厳戒態勢

仕事帰りに、デパートの化粧品売り場に立ち寄りました。
ちょっと気になるアイテムがあって、
サンプルをちょっと試すかトライアルのパウチをもらってこようかな、
くらいの軽い気持ちだったのですが、
このご時世だからか、何だかいろいろ大事(おおごと)になってしまって、
あわわ、あわわわ……!

陳列棚や小さなカウンターに
透明なシートやカバーがかけられていたり、
お試し用のサンプルを出してもらう時も
スタッフさんが入念に除菌シートで容器を拭き上げてくれたり。
いやいや、むしろ私の手の方が絶対ばっちいでしょ、
ていうか私も拭かせてもらっていいですか、
とシートをもらって拭き拭きしたり、していました。

どうしよう、何だかご迷惑をかけてしまったようで、
心苦しかったなぁ……。
そもそもそこまで敏感肌というわけでもないし、
化粧品ってトライアルで2、3回分くらい試してみても
合うか合わないかを判断するには足りないので(私の場合は)、
黙って通販で買っちゃえばよかったかも。
まぁ、時々いきなり匂いでダメだったり
テクスチャーっていうか、ゆるさ(クリームとかの堅さ)が予想と違いすぎたりするので
それが確かめられればわざわざ対面で買う必要もないんだよねぇ……。

ただでさえ化粧品売り場って緊張してしまうのに
(特に仕事帰りとかだと、こんなヨレヨレな姿で行っちゃって場違い感で恥ずかしい!)、
厳戒態勢下で気軽に行っちゃって、何だかごめんなさいな気分でした。
もう、ほんとうに、コロナいやーん!