「メイドインアビス」

Made In Abyss Blu-Ray(メイドインアビス 全13話)

録りためていた「メイドインアビス」(TVシリーズ)を、
ようやくラストまで鑑賞。
はあああ、うああ、もう、あああ……。
軽い気持ちで見始めたけれど、
後半は特に、もう、辛くて辛くて……。
描写というか設定というか、エグいというかグロいというか……。
おおお、ナナチ……、おおお、ミーティ……。

見始めたきっかけは、
いつだったかのNHKのアニメか声優の番組でこの作品が紹介されていて、
「絵柄は可愛いのにストーリーはシビア」とか何とかいう
声優さんのコメントが気になっていたから、です。
BSで再放送が始まって、
「試しに見てみるかぁ」
と録画するようになって、最初のうちは
「いいね、このワクワク感! あと絵柄もけっこう好き〜」
と彼らの冒険を見守っていたのですが、
怪我その他、心身に対する負荷の描写に手を抜かないところがあって、
途中途中で視聴を休憩していました。
具体的には、後半でリコが手に毒を受ける、あの辺り以降が特に。
少なくとも、ごはんのお伴に鑑賞するような作品ではなかったですね……。

毒の影響を最小限に抑えるために腕を切るかどうか、とか、
ああいうのはリアルでもあるのだろうけれど、
私、とにかく怖いのと痛そうなのとに対する耐性がめちゃくちゃ低いので、
もう、ほんっと、見ていて辛かったです。
リコもレグも、よくがんばったね。うっうっ。

そして、ナナチ。あと、ミーティ。
子どもがひどい目に遭うのは、もう、もうもう、苦しすぎるよ。
ナナチはすごいね、偉いね。うっうっ。
あれだけ医術に長けているのは、
何とかしてミーティを救おうと、いっぱい研究して実践してきたから、
ってことなんだろうなぁ、と思うと、あの決断が、もう、……。

TVシリーズでは、そもそもの物語の発端でありリコの旅立ちの目的でもある
「お母さんに会う」というのが果たされないまま終わったのですが、
続きは近いうちに劇場公開されるそうですね。
そして、原作はまだまだ続いている、とのことで。ふむふむ。
しかし、あちこちでチラ見したところによると、
ハードな展開はまだまだ続きそうで、
私、耐えられそうにないです……。うぐぐ……。

はっ、そうそう、これ、OPがすっごくよかったです!
特にイントロが素晴らしくかっこいい。
これまで長い間、私の中の
「ピアノで弾きたいアニソン・特ソンイントロ」のトップは
メガレンOPだったのですが、
このドラマティックなイントロはそれをちょっと超えたかも。
あと、歌っているのがリコ&レグっていうのもまた、いいよねぇ。
サビの歌詞の
「今 答えが見つかるなら
 全部失くしてもいい」
ってところが、もう、ぐあー!
ああー! 好きィィ!!
……って感じで、すごく、いいよね……。

まぁ、この熱い歌も、
実際にそれくらい命懸けでこの子たちが探検を続けていると知ってからは、
ただ単純に「いい歌! ステキ!」とか、
うっとりしていられなくなったわけですが。
いやー、ほんっと、キッツいアニメでしたわ……。
ああ、でも、リコもレグもナナチもミーティも、いい子たちだよね。
その他、ラスボス的な、黒幕っぽいキャラを除けば、
いい人もたくさん出てきたし、マルルクちゃんも可愛かった。
続編にあたる劇場版を観に行けるかどうかは検討中ですが(私の耐性の問題で)、
これからも彼らをそっと応援していきたいと思っています。