさそう、
と素人は勝手に考えているのですが、どうかな〜、ダメかな〜。

CM(0) | 更新履歴 | EDIT | TOP
一昨日の家族内女子会(という名のスーパー銭湯日帰りの旅)(超近所)では、
母&姉から甥っ子近況を、さらに母からは家族や親戚の近況&昔話を
たくさん聞かせてもらったのですが、
その中の父のエピソードがちょっとおもしろかったです。

母曰く、うちの父は
この世代ではめずらしく、というか
びっくりするくらい転職を繰り返していたそうです。
私はまだ小さかったのでそこらへんは理解できなかったし
そもそも記憶もほとんどないのですが。

1週間で辞めることも時々あったものの、
すぐに次の仕事を探してきたので、その点は偉い、とかで、
「定年した今がいちばん穏やかに過ごせてるわよ〜」って。

それはともかく、ある日、法事か何かの席で
新社会人になるという父の甥っ子が
新生活に向けてのアドバイスがほしいと言ったそうで。
その時、父が朗らかに
「イヤんなったら、すぐ辞めていいからな!」
と言い放ったので、その他親戚一同のおばちゃんたちから
大ひんしゅくを買ったことがある、って。

今現在なら、こう思っている人も言っている人も少なくないと思うのですが、
20年も30年も昔の、特に男性は
よほどのことがない限りは転職しないのが一般的(たぶん)だった頃の話で、
それを聞いて手を叩いてゲラゲラ笑ってしまいました。
お父さん言いそうだわ〜、それ。わははは。

でも、自分が社会人の皮を被って何とか生きている今、
これから新社会人になるという子にアドバイスを請われたら、
実際それくらいしか教えられることってないなぁ、と思いました。
イヤならとっとと辞めちゃおう、
逃げていいんだよ、って。

というわけで、春から新生活が始まるというみなさま、
どうか無理はなさらずに〜!
頑張りすぎないようにしてくださいね〜!

CM(0) | メモ | EDIT | TOP
大河ドラマの「いだてん」を、毎週楽しく見ています。

スポーツやオリンピックがテーマということなので、
スポーツはともかく体育の時間にいい思い出が全くない私は
ドラマが始まるまで
「今度のはちょっと楽しめないかも……」
と正直なところ不安も少しありました。

が、いや〜〜〜、も〜〜〜、めっちゃ!おもしろい! です。
毎週プッと笑ったりしんみりしたり、
とにかく毎回楽しみでたまらない!
いろいろあってスタッフさんや役者さんたちも大変かもしれないけれど、
この勢いのまま1年間突っ走ってほしいな、と思っています。

初回あたりは特に、時代や場面の転換がちょっと気忙しく感じたけれど、
はぐプリの最終回の時に少し書いた
「過去・現在・未来というのは
 1本のレールでつながっているのではなく
 並行・並走しているような関係」
を体感させてもらっているみたいで、すごーくわくわくします。

視聴率が歴代と比べてどうとか、いろいろ言われているようですが、
毎年のことなので年中行事みたいなものですよね、あれ。
そもそも大河って、BSでやって総合でやって再放送もやっていて、
それに今は録画して見る人だって多いんだろうに、
あの数字ってそんなにあてになるのかなぁ、と思ってしまうよ。

物語はいよいよストックホルムオリンピック本番で、
選手2人はもちろんその周囲の人物みんなにドラマがあって
あああ、うわああ、と見守っています。
実は、ここで何が起きるかちらっと知ってしまっているので、
もう、よけいにハラハラドキドキですよ……!

……と熱くプレゼンをしたら、
まだ見たことのなかったという母が興味を持ってくれたので、
公式サイトでこれまでのあらすじを読んでもらいつつ
ちょこっと私なりに解説を追加しておすすめしておきました。
それが先週の話。

そして母は、先日放送の第11回から本編をいきなり見たわけですが、
「お〜もしろかったぁ〜!」
と楽しんでくれたようで、ほっとしています。
やー、母も何かと忙しいし、誰にだって好みや合う合わないはあるので
いまいちな反応だったら無理に付き合わせるつもりもなかったけれど、
身近に話せる相手がいるのは、やっぱりちょっとうれしいので。ふふっ。

ちなみに、四三と弥彦以外では、美川くんと安仁子夫人が特に好きです。
あっ、スヤさんも! 可愛い〜!

日曜の夜って憂鬱だけれど(サザエさん症候群)、
このドラマのおかげでだいぶ気力を分けてもらっています。
ありがとう、ありがとう〜。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP