▼カテゴリ「エンタメ」の記事一覧(10件ずつ表示)

今週の「ねほりんぱほりん」、
ゲストが「LGBTのカップル」だったのですが、
いやー、おもしろかったなぁ〜。
そして、法的に認められていないカップルって、
いろいろ、大変なんだなぁ……。

精子バンクのくだりが特に、
これまで自分にはあんまり縁のなかった話で
興味深かったです。
でも、あの、そうか、お医者さんの力を借りられないと
あんなアナログな(?)方法になっちゃうわけか……!
いや、もう、ほんとうに、た、た、大変だぁ……!

実は私も、以前は、
「法的に夫婦と認められないとしても
 好きになったり一緒に暮らしたりするのは可能なんだし、
 そんなに違いってあるのかな」
と思っていました。

でも、パートナーとか家族として認められていないと、
緊急時(事故とか病気とか手術・入院など)の立会いができないとか
財産分与がめんどくさくなるとか、
そういう話を知って、ああ、なるほど、と納得したのですよね。

好きだなぁ、と思える人と出会えるだけでも
ものすごいことだと思うのに、
それが両想いになるなんて、さらにものすごいことだよ。
そういう人たちが夫婦になりたい、カップルとして認められたいっていうなら
みんなでお祝いしたりゃあいいのに、
なぁぁんで、だめなんだろうねぇ??
それで何か困る人、いるのかな?

それに、今回のゲストの方たちみたいに、
子どもを産みたい&育てたい、って思ってくれている人のことは、
もっと、大事にして、応援してあげるべきじゃないのかなぁ。

ちょっと昔だったら、日本なんて特に、
「結婚・出産・子育て」というのは
男も女もほとんどの人が何の疑問も抱かずにトレースしてきたと思うのですよね。
でも、今はもう、身体的なリスクとか、経済事情とか、懸念材料はいくらでもあるし、
子どもを産まない選択をする人だって多いわけじゃないですか。
それでもなお、「子どもを産みたい、育てたい」と決意したなら、
ちゃんと医療機関にお世話になれるようにしてもいいのに、ねぇ。

私の勉強不足もあるのかもしれないけれど、
何がネックになっているのか、ほんとうに、わからないや。

それはともかく、今回ゲストとして登場した方々は
職場とか出会いとか、とても稀有でラッキーなケースだと思うなぁ。
実際は、学生時代のお二方のように
誰にも言えずにいるという人も多いんじゃないかなぁ……。



だいぶ昔の話ですが、友人(男の子)が彼氏さんを紹介してくれたことがあって、
それまでそういうことを全く知らなかったけれど、
カミングアウトしてくれたことはとてもうれしかったです。
だって、私たち(←その場に他の友人たちもいました)には
知られてもかまわない、とか、
たぶん受け入れてくれるだろう、とか、
思ってくれたってことだろうから。

でも、誰かが
「親御さんとかには話したの?」
と聞いたら
「いや、それはさすがに、ちょっとね……」
と少し淋しそうな顔をしていたので、
そうかぁ、そうなのかぁ……、と思ったのでした。

カミングアウトしやすい世の中、というのがいいけれど、
カミングアウトする・しないの自由も守られるべきだと思うし、
うーん、うーん、どうしたらいいんだろうねぇ。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
こないだのはぐプリは、前回の予告でうっすら予想はしていたけれど、
アンリくんメインのお話でした。
OP映像の新規カットに気付いて
「えっ、ついに闇堕ち!?
 もしかしてアンリくん、ラスボスになっちゃうとか!?」
とどきどきしつつ、
「でも予告だと変身するっぽいし……??」
とも思い出して、
どうなるのかな、でも、もしかして、
とはらはらしながら見守っていました。

事故だなんて、まるで予想外の展開でびっくりしたけれど、
でも、キュアアンフィニ、きれいだったねぇ。かっこよかったねぇ。
あの衣装、はなちゃんのデザイン画のとおりだったのも
何だか妙にうれしかったです。
みんなの力を借りての変身だったから、
っていうのもあるのだろうけれど、
彼もやっぱり、あのデザイン、気に入ってくれていたんだな、って。

ところで、今さらながらに
「男プリキュア誕生!」とネットでちょっと話題になっていたと知って、
「えっ、みんなそんなにプリッキュアー見てるの?」とか、
他にもいろいろ、うーん、うーん? という気持ち……。

やー、次回以降のことはまだわからないけれども、
確かに今回、アンリくんプリキュアになったけれども、
あれってイレギュラーなものだと思っていますが、違うの?
レギュラーメンバーとして、専用の変身アイテムとか使って、
必殺技持ってたりしないと、
「ついに男性プリキュア登場!」とは言えないんじゃないのかなぁ、って。

キュアアンフィニは
昨年のキラプリにおけるキュアワッフル(仮)みたいなものだと思っているのですが、
どうなんでしょうかね?
ていうか、男性プリキュアならアンラブリーさんとかキュアセバスチャンとか
それこそキュアゴリラとかいたわけだし、
何で今回ここまで話題になっているのか、ちょっと不思議だなぁ。

まぁ、でも、この時期の、そろそろ風呂敷をたたみ始めている雰囲気は、
少し淋しいけれどきらいじゃないわ。
ところで、そもそもクライアス社の社長さんが
何故そこまで未来を止めたがっているのか、って、
まだはっきりしていませんよね。
(私がぼんやりしていて理解していないだけ? だったらどうしよう…)
ラストに向けてのこれからの展開も、わくわく楽しみにしています。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
1124.jpg

「MINIATURE LIFE展 ~田中達也 見立ての世界~」に行ってきましたよ。
いやー、ものすごーく楽しかった!

母からチケットをもらったのですが、
この田中さんって、「ひよっこ」のOP映像を手がけた方だったのね。
ミニチュアや身近な小道具、
そして食品サンプルや食品・食材などを使って
時にクスッと笑えたり、ちょっと考えさせられたりする写真作品を
毎日(!)公式サイトにて発表しているという、すごい人です。

今回の展示は、写真が主だったけれど、
実物というか、その撮影のセットもいくつか置かれていて、
じっくりと楽しむことができました。
会場内は撮影もOKだったので
私も途中まではがんばって撮っていたのですが、
写り込みとか反射とか、混雑した会場内ではなかなか難しくて
イマイチな出来ばかりだったので、
記念に買ったポストカードの画像を載せておきます。

見立てのセンスも素晴らしいけれど、
タイトルもいちいち秀逸なんだよね。ふふ。
ちょっとダジャレっぽいというかおっさんぽいというか、
そういうところもとてもツボでした。

あと、作品の制作風景の映像も流れていたのだけれど、
あのぎっしり並べられた整理ケースの中から
必要なものを取り出していく様子に、ちょっとびっくり。
「え……、これ全部、
 どこに何が入っているのか把握できていらっしゃるの……?」
って。
私には、そもそもそこから真似のできない芸当だ! 尊敬。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」、
ようやく行ってきましたよー!
すっごいよかった! めっちゃ泣いたわ。
以下、ちらりとネタバレを含むメモですが、
よろしいでしょうか〜。

秋映画は特にだーだー泣いてしまうことが多いので、
公開から少し間をおいて
空いてきた頃に行くのが恒例となっていますが、
思っていたよりお客さんも多くて
涙はともかく鼻水ズルズルな音をなるべく立てないように
気を遣いながらの鑑賞でした。

はなちゃんは、ほんとうに、強くて優しい子だね。
すごくいい子だなぁ。
ミデンも、いわゆる付喪神的なバケモノだったわけですが、
妖魔夜行経験者としては、妖怪好きとしては
彼の淋しさもすごく分かるし、あああ、って思う。

その一方で、ギャグシーンとかコメディタッチなところも
思いきり楽しめました。ぶははっ。
アンジュはカメラに詳しい、というか、
メカフェチなところがあるよね、うんうん。

それから、キラプリイメージのあの空間とか
まほプリイメージのあの空間とか、
見ていて「おお〜!」と思いました。
あれ、他のチームのも見てみたかったなぁ。

そして、ラストバトルの、クライマックスのあたりのあの曲!
えーと、劇伴、っていうんでしたっけ?
各作品のOPテーマソングがアレンジされて織り込まれていて、
めちゃくちゃ熱い! これは燃えるわ。

は〜、これもう1回見に行ってもいいなぁ。
お正月にもまだやっていたら、行ってこようかなぁ。
とにかく、大満足です、ありがとう!

そして、春映画の予告もあって、
まだ実質タイトルしか公開されていないけれど、
プリキュアシリーズがまだ続くことがはっきりしてほっとしています。
いやー、今年の15周年の盛り上げようとか
はぐプリの気合の入れ方とか、あんまりすごすぎて、
もしかしてこれが最終作なのかな、シリーズ完結なのかな、
と不安にもなっていたので。
ふー、よかったよかった!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
先日、ドラえもん展で購入したアンキパンのラスクは
姉一家と実家の両親へのお土産にしたのですが、
何とびっくり、母はアンキパンのことを知りませんでした!
どう使うのか説明したら
「あら〜、そんなのがあるの〜」
と笑っていましたが、
えええ、ほ、ほんとうに知らないんだ……、と改めてびっくり。
「だってお母さん、最近の道具なんて知らないもん〜」
と本人は言っていたけれど、
い、いやいやいや、これは古典的なグッズだと思うけど……!?

でも、まぁ、この世代の主婦としては
ドラちゃんのひみつ道具のことなんて
いちいち覚えていなくても、おかしくはないのかもねぇ。
それに、どこでもドアなんかとは違って、
アニメにもそうしょっちゅうは出てこないタイプのものだし。

と、思わぬリアクションが得られて
アンキパンに思いを馳せる、秋の夜長なのでした。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
1110.jpg

1110-2.jpg

ずっと前から行きたかった「 THE ドラえもん展 NAGOYA 2018」
やっと、やーっと行くことができました!
おもしろかったー!

ジャンルで言うと「現代美術」ってことになるのかな?
たくさんのアーティストが「あなたのドラえもん」をテーマに制作した
絵画や写真、映像、立体作品などが展示されています。

作品そのものはもちろん
製作者自身のコメントも興味深かったし、
ちょっと学生時代のことも思い出したりしちゃっていました。
課題とかプレゼンとか、大変だったけれど、楽しかったなぁ、って。
あと、「表現って、こんなに自由でいいんだ!」というのも
こう、ズガーンと、ズバーンと、心に響いてきた感じ。

小学生くらいか、もっと小さいちびっこたちもけっこう来ていて、
しりあがり寿のあの破壊力のある動画作品とか、
そりゃあもうキャッキャと大ウケしていましたよ。

私にとっていちばん印象的だった作品は、
カーテンで仕切られた暗い部屋の中に
おもちゃのレールが敷かれていて、
その上をライトを積んだ列車が走っていて、
動く影絵を見せる、というもの。
……。
言葉で書くと全然伝わらなさそう。どうしよう。
でも、「うわー、すごい!」って思ったもん。
あの部屋、ずーっといてもいいな、ってくらい好きな空間だったわぁ。

名古屋での開催はもうすぐ終わってしまうけれど、
ちょっとでも興味が湧いたらぜひ行ってみてほしいです。

そして、お土産もあれこれうきうきと買い込みましたよ〜!
ドラえもん展限定のミニタオルと、ドリップコーヒーと、
藤子・F・不二雄ミュージアムのオリジナルグッズの
ドラえもんボーロやアンキパンラスク、
そしてドラちゃん&ドラミちゃんのピンバッジ!

特にピンバッジは、これを買うためだけにまたミュージアムに行ってもいい!
と密かに野望を抱いていたくらいほしかったものなので、
物販ブースで発見した時は
「ンフーーーー!!」と口の中で奇声を発してしまったくらい、うれしかったです。
ありがとうありがとう、でもミュージアムにもやっぱりまた行きたいです!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
プリキュア15周年アニバーサリー プリキュアコスチュームクロニクル昨日のアニバーサリーブックに引き続き、
「プリキュア15周年 プリキュアコスチュームクロニクル」についてのメモ。

これすっごい! これすっごい!
「コスチュームクロニクル」の名のとおり、
プリキュアのコスチュームデザインについて
こだわりポイントや初期案・没設定などが解説されていて、
ついつい読みふけってしまいます。

これもまだ全体をざっと見てみただけだけれど、
さっき読んで「おお!」と思ったのはキュアパルフェ(←画像検索)。
あのドレスの水色の部分は、パフェの器を逆さにしたイメージなのか!
ていうかそうか、なるほどあれは丸ごとフルーツパフェだ!
あーあーあー、はいはいはい、ガッテンガッテン!
(ガッテンボタン連打)

キラプリは動物&スイーツがモチーフになっていて、
特に中学生トリオは
むしろスイーツの擬人化のようなわかりやすいデザインが
すごく楽しくて可愛かったけれど、
パルフェもほんとうに、まんまだったのね。

あと、個人的な好みでいうと、
チームのコスチュームには統一感があるものが特に好きなので、
スマプリやハピプリは制服っぽさ&個性のバランスが
お気に入りだったなぁ、と改めて思いました。
あっ、スマプリのあのデザインはマーチングバンド風なのね!
おお、確かに言われてみるとそうだわ……!

ちなみに、単体で純粋にデザインだけの好みでいったら
ドキプリのキュアソード(←画像検索)がこっそり大好きです。
色数は控えめだけれど全体的にアシンメトリーで
細かいところも凝っていて、
かっこよさと可愛らしさのみならず
アクションのしやすさを兼ね備えた、無敵のデザイン! ステキー!

他にも、まほプリのミラクル&マジカルは
「天使&悪魔」という対比も盛り込まれている、とかね。
言われてみると、ああー、わかるぅぅ!
マジカルはもともと魔女っ子だもんねぇ、「小悪魔」かぁ、おおー!

これ、A5判でコンパクトで見やすくて
中身もぎゅぎゅっと濃くてすごくいいです。
一家に一冊をぜひおすすめしたい……!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
Febri特別号 プリキュア15周年アニバーサリーブック「Febri特別号 プリキュア15周年アニバーサリーブック」が
やっと届きました〜!
一緒に「プリキュアコスチュームクロニクル」も届いたけれど、
まずはこちらからメモメモ。

まだ全体をざっと見てみただけだけれど、
これ、すごく楽しい!
内容のメインは「プリキュア15周年キャラクターファイル」で
それが購入の最大の動機だったのですが、
大判の見開きで各プリキュアを紹介する感じで
声優さんが選んだメモリアルエピソードも載っていて、
よく知らない作品についても見たくなってきちゃうなぁ。

そうそう、表紙が特殊加工で、
ええっとこれは……ホログラム? 何かキラキラしてる〜!

他には、上北ふたご先生とか青山充さんのインタビューも掲載。
これ、後でじっくり読もう。楽しみだわーい!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
今期の相棒の初回&第2回を、遅ればせながらようやく鑑賞。
やー、おもしろかったです!
スペシャルの時は楽しめる時とそうでない時の差が
けっこう大きいのだけれど(当社比)、今回はアタリだったなぁ。

あと、ほんの少しの回想とはいえ、カイトくんが出てきてくれたのが
ほんとうにうれしかったです。
歴代の相棒の中では、今でも薫ちゃんがいちばん好きだけれど、
私、カイトくんもすごく好きだったんだなぁ、
と改めて気付かされました。

ああ、でもやっぱり神戸くんも好きだし冠城くんも好きだよ!
そして青木くんの動向も気になる。
これからの半年間も、楽しめますように!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
こないだのはぐプリは、ほんとうにすごかったねぇ。
TVでこんなことやっちゃって、映画ではどうするんだろう、とか、
15周年とはいえ盛り上がりすぎて
もしかして今作でシリーズ終了なのかな、と不安になってしまうくらい。

最近の春映画は直近3作に絞ってキャラを出演させるようになっていて、
以前のオールスターズのようなわちゃわちゃ感は薄くなっていたのが
少し淋しいと思っていました。
それを、先週&今週の回ですっかり満たしてもらえたような気持ち。
ありがとう、ありがとう。

属性ごとに分けた連携&合体技とか、
かっこいい系イエロー&ドジっ子イエローとか、
まさに「こういうのを見たかった!」というシーンの連続で
ものすごーく楽しかったです。

あと、ブロッサムのおしりパンチとか
ラブリーのビームとか、
このキャラならこれ! というのをちゃんと盛り込んでくれたのもうれしい。
私がきちんと視聴をする前のシリーズのキャラについても、
たぶんきっと、そういう小ネタが仕込まれていたんだろうなぁ。

最後の方で、各シリーズの応援キャラ・仲間キャラがちらっと映ったのも
「うおおおー!」って大興奮でした。
おばあちゃん(キュアフラワー)とか
キュアワッフル(仮)とか
ロイヤルキャンディとかゆいちゃんとか、
その他いろいろ、あああ、うわーっ、て感じだったのですが、
いちばんびっくりした&うれしかったのはエコーさん。
微妙な立ち位置なので
TVにしろ劇場版にしろ再登場は難しいかと思っていたけれど、
出られたんだねぇ、よかったねぇ(うっうっ)(感涙)。

あっ、でも、そういえば、
キュアテンダーとかハワイのプリキュアが出るくらいなら
ついでにミラージュちゃんも出してあげてほしかったですよ!

はぁはぁはぁ、ああ、もう、何て濃密なスペシャル回だったんだろう。
秋映画のネタバレ映像もOPに組み込まれるようになったし、
早いとこ映画館に行かないと! わくわく!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP