スーリヤ様メモ・3

1221.jpg

久々になってしまったこのシリーズ、
今回はアクセサリー編です。

スーリヤ様の衣装はとりあえず神様っぽく(?)白、
と決めたのですが、
髪も瞳も青系統なので
このままだと冷たい印象を与えがちになりそう、
という懸念がありました。
それを中和するために、
アクセサリーの類は全て金、ということにしました。
(今回、ちょっと塗りが失敗しているので
 (線画の色替えが下手なんだな……)
 あんまり貴金属っぽさが出ていませんが、
 心の目で補完しておいて下さい。めそ)
「『太陽』のような女神様」というイメージにも
これでちょっとは近づけるかなぁ、と。
(安直かもしれませんが、
 金色→太陽、銀色→月、という連想は
 わりと普遍的なものだと思われるので)

あと、ヴィシュヌ様とラクシュは
身に着けている宝石の色が赤なのですよね。
(ラクシュは、新調和神になって衣装が変わっても、
 この設定は継続されています/OAV含む)
当初から伏線としてこういう色彩設定にしたのか
単なる偶然なのか、
たぶん後者ではないかなぁ、とは思うのですが、
ここから勝手に
「調和神には赤い宝石」という伝統を捏造し、
スーリヤ様には「金細工&赤い宝石」を
あれこれ着けて頂くことにしたのでした。

んで、イヤリングその他のデザインは
古代っぽくちょっとアジアンテイストに、
と一応いろいろ調べながら決めてみたのですが、
こういうの、難しいな……!
センスに自信がないので
あんまりアップでお見せしたくないのが本音。
ごめんなさい、スー様……。
でも、考えている時は楽しかったよ!

アクセサリーのどこを宝石にするのか
しっかり決めないまま進めてしまったので、
塗りに入ってから長いこと迷走してしまった記憶があります。
髪留めのようなティアラのようなやつ(適当……)は
宝石なしの金細工のみにした方がよかったかなぁ。
腰紐の先っちょの玉飾りは、
最初は紐と同じ紫系にしていたのを
ここだけ紫にするのも変かな、と赤に統一したのですが、
もしかして、紫と赤ってちょっとキモチワルイ?
そんなことない? 平気?
ていうか、髪と耳元と腰の下の方に
赤味が分散してるのって、
とっちらかってバランス悪いんじゃない?
あああ、もうわからーん!

……と、最後は己のフィーリングを信じて
完成ということにしてしまいましたが、
次に描く時はしれっとデザイン自体を変えているかもしれません。
ま、まぁ、このお方、統治期間がめちゃくちゃ長いし、
途中で多少のお色直しがあっても不思議ではないですよね。
うん、そういうことにしよう。

Category

Archives


Profile

prof.jpg
桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
→ 本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」