▼カテゴリ「2015*大阪」の記事一覧(10件ずつ表示)

wo20.jpg▼最終回だよ!キャラものツアー大阪編メモ・20

さて、明石焼でほっと一息ついた後は、
名残惜しさを抱えつつも帰宅の途に就きます。
まずは阪急三番街から大阪駅に戻るわけですが、
「来た時の逆を辿ればいいんだし、
 人の流れについていけば簡単よ〜♪」
と思っていたら流されて変なところに出てしまい、
慌てて少し引き返す、なんてことをやっていました。
いやー、慣れない場所だと、
ちょっと別の出口に進んだだけでドキドキしますね〜。

何はともあれ、新大阪まで無事に移動し、
構内で最後のお買い物をしました。
お土産物屋さんで選んだのは、
・太郎サブレ
・凮月堂のゴーフル(新幹線パッケージ)
・堺の銘菓(?)けし餅
の3つです。

サブレは、このパッケージにやられました。
やっぱり黄色はイイ!
もともとサブレの類は好物だけれど、
これもおいしく頂きました。もぎゅ。

ゴーフルは、凮月堂だから厳密には神戸土産になっちゃうのだけれど、
新幹線が大好きな甥っ子に。
山陽新幹線の開業40周年を記念したパッケージなのだそうです。
甥っ子がとても喜んでくれて、よかったよかった。

けし餅は、その名のとおり
小さなお餅に芥子の実がまぶしてある和菓子です。
まるごと実家の両親に渡したので、私は食べていないのですが、
母によると「おいしかったぁ〜」とのことで、これもよかったよかった。
こういう、地味ながらも品のいいパッケージのお菓子って、
大抵アタリなんだよね。
少なくとも、両親や私の好みには合うことがほとんどです。
こういうのを見つけるのはけっこう得意。えっへん。

行きも帰りも特にトラブルはなく、
鼻血がぶり返すこともなくて、ほんとうによかった。
大阪方面のイベントは、今まで全く眼中になかったけれど、
こんなに近いなら、もっと気軽にお出かけしてもいいな、と思いました。

そんなこんなで、長々と続いてきたこの「キャラものツアー大阪編メモ」も
今回で完結です。
お付き合いして下さって、ありがとうございました!(ぺこり)

CM(0) | 2015*大阪 | EDIT | TOP
▼キャラものツアー大阪編メモ・19

wo19.jpg

いろいろなお店を見て回って、少し歩き疲れたので、
おやつ兼、早めの夕食として、明石焼を食べました。
優しい味で、おいしかったです。もぎゅ。
たこ焼きも明石焼も、普段めったに食べる機会がないので
何だかうれしかったなぁ。

が、しかし、帰宅後に、
この時入ったお店のわりと近くに「ポムポムプリンカフェ」があると知って
「な、何ィィ!」とショックを受けました。
そんなものが存在していたのかー!(驚愕)
いや、別に特にプリンちゃんが好きとかいうわけではないけれど、
プリンちゃんってたまご色っていうか、黄色いじゃん。
あの色って目を引くじゃん。
そして、黄色って、もうそれだけで可愛いよね。
というわけで、プリンちゃんグッズを見るのはけっこう好きなのです。
私好みの「シンプルながらも可愛さ満点」なものが多いし。

まぁ、知らなかったものは仕方ない。
でも、いつかはここにも行ってみたいものです。
このカフェは原宿や横浜にもあるらしいので、
いつかは行くチャンスもあるだろう。
新たなる目標が、また1つ。

CM(0) | 2015*大阪 | EDIT | TOP
wo18.jpg▼キャラものツアー大阪編メモ・18

阪急三番街で、
いや、巨人展を含めた今回の全行程の中で
私にとっていちばんの収穫は、
ミッフィーグッズの専門店「miffy style」で
お買い物ができたことです。むふー。

ミッフィーグッズはいつ見ても何を見ても
心がときめいてしまうけれど、
この大阪梅田店は以前行った東京駅店よりも広いし
品揃えも充実していて、めっちゃくちゃ楽しかった〜!
迷いに迷って、自分用に
・コルクコースター付きお茶缶(煎茶)
・同上(紅茶)
・ポストカード3枚
を買いました。
写真中央の丸いのは、おまけでもらったシールです。
そして左下の赤いのは、これまたおまけで頂いた情報誌。

お茶缶は、小さな容器ですが
蓋にちゃんとパッキンがついていて、
何かと便利に使えそうです。
ポストカードは、オレンジ地のとかは特に
前にも持っていた絵柄のような気もするけれど、
何度見ても可愛いので、いいやぁ。えへへ。

でも、実はこのお店でいちばんキャハー!な気持ちになったのは、
ミッフィーのぬいぐるみでした。
以前、何度か見かけたぬいぐるみは、
縫い目というか生地の継ぎ目が目立って
正直なところ、可愛らしさが半減してしまっていたのです。
たぶん、あの形を立体化するのが難しかったんだと思う。
が、しかし、この日、ぬいぐるみの棚に
「リニューアルしました!」のポップとともに並べられていたのは
私の知っているあのちょっと惜しいミッフィーではなく、
「可愛くなってる……!」とぶるぶるしてしまうくらいの子たちでした。
何ていうのかなぁ、ラインが滑らかで、ちゃんとミッフィーだった。
素晴らしい、素晴らしすぎるよ、
パタンナーさんたち、ブラボーです!
ああー、できればこれを作った方々に
ソーナンス(ポケモン)のぬいぐるみもぜひ手がけて頂きたい。
ソーナンスも、立体化が難しいカタチをしているせいか、
以前売られていたぬいぐるみは何だかゴツくて
ちょっとがっかりだったのです。

おっと、話をミッフィーに戻して。
ぬいぐるみは、いつもの擬人化されたようなミッフィーの他に、
4つ足で跳ぶ、兎らしいタイプのものと、大きく分けて2種類ありました。
どちらも、造型そのものの他に、触れた時の感触もまた素晴らしかったのです。
身がぎっしりみっしり詰まっていて、何とも言えない心地よさ。
心の中で「これすっごい!これすっごい!」と繰り返し叫びつつ
うっとりと触り続けてしまいました。ほぁ〜。

でもね、真っ白なぬいぐるみなんて、
あっという間に手垢で真っ黒にしちゃうよね。
でもでも、この兎タイプの子たちがベッドの脇に3羽くらいいたら、
見る度ににやにやしちゃうだろうなぁ。ほぁ〜。

今回はぐっと我慢してしまいましたが、
次に見かけたらお持ち帰りしてしまいそうです。
名古屋では、来年3月にミッフィー展をやるそうなので、
その時にまたいろいろ買い込んでしまいそうだなぁ。
わくわく楽しみです!

CM(0) | 2015*大阪 | EDIT | TOP
wo17.jpg▼キャラものツアー大阪編メモ・17

プリティストアでは
ポストカードセット(綴じてあるタイプ)を購入。
少し前に発売されたもののようで、
姫プリは含まれておらず
ハピプリもフォーチュンがいないのが残念でしたが、
妖精さんの集合図もあるのはちょっとうれしい。

予想はしていたけれど
ここではプリキュアグッズ欲を満たせなかったので、
今度は地元のプリキュアオンリーイベントに
行ってみようかな、
などとぼんやり考えております。
名古屋でも時々やってるみたいなので、
前から気になっていたんだよね。
私の場合、昔から、
本(同人誌)よりもグッズ類に目が行っちゃうのですが、
最近のイベント会場では
頒布物の内訳ってどんな感じなんでしょうね?

……などと決意を新たにしつつ、
阪急三番街の他のお店をあちこち巡っていきます。
「Mother garden」でしろたんを撫でまくったり
リラックマやスヌーピーやカピバラさんのグッズを眺めて
にやにやしたり、ほんとうに楽しかった〜。

ところで、どこかのキャラクターショップで
ママさんがお嬢さんに
「何か使えるもの(=実用品?)にしなさいよね」
とお買い物のアドバイスをしていたのですが、うーん、むむむ……。
おうち遣いなのかプレゼント用なのか
事情がさっぱりわからないのでアレなのですが、
例えば一見実用的ではないと思われるぬいぐるみの類だって、
「見るとor触れるとうれしい・楽しい→心が落ち着く→実用品」
なのではないでしょうか……!
予算とかいろいろ他の条件も絡んできますが、
実用的かどうかは本人にしか決められない部分もあるので、
偶然聞こえてきた声に気を揉み揉みしてしまいました……。

というか、キャラクターグッズという時点で、もう、いろいろ、ねぇ。
好きに選ばせたりゃあよ、と思っちゃったなぁ。

CM(0) | 2015*大阪 | EDIT | TOP
▼キャラものツアー大阪編メモ・16

wo16.jpg

プリキュアのお店は現在、東京・福岡・大阪の3店舗があって、
この大阪が規模としては最大なのだそうです。
うん、確かに東京よりは断然広い、というか東京のは小さすぎると思う。

店内には、5つくらいのモニタでそれぞれ別のシリーズを流していたり
記念撮影用の等身大(?)フィギュアが並んでいたりしました。
ピーチとブロッサムが並ぶと、
頭身の違いに改めてびっくりさせられますねぇ。

プリキュアグッズがたくさん見られて楽しかったけれど、
ちょっと気になっていたストア限定のタンブラーが
思いのほか大きいサイズだったのが残念。
エンブレム柄(シリーズそれぞれのマークがデザインされたもの)のは
ペン立てとかうがいコップとかに使えそう、と思っていたのですが。
あっ、そういえば、きららちゃんのドーナツも見なかったな。
きららちゃんといえば、姫プリグッズでは
どれもこれもトゥインクルグッズばかり品切れで、
彼女の人気の高さを実感しました。

CM(0) | 2015*大阪 | EDIT | TOP
▼キャラものツアー大阪編メモ・15

wo15.jpg

プリキュアのお店があるのは阪急三番街というショッピングセンターなのですが、
大阪駅からそこへは
ずんずんずんずん歩いてようやく辿り着いたような印象があります。
途中で不安になって、3回くらい立ち止まって
「ん?」「あ?」とマップや表示を確認したりもして。
屋内や地下をずっと通っていると、方向の感覚もわかり辛くて、
けっこうどきどきしました。ふぅ。

さて、まずはお店の外の撮影スポット(たぶん)をパチリ☆
歴代プリッキュアーが勢揃いでした。

CM(0) | 2015*大阪 | EDIT | TOP
wo14.jpg▼キャラものツアー大阪編メモ・14

コラボメニューは全部で6種類あったのですが、
フード系は2人前だったり特盛りだったりして
1人で攻略するのは不安だったので断念。うぐぐ。
いろいろ迷って、
「ジャン”ノックしろよ!”キャラメルラテ」と
フレンチトースト(非コラボメニュー)をチョイス。
キャラメルラテはちょうどいい甘さとほろ苦さで
おいしかったです。
フレンチトーストも、蜂蜜とバターで
幸せな気持ちになりました。もぎゅ。

コラボメニューを注文すると
もれなくもらえるというコースターは、
メニューに合わせてくれたのか、ジャンのものでした。
台詞が関西弁になっていておもしろいです。
「ワシは…!
 ワシには今何をせんならんのかわかるんじゃ!
 ほんでこれがワシらの選んだ仕事じゃ!!
 手伝わんかい!!」。
「手伝わんかい」のふりがなは「てったわんかい」でした。
おおお、ほおお、そうなのねぇ、ぷぷっ。

さて、おなかを満たした後は
グランフロント内のお店をふらふらと見て回り、
ルクアイーレ(駅前の別のビル)のキキララショップ
「キキ&ララ ~ゆめ星雲 おもいやり星~」に偶然辿り着いて
英気を養いました。ふおお、ふおおお。
そして、今回の旅のメインその2である
「プリキュアプリティストア」へ向かって、いよいよ出発です。

CM(0) | 2015*大阪 | EDIT | TOP
wo13.jpg▼キャラものツアー大阪編メモ・13

巨人展の会場となったグランフロント大阪では
スタンプラリーも開催されていました。
5ヶ所全部を巡ってスタンプを集めると
館内の飲食店その他で
ちょっとしたサービスが受けられる、というもの。
せっかくだしやってみようか、と思い
ビルを上がったり下がったりしながら何とか完遂しました。
おれはやったどー!

そして、巨人展コラボメニューが味わえるという
館内のカフェの列に加わります。

あ、画像は、会計待ちをしている時に撮った
ウォール・オーサカのメインビジュアルです。
カフェの入り口のところにでっかいパネル(シート?)が
展示されていたので、パチリ。
ウォール・トーキョーもウォール・オーイタも
普通にかっこいいイラストだったのに、
何故かオーサカだけは
それぞれが大阪名物(主に食べ物)を携えている
はっちゃけたデザイン。
いいですね〜、こういうの好きよ。

CM(0) | 2015*大阪 | EDIT | TOP
wo12.jpg▼キャラものツアー大阪編メモ・12

「進撃の巨人展」でのお土産には、
・クランチチョコ
・ポストカードセット(大阪)
・ルピシアオリジナルティー
  Morninng Blend
・同 Afternoon Blend
・同 Evening Blend
をチョイス。

クランチチョコはさくさくで
なかなかおいしかったですよ。
「サシャの芋タルトケーキ」と迷ったけれど、
両親や姉夫婦はこの作品についてよく知らないので
私みたいにニヤついてくれないだろうな、と断念。

ルピシアのお茶は、
3種類のうちどれか1つに絞るつもりが
結局決められずまとめてお買い上げ。
今、「Evening Blend」を飲んでいますが、
好みな味と香りでうれしいな。

ところで、このお茶のパッケージにある
「REVES TRADING COMPANY」ってアレか、
リーブス商会のことか!
スチール缶に巻かれたこの紙も
一部がくり抜かれて缶自体の金色が見えていたりして、
とても凝ったデザインです。素敵。

CM(0) | 2015*大阪 | EDIT | TOP
wo11.jpg▼キャラものツアー大阪編メモ・11

展示のラストでは、超大型くんがお出迎え。
この部屋では照明の色合いや強さが
どんどん変化していて、
写真や動画を撮ろうとしている方々は
なかなか苦労している様子でした。

**********

お客さんの中には、
調査兵団のコスプレでキメキメな方や
あの緑のマントを被っている方が
ちらほらいらっしゃいました。

そんな方々を少し遠くから眺めたり
展示内容を反芻したりして、
最後のお楽しみである物販コーナーへと向かいます。

さて、このウォール・オーサカでは、
入場時に配られた
「兵団購買部公式限定商品注文書」による
会計方法が行われていました。
物販コーナーにはそれぞれサンプルが並んでいて、
欲しいものの個数を注文書に書き込んで
レジにて引き渡す、というシステム。
省スペースで混雑も抑えられる良い方法だとは思うけれど、
買い物かごを持ってうろうろしながら品定めをするのが
実はけっこう好きなので、
ちょっと淋しい気もしたなぁ。
まぁ、でも、すごい人出だったから、
混雑を避けるには、これがベストだったんだろうねぇ。

CM(0) | 2015*大阪 | EDIT | TOP