▼カテゴリ「2014*熱海&宝塚観劇」の記事一覧(10件ずつ表示)

6.jpg▼最終回だよ! 熱海&宝塚観劇メモ・6

バスに揺られて熱海に戻ってから
熱海海上花火大会までの数時間、
再び街歩きを楽しみました。
屋台で買ったお好み焼きや焼きそば、
おいしかったなぁ。
こういうのを食べるの、ものすごーく久しぶりでした。

花火は、地元民であるBちゃんのおかげで
迫力満点に楽しめる場所で鑑賞することができました。
花火を見るのも、ほんとうに久しぶり。
あまり風のない夜だったので煙がなかなか流れず、
後半になるにつれ
せっかくの花火が煙に見え隠れしたりする状態で
ちょっともったいなかったけれど、
頭上に降り注ぐ感じでパッと広がる様子は
ほんとうにきれいでした。
Bちゃんによると、冬の花火もおすすめだそうで、
それもいつか見に行きたいな、と思いました。

いろいろと初めての経験がたくさんできたし、
おいしいお土産もいっぱい買えたし
(姉一家にすでに渡したものもあるので、
 実際はこの写真の1.5倍分くらいありました)
(母には「こんなに買ってきたのォ!?」と驚かれてしまった……、
 ほしかったんだから、いいじゃない!)、
充実した2日間でした〜。

CM(0) | 2014*熱海&宝塚観劇 | EDIT | TOP
5.jpg▼熱海&宝塚観劇メモ・5

2日目はバスツアーにて東京宝塚劇場へ向かい、
宙組公演のベルばらを鑑賞しました。

私もBちゃんも初めての宝塚、ということで
ストーリーを知っているベルばらなら、落ち着いて見られるかな、
と思っていたのですが、
とにかくストーリーがダイジェストすぎて
原作を最後にきちんと読んだのがはるか昔な私は
正直、一瞬戸惑う部分も多かったです。
お客さんの中で、原作を全く知らないという方は
かなりの少数派だとは思うのだけれど、
そういう方から見れば、例えばアンドレは
いきなり思い詰めてオスカルに毒を飲ませようとする
ちょっとヘンな人に見えちゃったりしたかも。

でも、ストーリーを追うことなんかより、
とにかく見ていて楽しかった!
特に可愛らしかったのは、オスカルの5人のお姉様たち。
オスカル誕生のエピソードのところで
「♪どんなに可愛いか どんなに美しいか
  だって 私たちのきょうだいですもの!(うろおぼえ)」
と歌いながらくるくる踊る様が、もうもう、キャーワーイーイーッ!
そうそう、後半あたりから出てきた
オスカルのことを「おねえちゃま」と呼ぶあの子は、
やっぱり姪っ子ですよ、ル・ルーだよ!(私信)

観賞後、「キレイー!ステキー!カッコイイー!」だけじゃない「何か」がある、
ってことで、しばらくBちゃんと考えていたのですが、
「わかった、関西のコテコテ感だ!」との意見にものすごく納得しました。
そうだよ、あの電飾キラキラはまさに関西。ド関西。
かっこいいんだけど、すごいんだけど、どうしよう笑っちゃいそう、
という複雑な気持ちになることもあったので、
その謎を解明してもらえて、すっきり。
オスカル様がペガサスに跨がって高らかに歌うシーンは
今回の公演の目玉だそうですが、
一歩間違えたらほんと、ギャグになる演出だもんな。
いや、かっこよかったですよ。ステキでしたよ〜。

CM(0) | 2014*熱海&宝塚観劇 | EDIT | TOP
4.jpg▼熱海&宝塚観劇メモ・4

お城を出たあとは、再び熱海の街をぶらぶらと散策しました。
こういう、ちょっと鄙びた観光地って、すごく好きだなぁ。
しかし、坂道だらけで、
ちょっと歩いているだけでもいいトレーニングになりそう……!

小腹が空いたところで、Bちゃんお薦めの焼き鳥屋さんに到着。
久しぶりの焼き鳥、おいしかったです。もぎゅ。

そして、おなかを満たしてからは、
とあるホテルの日帰り入浴を利用させてもらいました。
宿泊先にもお風呂はついていたけれど、
せっかくなので、やっぱり温泉も楽しみたかったのです。
思い込みかもしれないけれど、温泉に入ったあとは
いつまでも身体がぽかぽかしていて、いい気持ち〜。
Bちゃんの今の住まいでは、温泉が出ている(引いている?)そうで、
何ともうらやましい限りです。いいなー!

CM(0) | 2014*熱海&宝塚観劇 | EDIT | TOP
3.jpg▼熱海&宝塚観劇メモ・3

秘宝館は、期待していた以上に
B級、いやC級、いやD級!(byキサラギ)でした。
どこかの小さい祠とかで実際に祀られていたと思われる
「御神体」やら、
やたらと手作り感溢れるドールハウス(?)やら、
艶かしいマネキン(仕掛けあり)やら、
ものすごいカオス空間。
時代を感じさせる展示物も多く、
全体的に漂う場末感がたまらなかったです。

秘宝館のあとには、歩いてすぐの熱海城へ。
このお城は観光施設として造られたもので、
歴史的な展示物もいろいろと楽しめたのですが、
私たちは地下の無料ゲーセンコーナーで
思いの外、充実した時間を過ごしてしまいました。
どこかから譲り受けてきたのか
ジャンルも年代もバラバラな筐体が集められていて、
あれもこれも無料だったので、つい……!

CM(0) | 2014*熱海&宝塚観劇 | EDIT | TOP
2.jpg▼熱海&宝塚観劇メモ・2

熱海は、新幹線で東京方面へお出かけする度に
何度も通過しているけれど、
降り立ったのは今回が初めて。
前が海で後ろが山、という
斜面に道路と建物がへばりついたような街並で、
うわっ、ちょっ、これ、イイ……!
何だろう、ちょっと尾道みたいな?
(尾道、行ったことないけど)
(大林宣彦監督の映画「ふたり」のイメージのみですが)
キャッキャしながら歩くのに夢中で
写真はろくに撮れていませんが、
あたりに広がる風景のどこを切り取っても
雰囲気のある1枚になりそうでした。
熱海は温泉地でもあるので、
所々、排水溝から湯気がほわわんと立ち上っていて、
うおお、ふおおお、な気持ちにもなりました。

Bちゃんがよく行くというお店で
おいしいお昼ごはんを食べて、
最初の目的地である熱海秘宝館へ、いざ出発!

「秘宝館」というのは、18歳未満入館禁止の観光施設(?)で、
大人になったらいつか行ってみたいとずっと思っていたのです。
ちなみに、その存在を初めて知ったのは、私の場合、
ファンロードに載っていた六鹿文彦さん&横山浩子さんの
レポートコミックでした。
一方、Bちゃんはというと、興味はありつつも
地元すぎるのと誘う相手がいないのとで
なかなか行く機会に恵まれなかったらしい。ふむふむ。
今回、お互いに長年の夢を叶えられてラッキーでした☆

CM(0) | 2014*熱海&宝塚観劇 | EDIT | TOP
1.jpg▼熱海&宝塚観劇メモ・1

連休中に、1泊旅行で

・熱海ぶらり街歩き
・熱海秘宝館
・熱海城
・宝塚歌劇団 宙組公演
 「ベルサイユのばら ーオスカル編ー」
・熱海海上花火大会

を満喫してきましたよ〜。
連れは、というか企画してくれたのは、
キャラものツアーと同じく
大学時代からの友人で熱海在住のBちゃん。
今回もお世話になりっぱなしでした、ありがとー!

今回は大して写真を撮っていないのですが、
秘宝館にしても宝塚にしても
初めての体験でおもしろかったので、
駆け足ながらもメモしておこうと思います。
ひとまず最初の1枚は、
オスカル様のかっこいいポスターをドン!

CM(0) | 2014*熱海&宝塚観劇 | EDIT | TOP