1100.jpg

先日のプチ大掃除の際に、引き出しの奥にしまいこんでいた古い眼鏡ケースを発掘。
私は小学校に上がる前から眼鏡を使い始めていたのですが、
確か、これが初めて自分で選んで買ってもらったケースだったはず。

カバーに描かれている眼鏡の女の子が可愛くて、
ちょっと自分とも重ねたりもして、
当時の自分としては珍しく「赤いもの」を選んだのでした。

でも、「Kindergarten」が「幼稚園」を意味すると知って、
「わたしがいってるのは『ようちえん』じゃなくて
 『ほいくえん』だけど、いいのかな」
と戸惑ったりもして。

小2までは、眼鏡をかけてる子はまだクラスでも少なくて
「メガネザル」とからかわれたりするのがいやだったので、
授業中とか、ほんとうに必要なときだけ掛けていました。

が、小3でいろいろ吹っ切れて、
普段からずっとかけ続ける生活になりました。

その後、高校入学と同時にハードコンタクトにしたり、
就職後にソフトコンタクトも使ってみたり、
再び眼鏡のお世話になるなどして、
2012年にレーシックの手術を受けました。
(当時のメモはこのへんでどうぞ)

職場では老眼鏡を使っていて、
それは別のケースにしまっています。

この古い眼鏡ケースは、懐かしい気持ちもあって
これまでずっと捨てずに取っておいたのですが、
いいかげん素材が劣化して
触るとペタペタするようになってきたので、
そろそろ処分することにしました。
今までずっと、ありがとうね。
最後の記念に、パチリ☆

CM(0) | メモ | EDIT | TOP

この記事へのコメント