「Papa told me Cocohana ver.(8)〜あの日のローズティー〜」

Papa told me Cocohana ver.8 ~あの日のローズティー~ (マーガレットコミックス) - 榛野 なな恵

「Papa told me Cocohana ver.(8)〜あの日のローズティー〜」を読みました。
今回は、千草さん(知世ちゃんのママ)の登場するエピソードが
めずらしく2篇も収録されていたので、その印象が強く残っています。
百合子ちゃん視点のと、知世ちゃんの思い出と、
どちらも素敵で優しくて、少しだけ淋しかったり切なかったりもして。

他には、キャンプ場に来ていた少年の楽しい(?)勘違いとか
(それにしても知世ちゃん、相変わらずあちこちで一目惚れされてるのね)、
アリスカフェの双子のおねえさんたちの秘密(?)が
さらっと暴露されていた博物館のエピソードとか、
どれもおもしろかったです。ふふふ。

過去や未来、思い出と願望、リアルとフィクション&ファンタジー、
そういうのを自由に行き来したり、
行き来していると見せかけてちゃんと地続きのリアルだったり、
この独特な世界観や雰囲気が好きだなぁ、
と改めて思ったのでした。