▼カテゴリ「エンタメ」の記事一覧(10件ずつ表示)

楽しく視聴していた「つくもがみ貸します」が、先日で最終回でした。
もともと妖怪は好きだし、
妖魔夜行を嗜んだ身としては
ちょっとそれと似た雰囲気も感じられて、好きだったなぁ。

出雲屋のつくもがみたちの中では、
兎の絵柄の櫛の「うさぎ」がいちばんのお気に入りでした。
他の面々と比べるとすごく簡単な造形で
お目々なんてぐりぐりっと描かれているだけなのに、
動きとか声が合わさると、ものすごーく可愛かったです。

清次も、お紅ちゃんとの仲はどうなるのかと気がかりでしたが、
やっと一歩進んだ感じで、よかったよかった。
終わってしまって少し淋しいけれど、
登場人物それぞれの幸せを願っています。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
「進撃の巨人 Season3」は
いつも録画を月曜の朝ごはんのお伴として見ています。
昨日のはわりとギャグ寄りの回で
アレとかソレとか微笑ましく見ていたのですが、
EDを「あー、これ次から変わるかなぁ、好きだったなぁ……」と見ていたら
ちょ、えええ、何これ、えええー!!

……いや、もう、こ、怖かったですね……。
「TV壊れた!?」って思ったし、ホラー映画みたいな演出。
(ホラー系は避けて通っているのでよくわかりませんが)

そして、分割2クールという噂はほんとうだったのね。
番組表に「終」のマークついてなかったし、
このまま来週以降も続くのだとばかり思っていたのに、
4月までお預けかぁ。

しかし、先の展開を知っていても
あの変則的な予告映像はショッキングだったから、
原作に手をつけずにアニメのみ楽しんでいる方は
(って、そんな辛抱強い人存在するんだろうか……)
ここで一旦止められたら気が狂っちゃうんじゃない? 大丈夫?

それはともかく、Season3の前期もとても楽しませていただきました。
最初はあんまり進撃っぽさを感じられなかったOPも
気が付いたらとても好きになっていたし、
EDは、特にユミルが出てくるところで毎回こみ上げてくるものが……!(ぶわっ)

原作の方は、今、すごいことになっちゃっていますが、
こんなふうに少しずつでもアニメ化してもらえるのはうれしいです。
続きもわくわく待っていますよ〜!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
今日(と、たぶん来週も)のはぐプリは、
劇場版の宣伝も兼ねて
過去作品のプリッキュアーがたくさん登場したり
EDが特別仕様だったりして、楽しかったなぁ。

でも、その後ネットで見かけた
「アジの開きみたいなプリキュア」で、
何度も思い出し笑いをさせてもらっています。ふはっ。
これ、放映時の登場前のシルエット公開でも言われていましたよね。
思い出して、懐かしくて、また笑っちゃった。ふははっ。

劇場版、もうすぐですね。楽しみだなぁ、わくわく!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
しまったあああ、「ねほりんぱほりん」の新シリーズ、
今週スタートだったのかああ!
うっかりしていました。
ま、まぁいいわ、NHKは再放送も多いし、
来週からはちゃんと予約しよう。めそ。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
楽しく視聴していた「はたらく細胞」が終わってしまったー。
1クールだけで終了なんて、淋しいです。

赤血球ちゃんは頑張り屋さんでいい子だし
白血球さんはいつもおもしろかっこいいし優しいし、
血小板ちゃんたちはとにかく可愛い。
OP&EDも好きでした!

自分の身体の中でも
細胞さんたちがみんな一生懸命働いてくれているのかな、
と思うと、
健康管理、大事だな、と改めて考えさせられます。

ところで、最終話あたりでようやく気付いたのですが、
もしかして赤血球ちゃんたちの制服のあの帽子は
赤血球のかたちからデザインされているのかな?
真上から見た時の、ちょっと中央部がへこんだ感じが
教科書に載ってた顕微鏡写真(?)のそれと似ているような……。

何はともあれ、キャストさん&スタッフさん、楽しいひと時をありがとう〜。
第2期も、こっそり期待して待っています。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
今日のはぐプリもよかったねぇ。
ほまれちゃんが健気すぎて、いい子すぎて、ほろり。

あのお姫様は、やっぱりはぐたん(の真の姿)なのかなぁ。
ハリーからは、恋愛感情というよりは恩とか敬愛とか
そういう気持ちが強いんだろうと勝手に思っていたのだけれど、
どちらにしても「特別な存在」なのは違いないから
ああいうかたちに具現化された……のかな。

それはそうと、ハリほまとはまた別口で
近親憎悪なビシほまも、ちょっと楽しい。
カップルとして、というわけではなくて
今後のこの2人のやり取りも、ますます楽しみになってきました。

はぐプリはほんとうにおもしろいです。
展開が気になって仕方がないし、謎も多いし。
はぐたんはこの先どうなるのかな。
わくわくしながら見守っています。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
09151.gif

09152.gif

09153.gif

09154.gif

ちょっとした用事で、義兄&甥っ子が遊びに来たのですが、
手土産にさあやちゃんを持ってきてくれましたー!
キャーワーイーイーッ!

こちらはバンダイから出ている食玩の
「HUGっと!プリキュア キューティーフィギュア2」の1つ、
「2.薬師寺さあや&はぐたん」です。
ちっちゃいけれど、よくできてるわぁ〜。
さあやちゃんは台座に固定できるけれど、
はぐたんはちょこんと乗っかっているだけです。
ちなみに、ぱんつは白です。
(甥っ子の見ている前で何も考えずに
 くるりとひっくり返して確認してしまったのは、
 やや教育的配慮に欠けた行為だったかもしれない)

このシリーズはいわゆるブラインド仕様ではなくて
あらかじめ中身を選んで買える商品で、
これに決めてくれたのは甥っ子だそうです。
「さあやちゃんが好きなの?」と聞いたら
「さあやとほまれ〜!」って。そうかそうか〜。

そうそう、「食玩」なので、
親指の爪くらいの大きさのソーダ味のガムも入っていました。
一応こちらが本体のはずですが、パッケージも簡素で、
最初、付属の部品かと思ってしまった。わはは。

パソコン机の隣の可愛い物置き場に追加しておいたけれど
(ただのカラーボックスの天井部分ですが)、
ますますカオスになってきたなぁ、ここ。
もうすぐ夜叉王のバルダも加わる予定ですが、
もうちょっと、何とかしてみようかな。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
映画『聲の形』DVD先日録っておいた「聲の形」を鑑賞。

劇場公開当時、この作品全体ではなく
設定や展開に対する厳しい意見をたくさん見てしまって、
逆にそれらによって興味を引かれつつも
見るのをためらってしまっていました。
見る機会を得られて、ほんとうによかった。

いじめとか、障害とか、自殺(未遂)とか、
原作は未読で前知識のほとんどない状態で見るには
内容が盛り沢山すぎてびっくりしたけれど、
私は嫌悪感とかは抱かなかったです。

ただ、まぁ、小学生時代の硝子ちゃんが
補聴器を8個(だったっけ?)、金額にして170万(?)もダメにされるまで
おうちの人がよく黙っていた(?)なぁ、とは思ったなぁ。
硝子ちゃんが自分の過失だと言い張ったのかもしれないけれど、
自分が親だったら、1つ目……はともかく、
2個目で不審に思って学校に連絡しますが……。

あと、硝子ちゃん&佐原さん側からすれば
主人公だけではなくあのグループ全体が加害者じゃないのかなぁ。
そんな人たちと、また会って一緒に遊んだりしたいと思うものなの?
って、そこに引っかかると物語が展開しないのはわかるけれど、
まさに「ファンタジー」になっちゃってるなぁ、とは思いました。

「いじめの被害者が加害者に恋をするなんてありえない」
という意見を当時も目にしましたが、
これについては、うーん、普通はないと私も思うものの、
硝子ちゃんが当時考えていたこと、今感じていることは
あんまり詳細に語られないままだったのと、
とにかく硝子ちゃんが寛容すぎるのとで、
そういうこともあるかもしれない、ぐらいには思っています。

そうか、私は、この作品に対して
嫌悪感は抱かなかったけれど
違和感はあちこちに覚えちゃったんだなぁ。
原作だともうちょっと丁寧に描写されているらしいので、
いつか読んでみたいです。

デリケートな題材をいくつも取り込んでいて、
なかなかチャレンジングだなぁ、と思う。
自分にとっておもしろいかどうか、好きか嫌いかはともかく、
そういう作品を世に出す人たちのことは尊敬しています。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
先日、「仮面ライダービルド」が最終回を迎えました。
放映中はあんまり感想をここに書いたりはしていなかった気がするけれど、
余韻に浸っているうちにあれこれメモしておこうかな。

まずは、いきなり最終回についての感想ですが、
「あ、私こういうの好き」と思いました。
すごくすごくがんばったのに、あんなに辛い思いもしたのに、
それを知っている人は誰もいない、っていう……。
ちょっと昭和のヒーローっぽいような、あのラストが、
ちょっと淋しいけれど、かっこいいなぁ、って。
そうそう、本物のマスターが淹れてくれたコーヒーは
ちゃんとおいしいんですね。ふふ。

「自分たちの戦いの記録を49話に分けて綴る」っていうのも、
物語の初めにきれいにつながって、
ちょっとベタかもしれないけれど、好みです。

それと、現在の世界と並行世界を融合させる、っていう展開は、
DQ11をちらりと思い出したりもしていました。
(あっちはパラレルワールドを「作る」ってことになるんだったか、
 いずれは融合していくのか、ゲーム中では明言されていなかったけれど)
(ん? そもそも「歴史を変える」だけなんだっけ? あわわ)

最初のうちは、設定というか世界観自体が盛りだくさんな感じで
しかも展開がけっこう早くて、
ついていけるか心配しながら視聴をしていました。
でも、少しずつ仲間が増えていくところとか、
謎が明らかになっていくところとか、
飽きさせないような作りになっていて、楽しめました。
カズミンもヒゲも好きだよ。

欲を申せば、メインキャラではなかった人たちのことも、
新世界での元気な姿を見せてもらいたかったけれど、
まぁ、TVだと、いろいろと難しかったんだろうなぁ。

何はともあれ、キャストさんスタッフさん、
楽しい1年間をありがとう〜。

そして、新ライダーも楽しみだなぁ、
お顔に「カメンライダー」って書いてあるー! ぶははっ。
今からとってもわくわくです!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
となりのトトロ [Blu-ray]先日録っておいた「となりのトトロ」を鑑賞。
家事のBGMとして軽く流すつもりが
結局しっかりじっくり夢中になって見てしまいました。

小学生の頃に初めて見た時は
「キライじゃないけど、ちょっと小さい子向けだよね〜」
と小馬鹿にしていたのに、
見れば見るほど、年を取れば取るほどに
感情移入してしまって、うぐぐ、ふぐぐ……!

それはともかく、今回注目してしまったのはお父さん。
メイちゃんだけならともかく
小6(!)のサツキまで自転車に乗せて漕げるなんて、
す、すごくないですかそれ……!
あと、あの2人を両腕にぶら下げてみたりもしていましたよね。

彼の職業は考古学の講師だそうだけれど
大学の先生というよりは学者っぽい雰囲気が強いのになぁ、
と思いましたが、いや、でもそうか、考古学か!
フィールドワークが多そうだし、好きそうだし、
運動神経とかはともかく
身体が頑丈でないと続けられなさそうでもあるなぁ、と納得。
そもそも、あの時代は日々の暮らしに
肉体労働が自然と組み込まれているだろうし、
体力的にはあれで普通だったのかもね。

と、またまた違った楽しみ方をしてしまったのでした〜。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP