「未来のミライ」スタンダード・エディション [Blu-ray]こないだ録っておいた「未来のミライ」を鑑賞。
劇場公開当時からちらほらと噂は耳にしていましたが、
気になる作品ではあったし、TVでやってくれてうれしいな。

しかし、うーん、いやー、
「噂に違わず、住みにくそうな家だなぁ……」
というのが第一にして最大の感想、ですね。
何であんなに階段だらけなの?
あんなの、ビフォーアフター案件じゃない?
ああいうの、最近でははやってるんですか?

あと、クライマックスで主人公であるくんちゃんが
「ミライちゃんのお兄ちゃん」
であることをアイデンティティの拠り所としていたのだけれど、
「えっ、それでいいの?」
とちょっとびっくり。
「お兄ちゃん」とかいう肩書きを取っ払った
くんちゃん自身を見てほしい、認めてほしい、
認めてあげよう(周囲の大人が)、
という物語だと思っていたのだけれど、違うんだ!? って。

(ちょうど、「ベビーシッター・ギン!」(ドラマ版)の
 りんごちゃん&いちごちゃんの回を見たあとだったので、
 よけいにそう感じてしまったのかもしれませんが)

「ミライちゃん好きくない!」という台詞は確かに何度も出てきたけれど、
そこがテーマじゃないでしょ? って感じで……。あれー??

そんなこんなで、しっかりオチのつかないまま終わってしまった感じで、
「あー、これで終わりなんだ……?」
とふわふわした印象にとどまってしまいました。
まぁ、でも、くんちゃん可愛かったし、いいか!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP

この記事へのコメント