がんばれ新人ちゃん

10月からうちの部署に入った、
私と同じ団地にお住まいの新人ちゃん。
主任の指導を受けながら毎日がんばっているのですが、
昨日、私が退社した後に
主任から少し厳しく言われて泣いちゃったそうで……。
先輩から帰りにちらっと教えてもらったのみで
詳しい事情はまだ把握していないのですが、
うーん、大丈夫かなぁ……。

実は、主任の鬼指導で初期に潰れて退職してしまう人が
これまでにもけっこうたくさんいるのです。
私(そろそろ入社10年)や先輩(入社15年くらい?)は
「主任、だいぶ丸くなりましたよねー」
と話していたりするのですが、うーん……。

昔に比べて、最初に覚えなくちゃならないことが多くて、
なおかつ、個人的な主観ですが
主任は指導役があんまり向いていないのもあって
(何つうか、管理者とか指導者とかよりも
 まるっきり技術者に徹した方が
 能力を最大限に活かせるタイプだと思うのですよね)
(あと、たぶん国語が苦手だったんじゃないのかなぁ、
 と思ってしまうことが時々あったりする)、
相手に「もうダメ」と思わせてしまいがち、みたい?

人数や仕事量に余裕があれば
他のメンバーが指導に就くこともできるけれど、
今ほんとうにカツカツなので
それは現実問題としてちょっと難しい。
主任自身ももちろん忙しいけれど
全ての流れを把握しているのはこの方なので、
結局この体制を続けていくより仕方ない、という状況。

自分が入社したての頃はどうだったかなぁ。
私の場合、
主任の考える「わりと簡単なレベル」の技術(?)が下手で、
逆に「ちょっと高度なレベル」のそれができていたりしたらしく、
教えにくそうな感じだったなぁ、
というのはうっすらと記憶にあるのですが、
指導が厳しくて辛い、もう続けられない、
と悩んだ経験はない……ような……?
というか、そう悩む余裕すらなく
次から次へと覚えなきゃならないことが出てきて
あわわ、あわわ、とやっているうちに早10年、という感じです。

うーん……、
新人ちゃんは一生懸命にやっているので応援しているし、
何とかうちのルールに慣れていってほしいのだけれど……。

Category

Archives


Profile

prof.jpg
桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
→ 本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」