「アルスラーン戦記(10)」

アルスラーン戦記(10) (講談社コミックス)

「アルスラーン戦記(10)」を読みました。
今回、アルスラーンの出番は少なかったけれど
その分、新キャラが増えたり周囲で動きがあったりして、
着々と舞台が整っていくのを感じます。

新キャラもいっぺんにいろいろ出てきて、
相変わらず細かいことは忘れている私ですが、
メルレインにはキャッキャしてしまいました。
好きなんですよね、彼。

あと、ナルサスの(負の方向の)画力が
この荒川版ではちょくちょく活躍(?)していて、
それも楽しいです。ぶふっ。