「ドキドキ!プリキュア」

先日から始まった「ドキドキ!プリキュア」
毎週楽しく見ています。
放映前は、絵柄がちょっとバタ臭く感じられたのですが、
すぐに目に馴染んで、今はもう全く気にならないです。

紫の子は、初めて見た時は
ちょっと、おんぷちゃん(おジャ魔女シリーズ)に
似ているように思ったけれど、
何とびっくり、この子もアイドルだったのかー!
おんぷちゃんはチャイドルだったので、微妙に違いますが。

そして、敵幹部のひとりのお声が田中真弓でびっくり。
ハトプリで高山みなみが出てきた時と同じくらいびっくり。
でも、もちろんうれしいです。好き!
そういえば、敵のおっさんとかおじいさんとか執事とか、
やたらとおっさん率が高いですよね、今回。

あっ、そうそう、放映前に第1話のあらすじを読んで、
「そうか、今回の敵さんはみんな、いつも、
 きれいな景色を独り占めしようとする人(人?)なんだな」
と思い込んでいましたが、そういうわけではないんだね。
勘違いしていました。あらやだ。

今回は4人とも、変身後の髪型がくるんくるんしていますが、
あれって、コスプレする方々はどうやって再現するんだろうなぁ。
あのくるくるは、そのうち武器になりそうな気がしなくもないですよ。
びょーんと引っ張ったら
くるくるくるくるしぱーん! って
勢いよく巻き戻ったりは……しませんか。しないかな。

今のところ、青の子がお気に入りです。
六花(りっか)、っていう名前も可愛い。
そして何より、プリッキュアーのあの衣装についての
「あんなヒラヒラした服、私には似合わないよ(うろ覚え)」
という台詞が……!
今まで、思っても誰も言わなかったのに……!
いや、それだけじゃなくて
変身もしていないのに敵さんの背後をこっそり狙ってボタンを押したり、
ガッツのあるいい子じゃないですか〜。
あの信号機の話はおもしろかったなぁ。

そして、毎年のお楽しみであるEDの歌とダンスもグーです。
今回は現役アイドルの子(紫)がいるせいか、
歌もダンスもちょっとアイドルユニットっぽいような。
それにしても、テンポが速いよね。
今のちびっこはこれについてこれちゃう、ってことなんだよなぁ。

そんなこんなで、今年も1年、楽しめそうです。うれしいな。