「リメンバー・ミー」

リメンバー・ミー (字幕版) - アンソニー・ゴンザレス, ガエル・ガルシア・ベルナル, ベンジャミン・ブラット, アラナ・ユーバック, レニー・ヴィクター, ハイメ・カミーユ, アルフォンソ・アラウ, ハーバート・シグエンサ, ハーバート・シグエンサ, ガブリエル・イグレシアス, ロンバルド・ボイアー, ロンバルド・ボイアー, アナ・オフェリア・ムルギア, ナタリア・コルドバ=バックリー, リー・アンクリッチ, エイドリアン・モリーナ, マシュー・アルドリッチ, ダーラ・K・アンダーソン

ピクサーのアニメーション映画・「リメンバー・ミー」を鑑賞。
わりと最近の作品(日本では2018年公開)で
いまいちマイナーな気もするけれど、
TV放映もされたことだし、ネタバレとかは気にしなくていいかな?

メキシコと、その「死者の国」が舞台の物語で、
家族と音楽が重要なモチーフになっています。
「死者の日」については
以前「岩合光昭の世界ネコ歩き」のメキシコ編を見て
何となく雰囲気は知っていたので、
「ああ、アレか〜!」とすんなりなじむことができました。
日本のお盆みたいな行事、という認識でいいのでしょうか。
飾り付けとか、灯りとか、
画面がカラフルで温かくてとてもきれいでした。
冒頭の、切り紙細工みたいなののイントロダクションも
おもしろかったなぁ。

そして、登場するキャラクターのうち半分以上は
死者の国の住人で、みんな骸骨なわけですが、
キャラデザが素敵でみんな愛らしくて、さすがはピクサー、って感じです。

自分は伝説的ミュージシャンの孫の孫だと思っていたミゲル(主人公)が、
彼の悪行を知ることになったシーンでは、
見ていた私も「ええっ」とショックを受けてしまいました。
その事実と、「ミゲル、可哀想……!」という二重の意味で。

でも、彼に殺されたヘクターこそが自分の祖父の祖父、と分かって、
そこから一族が団結していく様子には、すごくわくわくしました。
ミゲルが無事に家に戻って、ママ・ココに思い出の曲を歌うシーンは
とても優しくて温かかったです。
そして1年後、死者の国で両親と一緒にはしゃぐママ・ココの姿にもほっこり。

うん、おもしろかったです。
あと、とにかく色がきれいだったなぁ、という印象でした。
ミゲルもおうちのみんなも、音楽を楽しめるようになって、よかったよかった。