冷蔵庫の買い替え(1/3)

冷蔵庫を買い替えました。

これまで使っていたものは、1人暮らしを始める直前に
他の家電一式とともに購入したものでした。
年度末の決算セールの時期で、
もともと安値が付いていた店頭の展示品を
「他にもいっぱい買うから、もう少しお安くできませんか」
と母が交渉してくれたので、
正確なお値段は覚えていないけれど
とにかくお得に買えたことを覚えています。

でも、内部の部品の保証期間(5年)は
今年の3月で過ぎてしまっていたのですよね。
購入した店舗に問い合わせたり
メーカーのサイトで素人判断ながらも
ざっくりした見積もりを取ったら、
出張修理を頼むと3万以上はかかりそうで、むむむ……。

しかし、毎日のように夜中に騒音で起こされるのは
さすがに疲れてきたし、腹も立ってきたので、
急な出費は痛いけれど、思い切って買い替えることに決めました。

昨日、ルピシアのイベントに行った後に
とりあえず地元の電器屋さんへ向かったら、
今使っている冷蔵庫と同じシリーズ(後継機)の子が
5年半前に見た光景と同じように
展示品・現品限りで破格のお値段がついてるじゃないですかああ!!

サイズも容量もちょうどよくて、気に入って使っていたので、
同じ感覚でまた使えるなら、ストレスもなくて楽だし、
こ、こここ、これに決めちゃう……!?

と即決したい気持ちもありましたが、
念のために隣の駅の別の電器屋さんにも行ってみたのでした。
そこは私が今の冷蔵庫を買ったお店でもあったのだけれど、
今回はちょうどいいものがなかったので、
すぐに引き返して上記の展示品を購入し、
配送も今日の最終便に何とか載せてもらえることに決定。

「早くても6時か7時、もしかしたら9時頃かも」
というお話だったので、夜ごはんは早めにすませて待機。
配送スタッフさんから
「あと10分ほどでお伺いします」
と電話があったのは8時半過ぎだったかなぁ。
それから冷蔵庫の中身を保冷バッグに移して
中の棚やポケットを簡単に拭き掃除して、
スタッフさんが古いのを外に出して新しいのを運び入れて
電源を入れて中を拭いて中身を入れ直して、
ふーやれやれ、と気付いたら9時半になっていました。

配送は夜だとわかってはいたものの、
朝からそわそわしながら過ごしていたので、
ちょっと疲れちゃったなぁ。ふい〜。
でも、今日からは安眠できそうで、やれやれです。