歯列矯正メモ・145(医院選び編・1/2)

先日のランチ会で、最近治療を始めた以前の職場の先輩と
「どうやって通院先を決めたか」
というのが話題になりました。
自分の時のことも話したし
先輩の話も興味深く聞いたので、
ここにもちょっとまとめておこうかな。

たぶん、当時の自分も
先代「花楽紗メモ」(レンタルCGI)に書いたと思うのですが、
こちらのブログに切り替える時に何も残さなかったのですよね。
手動のコピペしか方法がなかったけれど、
やっておけばよかったなぁ。

それはともかく、医院選びについて。
歯列矯正はそれなりにお金もかかるし、
病院や先生によって少しずつ治療方針も異なるし、
治療期間も長くかかるものなので、
慎重にかかりつけ医を決めることが多いと思われます。
私は2ヶ所に無料相談に行っただけで
ぽーんと決めちゃいましたが。

……い、いや、だって、
自分の腰の重さはいいかげん知ってるからさぁ、
勢いを大事にしたかったんだよ!
普通だったらもうあと1つくらい候補を選んで
相談だけでもお願いしたりするかもしれないけどさぁ、
そんなことより、波に乗っちゃいたい!
今、自分の中に燃え盛るこの熱いウェーブを逃したくない!
とか、思っちゃったんだよねぇ。

えーと、まぁ、それはともかく、
私が現在の通院先に落ち着いた経緯をまとめると……。
自分が基準にしたのは、以下の4点でした。

  • 裏側矯正をメインとしている
     (そうでなくても施術実績がある)
  • 成人の矯正について積極的
  • 通いやすい場所にあること
  • 医院や先生の雰囲気や印象


▼裏側矯正をメインとしている
矯正に対して大きく気持ちが前進したきっかけは
「表からは見えず、装置の目立たない
 『裏側矯正』という方法がある」
と知ったことでした。
だから、実際にそれが自分に適した治療法かどうかは
精密検査を受けるまではわからないけれど、
この希望を汲んでくれそうなところがいい、
というのを第一条件としました。

▼成人の矯正について積極的
歯や骨が成長過程にある子どもとは
やっぱりいろいろ違うらしいと聞いたので、
成人の症例や治療についても
サイトや広告などで言及しているところがいいかな、と。

▼通いやすい場所にあること
月に1度くらいの頻度で長年通い続けるらしいので、
定期で行けるとか、自宅から近いとか、
土地勘のあるところにしよう、と決めていました。

↑これらの3点については、半年くらいの間に
時々ネットで調べて検討していたような気がします。
市内で検索してすぐ出てくるような有名な医院や
審美系が多そうな名駅周辺・栄周辺の医院も一時は考えたけれど、
最終的に参考にしたのは
地元のフリーマガジンの医院特集号。

「自宅から徒歩でも行ける、
 バスも出ている、
 定期の範囲外だが仕事帰りにも寄れる、
 母校の最寄駅なのでなじみがある、
 付近にお買い物スポットがある」
というとあるエリア内に
「ここ、いいかも」
とピンと来た医院が2つあって、
気持ちが萎えないうちに無料相談の予約をしたのでした。

あ、ちなみに、
「自宅から徒歩でも行ける」と書きましたが、
歩くと45分の距離です。
「普通の人はそんなに歩かないよ……」
と姉にはドン引きされてしまいましたが、
ええー、1時間くらいなら歩いちゃわない?
月に1度だけなんだしさぁ、平気よ〜。

……と、さくっとまとめるつもりが
何だか長くなりそうになってきたので、
後半はまた次回にしますね。

→「歯列矯正メモ・146(医院選び編・2/2)」