「うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~」

楽しく視聴していた「うちタマ?! ~うちのタマ知りませんか?~」
今日で最終回でした。
終わってしまって、ちょっと淋しいな。

始まる前は、もっと普通の(?)擬人化というか、
可愛くてほのぼのしているだけのアニメなんでしょ、
と正直あんまり期待はしていなかったのですが、
やー、おもしろかったなぁ〜。
磯野さんちのタマとか、ネコ歩きとか、
見ていて笑ってしまう小ネタも多かったです。ブフッ。

基本はほのぼのなのですが、オムニバス形式で、
ちょっと切なかったりギャグが暴走していたり
シュールな展開もあれば
ニャンコやワンコのリアルな現状や豆知識も挟まれていたりして、
気付けば今期の中ではいちばんのお気に入りになっていました。

キャラクターとしては、コマが特に好きかなぁ。
ちっちゃくて元気なのと、黒沢ともよ(敬称略)の声がすごく合ってる。
「犬のおまわりさん」の時の証言で
事件現場になかなか辿り着かない様がとてもキュートでした。

コマとは紅二点コンビのモモちゃんもいいよね。
喫茶店の看板猫でアイドルだし
可愛らしくて優しいお姉さんポジションかと思いきや、
猪突猛進な一面もあって、楽しかったです。

ベーの絆創膏の謎は最後まで明かされないままだったけれど、
それはそれで、ベーらしくていい気がします。
彼の自由っぷりは見ていて和みました。

クロ&ゴンのお兄さん犬コンビとか
クールなふりしてとても優しく面倒見のいいノラとか
何だかんだですっかりなじんでいるブルとか、
あっ、トラもいい奴だよなぁ、
とにかくみんな、大好きです。
もちろん、タマ&ポチもね。

ついでながら、個人的な思い出話になるのだけれど、
その昔、いつだったかのクリスマスプレゼントに
私がうちのタマのドンジャラを、
姉が「みゆき」のボードゲームをもらったことがありました。
以降、私が中学に上がる頃までの冬休みは
家族でそれで遊ぶのが定番となっていました。
みんなでこたつに入って、
こたつの天板をひっくり返して雀卓風の緑のフェルトっぽい面にして
牌を混ぜながらがちゃがちゃ騒いでいたんだよなぁ。
タマのドンジャラは、当然ながら絵柄が全てあのキャラのイラストで、
普通の麻雀なら強い(母談)という父が
「(牌の)見分けがつかん……」と苦戦していたりして、
笑ってしまったんだっけ。

……と、昭和の記憶もよみがえったりしつつ、
このアニメにはとても楽しませてもらいました。
素敵で楽しい作品を、ありがとうございました〜!