3月のライオン【前編】 DVD 通常版先日録っておいた、
実写映画版の「3月のライオン」の前後編を鑑賞。
れいちゃんが神木くんで香子ちゃんが架純ちゃん、
というのは知っていたけれど、
その他の詳しいことは何も知らないままでした。
でも、見てみてびっくり、キャストが豪華すぎる!

島田さん→蔵之介
林田先生→一生くん
幸田パパ→トヨエツ
後藤さん→伊藤英明

って具合で、
えっえっ、じゃあ私、将棋会館やります(ガタタッ)(起立&挙手)!
って感じですよ。ふええ〜。

あっ、女性陣では、あかりさんを倉科カナが演じていて、
今現在は「トクサツガガガ」の吉田さんのイメージが強いので
ちょっと不思議な感覚でした。ふふ。

肝心のストーリーの方は、予想はしていたものの
どうしてもダイジェスト的な展開になってしまって、
ちょっともったいなかったなぁ。
あと、原作やそれに準じて作られているアニメと比べると
コミカルな部分もだいぶ削られているので、
「そうか、筋だけ抜き出すと
 こんなに暗いお話だったんだ……」
と改めて気付かされたりしました。

でも、雰囲気とかヴィジュアルとかは、
なるほど、実写化するとこうなるのかぁ、と楽しめましたよ。
どうせなら映画じゃなくて連続ドラマとかにしてほしかったけれど、
キャストさんのスケジュール的にも予算的にも
やっぱり難しいのかなぁ。むむむ。

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP

この記事へのコメント