歯列矯正メモ・11

明日の定期診察に備えて、
この4週間を振り返りつつ、ざっとメモ。
だらだらっと羅列していきますよ〜。

▼前回、上だけワイヤーを1段階太いものへ変えたのですが、
その直後からけっこうな締め付け感がありました。
痛みは10日間くらい続いたかな。
でも、3日後くらいには、
右の側面あたりの歯と歯の隙間がぴたっと閉じていてびっくり。
前歯もますます垂直に近づいているし、
隣りの歯との段差もほとんど目立たなくなってきましたよ。
このまま、前歯を立てつつ、
まだ奥の方に空いている隙間を埋めながら、
歯列全体が順調に後退していってくれますように!

▼上の前歯の出っ歯が治ってきたせいか、
正面から見た時の鼻の下がほんの少し長くなったように見える。
たぶん、自分しかわからない程度の変化だけれど。

▼そうそう、矯正を始める前までは、
上の前歯の先っちょに口紅がついてしまうことが時々あったのですが、
そういえば、そういうの、最近全然なくなりました。
もしかして、あれも、出っ歯の弊害のひとつだったのかなぁ。

▼そして、目下の課題である下の右の前歯について。
隣りの歯との重なりが大きいために
未だに装置を取り付けられず孤立している、あの問題児の件です。
前々回、両隣の歯の間隔を広げるためのコイルを取り付け、
前回、さらにこの前歯自身に後ろから細い紐状のものを渡して
後ろへぐいっと引っ張る処置をした結果、
重なりは完璧に解消されましたー! ヤッター!
……しかし、右隣の歯との間隔がどんどんどんどん広がって、
今、右斜め方向から見るとけっこうなすきっ歯状態で、
あわわ、あわわわー!
4週間でこんなに目に見えて歯が動くなんて、初めてです。
だって、こないだまでは重なってたんだよ、この子。
ここも最初の10日間くらいはじんじん痛くて
「これで効果がなかったら泣いちゃう……」
と思っていたけれど、泣かずにすみました。よかったー。

▼ただし、下のその他の歯列が後退しているせいなのか、
この右の前歯ちゃん、ちょっと前に出てきているように見えますよ。
この子だけ下唇に当たって、変な感じです。

▼ところで、すきっ歯生活ってなかなかに辛いですね。
普段、黙々と手を動かす仕事をしているし
家でもわりと無口な方ですが(ただし、しゃべる時は止まらないぜ!)、
こないだのカラオケですごく困った。
「ス」が言いにくいのです、「ス」が。
音がー! 息がー! 漏れるー!!
あと、この状態だと
気を抜くとすぐよだれが溢れてくる……のですが、
それは私がぼんやりしすぎなせいかしら……。
いや、普段は大丈夫なのですが、
歌いながら「!?」と焦ったし、
鏡に向かって口を大きく広げながら歯を磨いていると
この前歯の隙間からだばーーっと……だばだばーーっと……。
(おっと、汚い話になってしまった)
まぁ、だってほら、あれだものね、
堤防が決壊したような状態だものね、今の下の歯並びは。
通勤途中、地下鉄で揺られながらついうとうしている時なんかの
寝よだれ率が上昇中です。
うつむくとやばい感じです。気を付けよう。

▼最後に、もうひとつ。
前回の診察は、風邪がやっと治りかけた頃だったのですが、
舌側矯正だと、咳をした時に舌が装置に当たって辛くないですか。
口の中にトラップが仕込まれて1年弱(準備段階の装置含む)、
金具に擦れて痛いポイントは無意識に避けるようになったり、
舌の皮(粘膜?)が丈夫になったりして(たぶん)
多少のことならわりと平気になったのですが、
咳をしたりすると、舌が無意識に複雑な動きをするのですよね。
特に今回は、ワイヤーを変えたばかりで
ただでさえ違和感があるというのに、
舌が予想外に動いたりして、
「ゴホゴホいででケホケホいちちゲホッゲホ!」
……な苦しみを味わいました。
あと、痰が出るようになった時も、
装置に引っかかったりして、うまくペッと吐き出せずに悩みました。
(再び、汚い話でごめんなさい)

▼んー、でも、咳とかしなくても、
いっぱいしゃべると痛い時ってあるなぁ。
こないだのカラオケ帰りでは、
夢中になってしゃべっていたら、気が付いたら口の中で血の味がしました。
舌が装置に擦れて、小さい傷がいっぱいできてしまったみたい。
しょうがないことなので、気にはしていないけれど。

Category

Archives


Profile

prof.jpg
桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
→ 本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」