俺屍2感想:アップデート

アップデート、もしかしてもう忘れられてるんじゃないかな、
とけっこう本気で心配していたのですが、
配信日が決定したようで、よかったよかった。

うちの桜衣一族も、できればそれまでにラスボスを倒してクリアしてしまって、
アップデートが来たら新規一族を立ち上げたいのですが、
実は今、コントローラー&ケーブルをクリニックセンターに送って
診てもらっている最中なのですよね。
俺屍2発売に合わせて、7月に買ったばかりの VITA TV ですが、
ワイヤレスコントローラーの充電ができなくなったのか何なのか、
ケーブルを繋ぎっぱなしでいないと操作が利かないのです。

ゲームの進行度としては、あとはもう、ラスボスを倒すのみなのですが、
体水にも体火にも、あと技土にも不安が多いので
月乃階に通いつめて戦力強化を図っている状態。
努力の甲斐あっていくらかマシにはなったけれど
まだ彼らに挑む踏ん切りがつかないので、
これを機に修理をお願いすることにしたのでした。

まぁ、それはともかく……。
PS版の俺屍を初めてプレイした時は、もう夢中で、
ラスボスを倒してゲームクリアしちゃうのがもったいなくて
いつまでもいつまでもだらだらと遊んでしまったのになぁ。
ずっとずーっと楽しみにしていた俺屍2は、
前作同様、じっくりモード固定で進めていく予定でいたけれど
それだとどうにもならなくて
モードをちょこちょこ変更しつつ乗り切るしかなくて、
リセット禁止がモットーだったのにガンガンリセットしながら
「とにかくひととおり終わらせよう」
って気持ちでプレイしちゃっててさぁ、
何かもう、何だかもう、うーん……。

いや、自分のプレイがへたくそなだけだし、
モードを固定したりリセット禁止したければ
それを守り通せばいいだけの話なのですが、
まさか自分が、俺屍に対して「さっさと終わらせたい」と思うなんて
今年いちばんのびっくりですよ。たぶん。
ただ、自分の一族に対しては、やっぱり愛着わいちゃうわけで、
複雑なんだよなぁ……。

というか、アップデート内容の最後の「その他、細かい不具合を修正」の中に
何がどれだけ含まれているのかなぁ。
全てはそれ次第だと思う。
もうストーリーなんて変えようがないし
夜鳥子を無視して進めるようにも変えられないだろうし、
そのへんはあきらめていますが。

夜鳥子に対しては、扱いに慣れてあきらめもつくと
そこまで負担ではなくなってきましたよ。
ただ、自分自身がプレイ中に収拾した台詞やイベントに
ネタバレサイトで仕入れた情報を足しても、
結局、夜鳥子一家のことはよくわからないままで終わりそうで、何だかなぁ。
そもそも、夜鳥子が出撃隊にいてもいなくても、
鬼神さんたちの台詞に差分があるわけじゃないんですよね?
夜鳥子さん自身も、神様が目の前で自分や旦那さんのことあれこれ言っていても
なーんにもコメントとかリアクションとかないんですよね。
いろいろ浮いてるけれど、同じ屋敷で日常を共にしている人のことを、
本人と一族とのイベントではなく、神々の一方的な物言いから推し量るのって、
何だかすごーく、変な感じだ。
例えば、晴明と戦って式神を取り戻す度に
夜鳥子の方から一族の当主に何か話したりするような描写があれば、
少しは心理的な距離が縮まった気もするのですが。
夜鳥子がいつも何考えてるのか、全然わかんないよ。
それとも、いつも鍋のことしか考えてないのかなぁ。
どなたかのつぶやきにあった気もするけれど、
屋敷内で、時々でも、夜鳥子がみんなに手料理を振る舞う描写とか
ほんとうにささやかなイベントでいいから、入れたらよかったのにね。

ちょっとプレイしただけでも、「ここはもっとこうしたら……」っていうのが
素人考えながらも次から次へと思い浮かんでしまう。
でも、「楽しい!」ってところはちゃんと点在してるんだよね。
点在、だけれども。
ばっさり切り捨てて「つまんない、もうやめよっと」ってできないのが
もう、苦しくて困る。うだうだもだもだ。