WCR36:「リンク」

0831.jpg

月末なので、本館サイトのWEB拍手ランキング
現在の様子をスクショでパチリ。
今月も、あちこちぽつぽつと拍手を頂きました。
ありがとうございます!
それでは今回は、現在1位の「リンク」について
ちょろりとコメントしようと思います。



……うん? リンク……?
うちのリンクページは特に何の変哲もないリンク案内ですが、
そういえば移転前にもぽつぽつ拍手を頂いていたのでした。
応援の気持ちを送って下さったのかな、と解釈して、勝手に励まされています。
ありがとうございまーす!

しかしどうしよう、ここに書くようなネタが何もないよ!
というわけで、HTML時代のサイトのバックアップから
歴代のリンクバナーを引っ張り出して並べてみることにしました。
だいたいは作成順に並んでいるはず……、かな?
せっかくなので(?)、それぞれ元画像へのリンクも貼っておきますね。
ちなみに、ブログに移転してからのバナーは
作成する度に上書きしていたようで、残っていませんでした。あららー。


1.jpg

↑記念すべき初バナー。
そして、他サイトさんに最も使って頂いたバナーでもあります(たぶん)。

2.jpg

↑画像の切り抜き加工がへたくそすぎて、
恥ずかしくなってわりとすぐに引っ込めてしまった思い出が……。

mini1.jpg

↑当時お世話になっていたレンタルCGIのユーザーリンク集に登録するため、
初めて作った88×31サイズ(←このサイズ限定だったのです)。

3.jpg

↑この200×40サイズって、日本のオタクサイトしか使っていないらしいけれど、
トリミングには毎回悩まされています。難しいよー!

mini2.jpg

↑ミニバナーは明るい色の方が映えるかな、と作り替えたもの。
元絵をぐるんぐるん回しながらトリミングを決めました。

4.gif

↑このイラスト、そもそもはスロットゲーム用に描いたものですが、
その後、こうもいろいろと使い回すことになるとは思ってもみませんでした。

5.jpg

↑今のところ唯一の俺屍バナー。
そのレア度も含めて、けっこうお気に入りです。

6.gif

↑だんだん、この「人物をヨコに寝かせてトリミング」が
パターン化してきていますね〜。

7.jpg

↑元絵は、実は一度リメイクしていて、
確かその記念にこっそり作ったバナーだったような……?

8.jpg

↑あえてキャラ絵じゃないイラストでバナーを作るのってカッコイイ!
……みたいな謎のパッションに乗せられて誕生したもの(今ちょっと恥ずかしい)。

9.jpg

↑シュラト サイトっぽさは全く伝わらなさそうだけれど、お気に入り。
サイト内ではほとんど使っていませんが、青、好きなんだよね。

10.jpg

↑顔や目をあえて入れないトリミングにこだわった時期もありました。
単に、画力や絵柄に自信がないというのもあるけれど。

11.jpg

↑背景をがんばった時は、できればそちらを見てほしくなっちゃうもので、
そういう気持ちが表れたバナーといえますねー(他人事のように解説)。

12.jpg

↑レビちゃんをバナーにしたのは、今も昔もうちのサイトだけじゃないかな。
これを見てレビちゃんだとわかる人がどれだけいるかは謎ですが。

13.jpg

↑背景をがんばった時は(以下略)。ていうかこの絵のメインは背景。
これもひそかなお気に入りでした。

banner88.gif

↑俺屍のフリー素材の配布を始めたので、そのユーザーさん向けに作成。
左の4色のは火水風土の遺伝子バーのイメージです。

banner32.gif

↑こちらも上と同じく、そして素材サイトさんっぽく32×32サイズを初めて作成。
しかし、需要がなさそうだったので今回のリニューアルを機に撤収しました。

14.jpg

↑線画をパスで引いたので、アップにも耐えられるかな、
と久しぶりに人物を寝かさないでトリミング。

15.jpg

↑黒とピンクの組み合わせにはまって、初めて枠線もピンクにしてみたり。
このバナー、今見ても可愛いな!(自画自賛)

16.jpg

↑こういうふんわりしたタッチは、この限られた面積だけだと
やっぱりちょっとインパクトに欠けてしまうかなぁ。

17.jpg

↑そうそう、シャーラの髪と目の色の由来は、レンゲのそれをテレコにして
ガンガンに彩度&明度を上げたもの、なのですよ〜(突然披露される裏話)。


……そんなこんなで、「リンクバナーから知る『花楽紗』の歩み」(えっ)、
いかがでしたでしょうか。
またもや、自分だけが楽しい振り返り企画になってしまいましたが、
少しでもお楽しみ頂けたならうれしいです。

ちょっと話がずれていってしまいましたが、今回はこのへんで〆。
memo 宛ても含めて、拍手を送って下さったみなさま、ありがとうございました!