「夜明け告げるルーのうた」

夜明け告げるルーのうた - 湯浅政明

こないだ録っておいた「夜明け告げるルーのうた」を鑑賞。
タイトルだけは以前聞いたことがあるような、
くらいの知識しかないまま見始めましたが、
独特なアニメで、すごく不思議で楽しめました。

物語は、海辺の町とか人魚とか
どうしてもポニョが思い出されたり
比較してしまったりするのだけれど
(そういえば、ルーのしゃべり方もポニョとそっくり)
(「ポニョ、そーすけ、すきー!」)、
画面というか、アニメーションが、個性的でおもしろいです。

ほとんどの画面で、人物の影の塗り分けがなくて
絵柄も最近はやりのものとはちょっと違うし
イラストっぽい印象が強いのですが、
ルーの歌やダンスにつられてみんなも踊り出しちゃうところとか、
その分、動きがとても自由で、楽しい。
水の表現も、いいなぁ、これ。

カイのじっちゃんやタコばあが
会いたかった人たちと同じく人魚になる展開は、
ちょっとお伽話みたいだったよね。

最後の、ルーたちがふっと消えるところは
みんな死んじゃったのかと思ったけれど、
あれは、あの場所では生きられなくなった
(=きっとどこかで生きている)、という解釈でOK?

そうそう、町内放送の様子が妙にリアルで
ちょっと笑ってしまいました。
エコーがかかるんだよね、あれね。

やー、こういう作品に時々出会えたりするから、
アニメって、飽きないよねぇ。
見る機会を得られて、ほんとうによかったです。

Category

Archives


Profile

prof.jpg
桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
→ 本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」