歯列矯正メモ・12(定期検診)

定期診察、無事終了〜。
それにしても、仕事帰りに歯医者さんに寄るのは
やっぱりちょっと緊張するなぁ。
何が緊張って、そりゃ、磨き残しがないか心配だからです。
会社でも、いつもお昼休みに歯磨きをしていますが、
落ち着いて磨いていられる環境ではないので
いつもほんとうに「とりあえず、ひととおり」って感じなのですよね。
病院に入る直前に
トイレで念のため歯間ブラシでざっとお掃除しましたが、
大丈夫かなぁ、いいかなぁ、と不安でした。
土曜出勤のある今月は、
仕事帰りに行くより他はないので仕方はないのですが、むむむ。

「まぁ、でも、
 最初に衛生士さんが徹底的にブラッシングしてくれるだろうし、いいかぁ」
と思っていたら、どういうわけだか今日に限って
いきなり先生がワイヤーの調整を始めてくれちゃって、内心大焦り!
あわわ、ちょっ、心の、いや、歯の準備がまだです先生ー!
何だったんだろうなぁ、診察の都合かなぁ。
いやー、どきどきしました……。
そんなこんなで、本日のメニューはこちら。

  • 孤立していた下の右前歯にも、ようやく装置が着けられて、
     他の歯と同様、ワイヤーも通されました。めでたい!
  • 上の右の犬歯あたりの側面をちょこっと削って、
     歯列移動のためのスペースを作成。
  • 上の歯列のワイヤーを調整。
  • 衛生士さんによるブラッシング。


先生にお会いしてすぐ、下の右前歯について
「こんなに隙間ができましたー!」
と嬉々として報告したら
「えー! 動くの速いですね!」
と驚かれました。わはは。
先生の今までの反応を見ていると、私はどうも、
「動き始めるまでに時間がかかるけれど、
 動き始めるとわりと速い」
……のかな?
先生に速い遅いを聞いたことはないし、
もしかしたらそれぞれの歯によっても違いがあるのかもしれませんが。
ともかく、やっと全ての歯がスタートラインに立てたという喜びでいっぱい。

家に帰ってご飯を食べてから、鏡でじっくり歯を見ていたら、
飛び出し気味に見えていた右の前歯が
すでに気持ち引っ込んで左の前歯と並んでいたし、
左隣りとの隙間も狭まっているような気がする……!
ワイヤー、すごい!

あと、歯を削るのは虫歯の治療でも何度か経験がありますが、
やっぱりあの機械の音はちょっと怖いですね。
骨に響きます。ゴイ〜〜〜〜ン、って。
どの歯なのかは自分でもよくわかりませんが、
右の犬歯あたりって、いじられるといつも痛みが大きいので、
今日もワイヤーをきゅうっと締め上げられる時に
「あでであだだだ!」な苦しみを味わいました。めそ。

最後にやっとしてもらえたブラッシングですが、
あわてて付け足したような感じで簡単にしかしてもらえなかったのが
ちょっと不満で心配です。
特に異常が見つからなかったのだと前向きに受け止めるべきなのかなぁ。

そうそう、最後に恒例の歯列の撮影(経過観察用)をしたのですが、
ぼんやりしていて衛生士さん&助手さんを手間取らせてしまいました。
いやー、だって、歯の診察って、長時間口を開けっ放しなわけですよ。
しかも、いろいろ調整してもらった直後は噛み合わせも変化しているので、
直後に奥歯を噛み締めて感触を確かめるのって、一瞬、勇気がいるのです。
というか、噛む感覚をちょっと忘れてしまうのです(私の場合は)。
写真を撮る時は、きちんと噛み合わせた状態にしなければならないのですが、
お二方に
「噛んで下さ〜い」
「もっとしっかり〜」
「大丈夫ですか?」
「桜衣さん??」
と何度も声を掛けられて、
「はっ、しまった」とあわててぐぐぐと噛み締めて
やっと終了しました。ふー。
ああ、恥ずかしかったー!

k12-1.jpg

↑今度こそ、上の前歯がきちんと立ってきてるよー!
(毎回、前歯前歯とうるさいですが、
 いちばん気にしている部分なので……)
それにしても、下の前歯の隙間が目立つ目立つ。
(中段の「2011*11*13」は「2010*〜」の誤りです)

k12-2.jpg

↑撮る角度や口の開け方が毎回微妙に違うので
比較が難しい時もあるけれど、
治療前(最上段)とはやっぱり全然違ってきて、それがすごくうれしい。
よーし、がんばれ私の歯!

Category

Archives


Profile

prof.jpg
桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
→ 本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」