「騎士竜戦隊リュウソウジャー」

ゆるゆると視聴していた「騎士竜戦隊リュウソウジャー」が、
先日で最終回でした。

中盤くらいまではあちらこちらに
ちょっともやっとしてしまうというか、
うーん、いまいち惜しい感じだよなぁ、
と思うことも少なくなかったけれど、
ラストのあたりはほんとうに、すごくよかったです。

というか、まずはとにかくアスナが!
最初の頃から可愛いなぁ、好きだなぁ、とひいきにしていましたが、
強くて優しくて明るくて、しかもかっこいい!
戦隊だと、ラストバトルでみんながあきらめかけた時なんかに
真っ先に立ち上がって周りを鼓舞する役って
たいていはレッドが担っていたけれど、
リュウソウではピンクのアスナだったんだよね。
正直、意表を突かれたし、
でも、すごくアスナらしい素直な言葉で
まっすぐに胸に届く感じで、熱かったです。
いい子だなぁ、大好きだよ。

優しく見守るお姉さんタイプとか
みんなに可愛がられる妹ポジションとか
怪力&食いしん坊設定のムードメーカーとか、
ただそれだけの女の子戦士も好きですが、
アスナはこれまでとはまた違う新しいヒロイン、
いや、ヒーローでしたね。

怪力設定も、ギャグ的に用いられるだけではなくて、
例えばいつだったかのエピソードで
空から落ちてくるコウを受け止めるために真っ先に動いて
その時に確かバンバ兄さんをドンッと突き飛ばしながら
ガシッとコウを無事にキャッチして、
周りももうそれについて余計なツッコミを入れない、とか、
見ていて笑ってしまったけれど、
今、改めて振り返ると、新しい道を切り開いていった感があります。
とにかくアスナがすごく好きです。
故郷のお祭りの時の回想シーンで
楽しそうに太鼓を叩いていた笑顔とか、とにかく可愛い!
そういえばナダさんも言ってたよね、うん、とにかく可愛い!

ラストまで見届けた今、私の不満点は、
メルトくんの髪の色の謎が結局なんだったのか
本編では明かされることなく終わっちゃったこと、ですかね。
明らかに一人だけ異質だし、
海のリュウソウ族が出てきたから
もしかしてこの先、天のリュウソウ族とか、出てくるんじゃない?
メルトくん、実はそっちの子だったんじゃない?
そんで、敵に洗脳されてコウ&メルトと戦わされたりするんじゃない?
もしかしてラスボスに仕立てられたりしちゃうんじゃない?
とか、勝手に壮大な予想を立てていましたが、
なぁぁんもそこらへんに踏み込むことはないままで、………。

……と思っていたら、
制作サイドも一応その解(=理由)を用意していたそうで、
ちょっとォォ、ちゃんとそこらへんははっきりさせてよォォ!
と部屋の中でゴロゴロ転がって抗議しています。
だって、気になるじゃんかよォォ!
アタシは世界観モエ・設定モエするタイプのオタクなんだよォォ!
いやー、気になりますね。知りたい知りたい〜。

そうそう、メルトくん、エラスの見せた幸せな夢の中では
オトちゃんが見当たらなかったので、
「オトちゃんはきみの幸せに関係なかったの?
 あの子のこと、遊びだったの!?」
と本気で怒りそうになっていました。
「幸せだけれど『仲間』が存在しない」夢、ってことなら、
うん、まぁ、仕方ないか。許しておこう。
実際、メルト側はまだ恋愛感情には至っていないと思うし、
それならそれでオトちゃんがこれからがんばると思うから
私はそっと見守っていくわよ〜。

オトちゃんで思い出したけれど、
ラストバトルでカナロが戦いを放棄しかけた時、
弱いなぁ、って思っちゃったんですよね。
でも、ネットで
「もともと海のリュウソウ族は、争いを嫌って袂を分かった一族」
という意見を目にして、
ああっ、そうか、そうだった! と納得したのでした。
ちゃんと筋の通ったキャラだったんだよね、ごめんねカナロ。

うーん、あとは、個人的には
もうちょっとういちゃんが話に絡んでくれるとうれしかったなぁ。
せっかくYouTuberなんていうナウなヤング(……)の設定なんだから、
もっとマイナソーの出現とか情報収集とかで出番があってもよかったのに、
途中からただの大家の娘さん的な存在になっちゃって、もったいなかった。
役者さんの事情もあったかもしれないけれど、そこがちょっと残念。

ああっ、そうそう、ラストで敵さんサイドにも救いがあって、
それがすごくよかったなぁ。
プリシャス、何かちょっと可哀想だな、と思っていたので、
クレオンやワイズルー様と一緒に楽しい毎日を送ってくれているといいな。
そして、来年のVSシリーズにちらっとでもいいから出てきてほしい!

ところで、「恐竜モチーフな戦隊は、敵と和解する」というジンクス(?)を
今回で初めて知りました。
ジュウレンはよく知らないけれど、アバレとかキョウリュウとか、
なるほど、確かに! へぇ〜!

いやー、何だかんだでこの1年も楽しませてもらったなぁ!
キャストさん&スタッフさん、楽しい1年間をありがとう〜!