「花楽紗」開設16周年のごあいさつ

本日をもちまして、「花楽紗」はサイト開設から16周年を迎えることができました。
今年も無事にこの日を迎えられたことを、うれしく思います。

2018年は、俺屍プレイヤーとしては感慨深い年だったので、
久しぶりに新規一族を立ち上げてプレイしたり
俺屍コンテンツをあれこれ追加できて、とても楽しかったです。
そして、平成の世が終わるこの2019年は、
平成の世が始まった年にTV放映を開始したシュラトの
放映30周年という記念すべき年です。

……が、しかし、
何となく予想はしていましたが、
公式からは特に動きはない様子で、しょんぼりしています。
せめてこの辺境の個人サイトだけでも
勝手に盛り上がってしまおう、
とあれこれ考えてはいるのですが、
毎年この「ごあいさつ」に書いたことほど
あんまり実現できていないという事実に気付いてしまったので(……)、
ひっそりのんびり、準備をして楽しんでいくつもりです。

というわけで、えーと、どうしようかな。
さっき過去記事を振り返った時に
「そういえば、HNとサイト名の由来って、
 きちんとメモしておいたことなかったな」
と思ったので、記念に書いておいてもいいですかね?
もしかしたら先代もしくは先々代のmemoの時代に
何かのついでにネタにしたことがあるかもしれないけれど、
こういうの、記念日っぽい話題で、いいかなぁ、と。
というわけで、いきますよ〜。


******************************


▼HN:桜衣淑乃(さくらいよしの)

桜の品種名「染井吉野(そめいよしの)」のもじり、です。
花の中では桜がいちばん好きなので(ただし、全く詳しくはないです)。
そこに好きな漢字を当てはめて、見た目が気に入ってこれに落ち着きました。
サイトを始める前からPNとしても使っていたので
自分にとってはある意味すでに本名のような感覚です。
一応、姓と名に分けて使えるところもお気に入り。

どうでもいいことですが、以前、仕事中にこの名前で署名しかけて
めちゃくちゃ焦りました。
「あばばば違う違う!!」って。


▼サイト名:花楽紗(からくさ)

サイト開設の数年前、ほんの一瞬同人活動をしていた頃のサークル名は
「花工房(はなこうぼう)」でした。

PNとの呼応もあるし、「花」という字を使いたいな、というのと、
「自分の作った作品が花になりますように」
という願いを込めて。
(こうして書くとほんとうにアイタタタ……、ですが、
 当時はまだ10代だったので許してやってください……)

そうそう、バリバリに同人活動をしていた友人が
「サークル名は、短くてわかりやすくて読みやすい方がいいよ」
と話してくれていたのも参考にして、
漢和辞典をパラパラ見ながら決めたような記憶があります。

サイト名も最初はそのまま「花工房」にするつもりでいたのですが、
「これって何だか、お花屋さんのサイトっぽい?
 いや、むしろ素材屋さんっぽい?」
とだんだん不安になってしまったのですよね。
当時はこれで検索をかけてもそんなにヒットはしなかったように思うけれど、
紛らわしいのはやめておこう、と新たに考えることにしました。

  • 漢字3文字から4文字で
  • 「花」の字はやっぱり使いたい
  • 難しすぎる漢字は避ける
  • 無理な読み方はなるべく避ける
  • 「地味だけどちょっと個性的」を目指す

を目標にうんうん考えて、
最終的には、好きな漢字をあれこれ書き出して組み合わせて
現在の「花楽紗(からくさ)」に落ち着いたのでした。

サイト開設から何年か経った頃に、
このサイト名の元ネタ(?)であり
泥棒さんの緑の風呂敷包みで知られる「唐草模様(からくさもよう)」が
子孫繁栄や発展を願う吉祥文様、つまりは縁起物であることを知って、
こっそり感動したんだったなぁ、そういえば。
そういう知識はなくて、もともとあの模様には心惹かれるものがあったので
「花・楽・紗、で『からくさ』! これにしよ〜♪」
と決めてしまったのですが、
発展はともかくこのサイト、長続きだけはちゃんとしてるし、
おまじない的な効果は見事に発揮されているようです。


******************************


…………。
いつもよりちょっとはおもしろい読みものになるかなー、
と思って書いてはみたけれど、
自分はいろいろ思い出して懐かしくて楽しめたけれど、
これ、他人様にとっては別に「ふーん」で終わっちゃいそうな話ですね。あれー。
まぁ、いいか! 今日はお祭りだ!

ではでは、このへんで。
開設当初からずっと見守っていて下さる方も、
今日初めて来て下さった方も、
よろしければどうぞこれからも、「花楽紗」にお付き合い下さいね(ぺこり)。