ホールのケーキ

姉夫婦のおめでたのお祝いに、
父が近所のお気に入りのケーキ屋さんで
小さいながらもホールのケーキを注文していたそうです。
が、あらかじめお店の方に、
それを6等分しておくように頼んでおいたのだとか。えーえええー!
わざわざ注文して、ホールで買うのに!?
だったら、バラで5切れとか6切れとか買うのと変わんないじゃん!
ホールのまんまでみんなで見て「ワァ〜〜〜」とか何とか
やりたいがためのホールでしょ?
パン屋で食パン買うのとは違うんだからさぁ……。
「うちで切ったら、くっちゃくちゃになってまうがや」
とは父の弁ですが、何かもう、どう突っ込んだらいいのか……。
まぁ、確かにそうなんだけどさぁ……。

と、ここまでは昨夜のうちに聞いていた話。
今日は帰りが遅くなったので
夕食に来ていた姉夫婦とも会えなかったのですが、
母によると、父の話どおり、ケーキはほんとうにカットされていたそうです。
そして、ひとつずつ周囲にフィルムを巻いたものを
もとのかたちに丸く並べ直して、ぐるっとリボンが結ばれた状態で
箱に入っていたらしい。ほおお〜。
お店の方も、変な注文する客だと思っただろうに、
こんなに誠意ある対応をして下さって……(ほろり)。
そして、さすがはプロなだけあって、ケーキの断面は美しかったです。
うん、確かに、家庭用のナイフと技術では、
生クリームやスポンジは、こんなにスパッと切れないよね。

あ、そういえば、ホールのケーキだから、
何か上にメッセージが書かれているのかなぁ、とか、
いろいろ予想をしていたのですが、そういうのはなかったです。
「祝 懐妊」とかでかでかと書かれていたりするんじゃないの、とか、
1切れずつ「お」「め」「で」「と」「う」「☆」とか書かれてたりするんじゃないの、
とか、あれこれ考えていたのですが。なぁんだ。

しかし、よっぽどうれしかったんですね、父。
姉は、今がいちばんしんどい時期のようで、ちょっと心配です。
先はまだまだ長いので、どうか、最後まで無事に乗り切ってくれますように。