デザイナーとオペレーター

4月下旬にうちの部署に久しぶりに入った新人さんが
本日で退職していきました。
「仕事内容が自分に合っていない」と
本人から申し出があったそうで。

私は採用や面接などには関わっていないので
全て人から聞いた話ですが、
もともとデザイナー志望で
「デザインの仕事をしたい」という意志が強かったのだとか。
うちの仕事は、デザイナーというよりオペレーター的な役割が強く
そのことも明記して募集をかけていたので、
面接の最終段階で念のためそのことについて確認をして
試用期間が始まったわけですが……、あららー……。

デザイナーとオペレーターの定義は
人によっても会社によってもかなり異なると思うし、
完全にデザインに特化した仕事なんて
よっぽどの大手か名の売れた人か、
実力があってなおかつそれを認められた人じゃないと
できない、させてもらえないと思うのだけれど、
うーん、どうなのかなぁ。

私は、この試用期間中、
彼女を直接指導したことはほとんどないのですが、
これまでずっと指導していた方々からすると、
彼女はどちらかというと大雑把というか
細かいツメが苦手だったりしていたようで、
デザイナー志望だったらなおのこと
こういうオペレーター的な作業で隙を見せたらイカンのに、
と今さらながら思ってしまったり、しました。

まぁ、仕事内容だけの問題ではなくて、
会社の雰囲気が合わなかったのかもしれないけれども。
理由の全てを本人が話してくれたとは限らないし。
すでに他社の面接などを受けていると聞いたので、
彼女がもっと意欲的になれる職場が見つかるといいな、
と思っています。