俺屍メモ・24(完)

PSP版俺の屍を越えてゆけ

▼俺屍メモ・24(完)

裏京都でだらだら過ごしているうちに、男女ともに顔グラが1周したので、
重い腰を上げて久しぶりに大江山へ。
2度も敗走した後、三度目の正直で、ようやく勝ってきたどー!
s241.jpeg

裏京都の大江山のボス・昼子ちゃん。
奥にある囲炉裏が、何だか妙に生活感があって笑ってしまった。
しかし、この後、けちょんぱんにされ……
(けちょんぱん=けちょんけちょん&こてんぱん)、


s242.jpeg

視界を血に染められながら敗走すること2回。
あちこちでアドバイスをチラ見しつつも
「とりあえず大甘露持ってけ! でもなるべく自力で倒す!」
とがんばってみましたが、こりゃーダメだぁ、とあきらめて(だって……)
3度目は、ネットで見つけたお薦め攻略法(白鏡で延々コピーの巻)と
首っ引きで戦いました。


s243.jpeg

そしたら難なく……、とまではいかなかったものの、
何とか勝利することに成功しました。
や、や、や、やっと倒せたぁぁ〜……。


s243.jpeg

その時の記録はこちら。
たぶん、もっとスマートに勝利する方法は
たくさんあるのだろうと思うけれど、
そっち方面のやり込みにはあまり興味がないので
この一族の歴史は、ここで止めておきます。


s245.jpeg

そうそう、途中からメモのネタにすることをすっかり忘れていましたが、
我が一族の伝家の宝刀「疾風魔狼剣」の
最終的なステイタスはこんな感じでした。
福効果の出現のからくりについても
遅ればせながら公式指南書や攻略サイトで学んで、
そういうことだったのかぁ! と楽しんでいます。


s246.jpeg

うん、がんばりまっす!

というわけで、だらだらと書き綴っていた
この「鬼哭啾々 桜衣一族」メモも、これでおしまい。
読んで下さったみなさま、ありがとうございましたー!
しばらくはプレイをお休みする予定ですが、
次の一族ではどんなふうに遊ぼうかな、と今からわくわく考え中です。
前々から、女子校一族をやってみたかったけれど、
これだと女神様と交神できないじゃん、と気付いてしょんぼり……。
今は、「自力で解放した神々とのみ交神可」という
天界なんて信じない、信じられるのは拳で語り合った神々のみ、
という私にしてはハードな(?)設定の一族。
やってみたいなぁ、やろうかなぁ、
でも、もうひとつ、命名のルールも決めておきたいんだよね。
何か縛りをつけないと、今までの一族の誰かと被っちゃいそうだから。
いい案を思い付いたら、2周目を始めたいと思っています。
ではでは、現在プレイ中の他家一族様の悲願成就を祈りつつ、
桜衣一族、これにて、完。おつかれさまでしたー!



【2018.12/13 追記】**********

桜衣一族のプレイメモは、
本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」内のこちらにも掲載しています。
古い記事から一気にまとめて読む場合は、たぶんそちらの方が読みやすいかな、と。
その他、家系図もありますので、よろしければぜひ見ていってくださいね。