「TVアニメ『鬼滅の刃』全集中展」(チケット取れず)

今月下旬から市内で開催される予定の「TVアニメ『鬼滅の刃』全集中展」
ずっと楽しみにしていたのですが、
日時指定の入場券が先行予約だけで実質完売(?)してしまったようで、
一般販売はないとのことで、ああん。

やー、日時指定とか先行予約とか抽選とか、
ちょっとめんどくさいなぁ、コロナ対策も心配だしなぁ、ともじもじしていて
結局何も行動しなかった自分が悪いのですが、しょんぼり……。
久しぶりにエンタメ系のイベントにお出かけできそうで
すごくうれしかったのだけれど、
鬼滅の人気はほんとうにとんでもないことになっちゃっているみたいで、
甘く見ていましたわー……。

私はTVアニメを見て好きになって、
コミックスは1巻だけ本屋さんのお試しで読ませてもらっただけという
ファンと名乗るのも気が引けるくらいのライトな層なので、
こんな私がひょこひょこ行っちゃっていいのかしら、
という負い目もちょっとあったんだよね。
だってほら、私、いつもはまるのってマイナーなものばっかりだから、
こんなにメジャーなものにはまり慣れていなくて、
どうしたらいいのかわかんないんだもん……。
もう、ありとあらゆる業界でコラボしまくりじゃない??
世の中、鬼滅のグッズで埋め尽くされちゃいそうじゃない??

進撃にはまった時に「大手ジャンルってすごいな〜」って
その供給の豊かさにびっくりしたものだけれど、
鬼滅の盛り上がりっぷりはさらに激しいように感じます。
原作がスパッと完結したところも、それを逆に後押ししたのかな、
などと勝手に分析していますが、さてはて。

まぁ、それはともかく、イベントに参加できなくなってしまって残念です。
でも、今、名古屋の感染者数も増える一方だし、
というか、日本中どこも収まる気配がないし、
せめて、無事にチケットが取れた方々には
私の分まで気兼ねなく楽しんできてほしいけれど、
いろいろと不安もありますよねぇ……。

あっ、そうそう、このイベントとは関係ないけれど、
以前にどこかで見かけた「炭治郎は陽のコミュ障」というフレーズが
妙に気に入っていて、
今でも時々マスクの下で思い出し笑いをしちゃいます。
陽のコミュ障! 確かにそれだ! ふははっ。