ウォール・オーサカ+αメモ・18

wo18.jpg

阪急三番街で、
いや、巨人展を含めた今回の全行程の中で
私にとっていちばんの収穫は、
ミッフィーグッズの専門店「miffy style」で
お買い物ができたことです。むふー。

ミッフィーグッズはいつ見ても何を見ても
心がときめいてしまうけれど、
この大阪梅田店は以前行った東京駅店よりも広いし
品揃えも充実していて、めっちゃくちゃ楽しかった〜!
迷いに迷って、自分用に

  • コルクコースター付きお茶缶(煎茶)
  • 同上(紅茶)
  • ポストカード3枚

を買いました。
写真中央の丸いのは、おまけでもらったシールです。
そして左下の赤いのは、これまたおまけで頂いた情報誌。

お茶缶は、小さな容器ですが
蓋にちゃんとパッキンがついていて、
何かと便利に使えそうです。
ポストカードは、オレンジ地のとかは特に
前にも持っていた絵柄のような気もするけれど、
何度見ても可愛いので、いいやぁ。えへへ。

でも、実はこのお店でいちばんキャハー!な気持ちになったのは、
ミッフィーのぬいぐるみでした。
以前、何度か見かけたぬいぐるみは、
縫い目というか生地の継ぎ目が目立って
正直なところ、可愛らしさが半減してしまっていたのです。
たぶん、あの形を立体化するのが難しかったんだと思う。
が、しかし、この日、ぬいぐるみの棚に
「リニューアルしました!」
のポップとともに並べられていたのは
私の知っているあのちょっと惜しいミッフィーではなく、
「可愛くなってる……!」
とぶるぶるしてしまうくらいの子たちでした。
何ていうのかなぁ、ラインが滑らかで、ちゃんとミッフィーだった。
素晴らしい、素晴らしすぎるよ、
パタンナーさんたち、ブラボーです!

ああー、できればこれを作った方々に
ソーナンス(ポケモン)のぬいぐるみもぜひ手がけて頂きたい。
ソーナンスも、立体化が難しいカタチをしているせいか、
以前売られていたぬいぐるみは何だかゴツくて
ちょっとがっかりだったのです。

おっと、話をミッフィーに戻して。
ぬいぐるみは、いつもの擬人化されたようなミッフィーの他に、
4つ足で跳ぶ、兎らしいタイプのものと、大きく分けて2種類ありました。
どちらも、造型そのものの他に、
触れた時の感触もまた素晴らしかったのです。
身がぎっしりみっしり詰まっていて、何とも言えない心地よさ。
心の中で「これすっごい!これすっごい!」と繰り返し叫びつつ
うっとりと触り続けてしまいました。ほぁ〜。

でもね、真っ白なぬいぐるみなんて、
あっという間に手垢で真っ黒にしちゃうよね。
でもでも、この兎タイプの子たちがベッドの脇に3羽くらいいたら、
見る度ににやにやしちゃうだろうなぁ。ほぁ〜。

今回はぐっと我慢してしまいましたが、
次に見かけたらお持ち帰りしてしまいそうです。
名古屋では、来年3月にミッフィー展をやるそうなので、
その時にまたいろいろ買い込んでしまいそうだなぁ。
わくわく楽しみです!