▼カテゴリ「拍手ランキング」の記事一覧(10件ずつ表示)

0630.gif▼ランキングメモ・33

月末なので、本館サイトの
WEB拍手ランキング
現在の様子をスクショでパチリ。
今月も、あちこちぽつぽつと拍手を頂きました。
ありがとうございます!
今回は、第15位に急浮上した
「先代八部衆 +:「大戦」末期の戦歴グラフ」
について
ちょろりとコメントをしてみようと思います。

TVシリーズでも小説版でも
今のところ断片的にしか出番のない先代ズですが、
彼らを扱うサイトさんがほとんどないせいか
「先代八部衆 +」は地味に人気なコンテンツだなぁ、
という感触があります。
あと、自分で時々読み返してみても、
「中2という名の俺の刃(やいば)が
 唸りを上げて襲いかかるぜ!」
という妄想大暴走っぷりが
端から見ると微笑ましいというか、何というか。
まぁ、でも、個人の二次創作は
はっちゃけたもん勝ちだとも思っていますので、
それを他人様にもお楽しみいただけたのなら
こんなにうれしいことはないなぁ、と思います。

あと、たぶんこの「「大戦」末期の戦歴グラフ」に
リアクションを多くいただいているのは、
やっぱり図解によって
うちの先代ズがイメージしやすくなった、というのと
正式に公式キャラである獣牙三人衆との対比も
セットにしている、ってことなのではないかと。
彼らの戦歴についても
全くの妄想・捏造ではあるのですが。

ただ、実はこの戦歴については、
初出時からかなり時間が経って
その間に細かい設定が変化したので、
いずれは最新版と差し替えなければいけないなぁ、
と思っています。
八大明王についても、戦歴グラフとか人物相関図とか、
作ってみたいし。うふふふふ。

と、今回はこんな感じで〆。
拍手を送って下さったみなさま、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
0430.gif▼ランキングメモ・32

月末なので、本館サイトの
WEB拍手ランキング
現在の様子をスクショでパチリ。
今月も、あちこちぽつぽつと拍手を頂きました。
ありがとうございます!
今回は、現在第20位の
「『天空戦記シュラト』を忘れない
 100の質問&回答【2】」

について
ちょろりとコメントをしてみようと思います。
……ん? 「【2】」?
ふと気になって調べてみたら、
「【1】」の方にも2票いただいております。
ありがとうございます!

えーと、まずは……、
最近はあんまり見かけなくなりましたが、
サイト開設当時は
「100の質問」というものが流行っていて、
さまざまなジャンルのものが派生していました。
このシュラトの100質の作成サイト様は
残念ながら閉鎖されてしまったのですが、
素敵なものを作ってくださって
ほんとうにありがとうございました!(ぺこり)

この100質の回答を読んでいただければ
だいたいこのサイトの傾向がわかるんじゃないかなぁ、
と思って、シュラトコンテンツの最初に置いているのですが、
どうでしょうかねぇ、伝わっていますでしょうか……。
今回、久しぶりにしっかり読み直してみたら
「自分、昔っから変わんないな!」
という感想しか出てこなかったのだけれど
(回答したのはおそらく2002年)(ギャッ)、
お客様には楽しんでいただけている……のかな?
だとしたら、とてもうれしいです。

と、今回はこんな感じで〆。
拍手を送って下さったみなさま、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
0331.jpg▼ランキングメモ・31

月末なので、本館サイトの
WEB拍手ランキング
現在の様子をスクショでパチリ。
今月も、あちこちぽつぽつと拍手を頂きました。
ありがとうございます!
今回は、現在第18位の
「参考資料:CD【1】:転生眩奏」
について
ちょろりとコメントをしてみようと思います。

CDについてこの場でコメントをするのは
これが初めてですね。
シュラト関連のアルバムの第1作で、
その他のドラマCDやヴォーカル集も含めても
まずお薦めしたい1枚です(ふんがー)(鼻息)。

私の場合、アニメや小説・漫画などにはまる
大きな要因としてあげられるのが
「世界観」です。
そして、アニメなどの映像作品にとって、
音楽やテーマソングは
それを大きく支える要素だと思います。
音楽を通じて、この作品の
オリエンタルな雰囲気に
あっという間に引き込まれていったんだよなぁ。
いやー、ほんっと、かっこいいし聞き飽きないし、
不思議だけど聞いていると妙に落ち着く、
名曲ぞろいですよね。
拍手を送って下さった方々も、
きっと同じ想いでいらっしゃるのではないかしら、
と勝手に思っております。ほぅ……。

と、今回はこんな感じで〆。
拍手を送って下さったみなさま、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
0228.jpg▼ランキングメモ・30

月末なので、本館サイトの
WEB拍手ランキング
現在の様子をスクショでパチリ。
今月も、あちこちぽつぽつと拍手を頂きました。
ありがとうございます!
今回は、現在第17位の
「イラスト:永沢有子」について
ちょろりとコメントをしてみようと思います。

イラスト置き場の「TRPG」カテゴリーにて、
自分が演じていたキャラクターなどのイラストを
いくつか展示しているのですが、
この有子もその1つ。
「蒼名学園外伝」という
オリジナル学園アドベンチャーを舞台に
活躍(?)した女の子です。
……何というか、オリキャラである上に
このイラスト自体がパロディというか
ちゃんとしたキャラ絵でもないので、
正直なところ、どうして拍手を頂けたのか
ちょっと不思議な部分もあります……。
ああ、でも、これは楽しく描けた1枚なので、
その気持ちが見て下さる方にも伝わったのかな?
そうだとしたら、とてもうれしいです。

せっかくなので、この子について
もう少しだけ詳しくご紹介させて下さいね。
この図書委員長かつ料理部所属の有子は、
ごく基本的な性格や能力&
所属(どの委員会の委員長か)のみをGMに与えられて
あとはプレイヤー側でかなり自由に設定をつけたキャラクターです。
この「永沢有子(ながさわ・ゆうこ)」という名前も私が決めました。
音の響きも字面も柔らかくてバランスがよくて、すごくイイ!
と自画自賛しております。
ちなみに、「有子」という名は
高校時代の読書家な友人から拝借したものです。
美人で知的でちょっとクールな彼女とは違って、
うちの有子はちんちくりんでころんころんな
マスコットキャラ的な存在になってしまいましたが……。
(有子さん、お元気ですか〜)

そうそう、この「蒼名学園外伝」では
各委員長(=各プレイヤーキャラクター)が
それぞれ「異能力者」という設定で、
GMがこの有子に与えたのは「想像物創造能力」でした。
えーと、その気になれば世界も征服できちゃいそうな感じ?
結局、あんまり活用できないまま終わってしまったのが
ちょっと心残りというか、これも有子らしいというか、むむむ……。

と、今回はこんな感じで〆。
拍手を送って下さったみなさま、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
0131.jpg▼ランキングメモ・29

本館サイトのWEB拍手ランキング
久々に動きがありましたよ奥さん!
というわけで、
現在の様子をスクショでパチリ。
前回からは半年近く経過していますが、
その間にもぽつぽつと拍手を頂いて、
とてもうれしいです!
ほんとうに、ありがとうございます!
というか、実は最近、
月末にチェックするのを失念していたので
以前から変動があったのかもしれません。
もしも気付かずに過ごしていたなら、
ご、ごめんなさい……!

さて、今回は、新たに第16位にランクインした
「イラスト:ヴィシュヌ様(「大戦」時)」
について、ちょろりとコメントしようと思います。

このイラストは……、とにかく古いです。
自分内CG史上の黎明期の作品で、
サイト開設前に描いたのはこれと
「ラクシュ&ミー」のみでした。
な、懐かしすぎる……!
拙い部分も目立ちますが、
手探りでとにかく一生懸命仕上げた
思い出深い1枚です。

あと、イラスト置き場に飾った第1号が
「大戦」時の妄想というあたりが、
実に私らしいというか何というか。
この少女時代のヴィシュヌ様のことを
私はひそかに「ちびしゅぬ様」とお呼びしておりますが、
彼女にもいろいろと、ドラマがあったのだろうなぁ、
と勝手に思いを馳せています。

小説版によると、調和神となる者は
その前段階として吉祥天という位に就く(?)らしいのですよね。
調和神の任期は、どうも1万年を余裕で超えるくらいの長丁場になるようですが、
吉祥天もたぶん、その見習いのような感じで
数百年くらい修行を積むのではないかと。

ただし、ちびしゅぬ様の場合は、「大戦」という非常事態だったために
わずか数年間で調和神の座を引き継いだ、というマイ設定を
小説版を初めて読んだ頃から温め続けています。
そこらへんの詳細を、いつか語りたいなぁ、と思いつつ、
なかなかサイト上でかたちにできないまま
年月ばかりが流れていっていますが……あああ……。

あっ、そうそう、自分でも今気が付いたのですが、
このイラスト、私が細々と続けている「シリーズ・花と神将」の
第1号でもあるのでした。
ヴィシュヌ様のイメージフラワーは、ピンク色の蓮の花です。
(ちなみに、白い蓮の花ならレンゲちゃん)

というところで、今回は〆。
拍手を送って下さってみなさま、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
0630.gif▼ランキングメモ・28

久々にランクインしたものがあるので、
本館サイトのWEB拍手ランキング
現在の様子をスクショでパチリ。
懐かしい作品にも
あちこちぽつぽつと拍手を頂いて、
とてもうれしいです!
ほんとうに、ありがとうございます!

というわけで今回は、現在第18位のイラスト
「星空散歩」について、
ちょろりと語ってみようと思います。

これについては、思い立ってから完成するまでが
ものすごく速かったという記憶があります。
たぶん、現在サイトに載せている中では最速かな、
ぽんっと閃いてから描いて塗って
サイトに上げるまで、
確か3日くらいだったような気が
(ちなみに次点は「謹賀新年2004」)。
いや、もっと緻密で完成度の高い作品を
ハイペースでぽんぽん発表する方は
今も昔も星の数ほどいらっしゃいますが、
「こういうのを描きたいな」と思いついてから
ほわんほわんと余裕で1年以上温め続けることも
しょっちゅうな私としては、
なかなかの快挙だったと思います
(全く威張れない話で、すみません……)。

姉が買ってきた小さなシマウマのぬいぐるみを見て
急に描きたくなって、描いちゃった1枚。
しかしこれ、自分としては
「ヒュウガ&レンゲ」推しのアピールのつもりでしたが、
冷静に見ると、何が何だかわかりませんよね。ねー……。
でも、こういう、熱に浮かされて描いちゃったようなものこそ
ファンアートの醍醐味ですよね!
まぁ、うちのサイトはイラストもよみものも
全体的に熱に浮かされていますが、
自分以外の誰かが、少しでも共感して下さったらうれしいな。
そんな気持ちで、サイトを続けています。

と、今回はこんな感じで〆。
拍手を送って下さったみなさま、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
1229.gif▼ランキングメモ・27

少し早めですが、
月末恒例の本館サイトの
WEB拍手ランキング
現在の様子をスクショでパチリ。

今回は、新たに第19位にランクインした
「イラスト:調和神スーリヤ」
について、ちょろりとコメントしようと思います。
……先月末時点で第20位だった
「フィギュア(パッケージ編)」は、
この場に取り上げる前にランク落ちした模様。
このランキング表、拍手数が同じ時の
順位の上下が、未だによくわからないなぁ。

ええと、というわけでスーリヤ様です。
私にとっては公式設定・公式キャラな
先代調和神ではありますが、
生みの親であるAPRILさん以外には
「?」な1枚と思われます……。
それでも、こうして応援を頂けたことが
ほんとうにうれしくて!
わーいわーい、うれしいな!
描こうと思い立った時から
ずっと悩みっぱなしだったので、
何とか完成できたのと
こうして見て頂けるのは
とても幸せなことだなぁ、と思います。
反省点は多いけれど、
私らしからぬ爽やかな色遣いというのもあり、
お気に入りのイラストのひとつ。えへへ。

「大戦」時代のキャラについては
まだまだ全然語り足りない&描き足りないので、
これからもぽつぽつとサイトに載せていく予定です。
世間のニーズにはお応えできていないかもしれませんが、
よろしければこれからもお付き合い下さいね。

と、今回はこんな感じで〆。
拍手を送って下さったみなさま、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
1130.gif▼ランキングメモ・26

本館サイトのWEB拍手ランキング
ものすごーく久々に
動きがありましたよ奥さん!
というわけで、
現在の様子をスクショでパチリ。
このところずっと更新が滞っていたので
このランキングも実はしばらくの間
きちんとチェックしていなかったのですが、
も、もしかしてもっと前から
順位に変動があった……のかな。
あわわ、もしもそうだったら、
気付くのが遅れて申し訳ありませんでしたー!
いつの間にこんなに拍手を頂いていたのかな、
みなさまほんとうに、ありがとうございます!

では今回は、新たに16位にランクインした
「参考資料:その他【5-2】:
 修羅王シュラト フィギュア(本体編)」

について、
ちょろりとコメントをしてみようと思います。
(現在、20位にも「同(パッケージ編)」が
 ランクインしていて、
 最初はそれも含めて
 今回コメントしようかと思ったのですが、
 せっかくなので、別個に扱いますね。
 だって、拍手、うれしいもん♪)

TVシリーズ放映から20年以上を経て
何故か突然発売された、
中国産の公式(?)フィギュア。
この情報を初めて知った時は、
うれしさよりも
「えっ、何で今? で、中国?」
とびっくりしてしまいました。 
そして、実際に入手するまでには
思いがけず長い時間がかかりましたが、
こういうの、ファンとしてはやっぱりうれしいですよね。
その喜び(&残念ポイント)を
フィギュア初心者なりに素直に書き留めておこう、
というのを目標にしていたのが、この「〜(本体編)」です。

ネットで検索すると、このフィギュアのレビューは、
もともと作品自体が、一般的な知名度や人気の点でいまいちなせいか
はたまた、国内での売れ行きがいまいちなのか、
とても数が少ないようです。
もっと、いろいろな方のコメントを見たかったんだけどなぁ。
久しぶりに公式サイドで動きがあったというのに
界隈が大して盛り上がらなくて、ちょっとしょんぼり。
でも、シュラトのフィギュアの情報を求めて
うちのサイトに流れ着く方は、
このレビューを公開して以来ずっと、ぽつぽつといらっしゃるようなのです。
みなさん、気にはしつつも購入を迷っている、のかしら?

そうそう、この、やや唐突感のあるフィギュア発売は
リメイクか実写化を発表するための布石なのではないか、
とひそかに期待していたのですが、
全く全然、そんな話はないみたいで……ああん。

そういえば、続けてガイのフィギュアも出たと聞いたけれど、
まだ日本では発売されていませんよね。
私が気付いていないだけかなぁ。

と、今回はこんな感じで〆。
拍手を送って下さったみなさま、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
0331.gif▼ランキングメモ・25

本館サイトのWEB拍手ランキング
久々に動きがありましたよ奥さん!
というわけで、
現在の様子をスクショでパチリ。
前回からは半年以上経過していますが、
その間にもぽつぽつと拍手を頂いて、
とてもうれしいです!
ほんとうに、ありがとうございます!

では今回は、新たに20位にランクインした
「参考資料:雑誌&付録【5】:天空聖典」
について、
ちょろりとコメントをしてみようと思います。

サイト内でも書いていますが、これは
シュラト関連の発行物の中でも特に貴重な
ファン必見のレア・アイテムだと思います。
読み応えたっぷりで、とっても楽しいですよ。
ストーリーダイジェストのみならず
設定資料としての要素も満載で、
当時、大興奮しながら読んだものです。
各キャラクターの過去エピソードなどは
どこまで公式設定ととらえていいのか
曖昧なものもありますが、
二次創作のネタにもなりそうな話が
ごろごろと転がっていて飽きません。

こんなのを気前よく付録に付けてくれて、
アニメディアにはほんとうに
感謝の気持ちでいっぱいです。

この「天空聖典」と「新・天空聖典」は
今でもネットオークションで時々見かけることがありますし、
もしかしたらまんだらけなどでも扱っているのかもしれません。
気になる方はぜひ探してみて下さいね。

と、今回はこんな感じで〆。
この冊子の内容の全てを紹介するのは、少し難しいけれど、
興味を持って下さる方がいたことを、とてもうれしく思います。
拍手を送って下さって、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP
0630.gif▼ランキングメモ・24

久々にランクインしたものがあるので、
本館サイトのWEB拍手ランキング
現在の様子をスクショでパチリ。
前回からの3ヶ月の間に
あちこちぽつぽつと拍手を頂いて、
とてもうれしいです!
ほんとうに、ありがとうございます!

では今回は、現在第8位に急浮上した
学生時代の課題作品、
「名古屋城Tシャツ」について
ちょろりとコメントをしてみようと思います。
……が、しかし、これ、
展示ページに載せている説明以外に
何かお話しして楽しんでもらえそうなネタ、
あったかなぁ……。

うーん、ええと、
「名古屋城のお土産として販売される
 Tシャツの図案」
という課題で、
「こういうところのお土産らしく、
 そして名古屋らしく、
 ベタでちょっとダサいライン」
を狙って生まれた作品でした。
一応、天守閣についているとおり
この1対の金鯱は雌雄という設定で、
上の「G」をバックにしている方がオスで
下の「O」をバックにしている方がメス、です。
厳密には、雌雄で鱗の数が違っていたりするそうですが、
そこらへんは、まぁ、気持ちの問題で……。

あ、あと、このコンセプトは
海外からの観光客のことも意識していて、
「ゲーイシャ! ニーンジャ! フジヤーマ!」な方々が
「ワーオ! シャチホーコ!」みたいに喜んでくれるといいなぁ、
なんてことも想定したりしていたのですが、
国際的には金の鯱の知名度って、どんなもんなんでしょうね?
名古屋人的には金鯱は専売特許みたいなイメージもあるものの、
別にこれ、名古屋限定ってわけでもないんだよなぁ、実は。

そこらへんの謎はともかく、この作品には
制作にあたってみんなで名古屋城へ出かけたり
自分たちの考えた図案を
実際にシルクスクリーン印刷でTシャツにプリントしたり、
楽しかったなぁ、という思い出があります。
鯱も、私なりにちょっと可愛らしく図案化できたかな、
と今でもけっこうお気に入りな1枚です。

と、今回はこんな感じで〆。
拍手を送って下さったみなさま、ありがとうございました!

CM(0) | 拍手ランキング | EDIT | TOP