「鬼灯の冷徹(28)」

鬼灯の冷徹(28) (モーニングコミックス) - 江口夏実

「鬼灯の冷徹(28)」を読みました。
この漫画はすごいですよ、
読む度に、作者さんの知識の幅広さと
それを楽しい読みものに落とし込める技術や才能に
しみじみと驚かされます。

今回の収録作の中では、
シロが催眠術(幻術?)にかかっちゃう話が特にお気に入りです。
「びぶんせきぶん」と「そすうをかぞえるのだ」で
1冊読み終えた今も思い出し笑いをしてしまいます。フッフフッ。
「阿呆が考えたかしこいひと」ねー、うんうん。
いやー、でもね、これね、催眠術ではないけれど、
TRPGとか創作物とかにも共通する話だよね。
プレイヤーとか作者自身の知性・知力以上に賢いキャラは
演じられない、表現できない、っていう、ね。
(あっ、自分で書きながら何だかものすごくダメージ……!)

あと、芥子ちゃんと信楽太夫がお友だちになるお話もよかったな。
2人とも好きなキャラだから、仲良くなってくれるのはうれしい。
その後のエピソードも、いつか読めたらいいなぁ。

Category

Archives


Profile

prof.jpg
桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
→ 本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」