「アルスラーン戦記」

【Amazon.co.jp限定】アルスラーン戦記 第1巻(1~4巻連動購入特典:「描き下ろしB1布ポスター」引換シリアルコード付)(初回限定版)[DVD] -

春から視聴していた「アルスラーン戦記」が終わってしまったー。
少し間が空いてしまいましたが、ざっくりと感想メモを。

「半年でエクバターナに着くのかなぁ」と思っていたら
やっぱり途中で終わっちゃいましたね。
第2期の制作&放映は、DVDやゲームの売り上げ次第、なのかな?
今回のアニメ化は、というか、荒川版のコミックスは
原作をちょこちょこアレンジしているので、
大きく好みが分かれそうに思いますが、
私はけっこう楽しめたクチです。
でも、エステルの扱いが大きすぎて、
それにはちょっとびっくりしたなぁ。

原作(小説)に初めて触れたのは
ちょうどアルスラーンと同じ年の頃で、
当時はとにかくナルサスが好きで仕方なかったのですが、
今回のこのアニメ版では、事あるごとに
「殿下、何ていい子……!(ぶわっ)」と
アルスラーンに注目していました。
ねー、いい子だよねー。
あと、可愛い。

そうそう、毎回違うアイキャッチが、こっそりと楽しみでした。
あのペルシャ風の紋様が、こう、世界観を盛り上げる感じで
よかったなぁ、と思います。

あとは……、ファランギースのおっぱいについつい目が行ってしまっていたのは
私だけではないはず。たぶん。きっと。
そして、「坂本真綾といえば『私のファーストキッス、お願いします!』」
(「天空のエスカフローネ」)
というイメージが抜けきらない私としては、
彼女がこういう大人な女性、しかも戦士、なキャラの声をあてていることに
何というか、感慨を覚えずにはいられません。
真綾ちゃんも、もう人妻だしなぁ……。

この新アニメ版の絵柄や声や雰囲気に
せっかく慣れたところなのに
ストーリー的には未完のまま終わってしまうのは、
とても残念だし、もったいないなぁ、と思います。
またいつか、ひょっこり再開されることをのんびりと待っていますよ〜。