ドバイ在住のいとこ

仕事の都合でドバイに住んでいる年下のいとこが
(血縁的にはいとこではなくはとこなのですが、
 うちの母の生い立ちがちょっと複雑なので、戸籍上はいとこ)、
悪性リンパ腫になってしまったそうです。

病気だとわかったのは春頃で、
現在は退院して、時々病院に通って治療を受けている状態だそうですが、
まさかそんな、えええ、びっくり……。
すごく元気で健康的な印象しかなかったので、
病気、しかもガンだなんて……!
しかも、まだ30歳で、若いのに。

うちの母が、叔母夫婦(彼の両親)からつい先日打ち明けられたそうで、
母もとにかくびっくりしてしまったそうです。
ドバイは医療が進んでいる上に医療費もタダなので
(母曰く「お金持ちの国だから」とのことですが、そうなんだ!? 知らなかった!)、
そのまま現地で治療を受けることにしたそうですが、
叔母夫婦が交代で世話や付き添いをしに行ったりしているみたい。
でも、コロナの影響で
その度に帰国後はしばらく外出自粛をする必要があり、
今、2人とも、ほとんどまともに働けていないのだとか。
仕方がないとはいえ、それも大変だよねぇ……。

彼自身の病状は、若いから進行が早いのも心配だったけれど、
そのぶん強い薬も使えて、それが効いていて、
今のところは落ち着いているそうです。
それはとてもうれしいし、ほっとしました。
でも、今、世の中がいろいろと混乱していて、
叔母夫婦もなかなか打ち明けられずにいたみたいで、
仲のいい母にもようやく話すことができた、ってことらしい。

ちなみに彼は、エジプトでの大学時代にもちょっと危険な目に遭ったりした
(参考:2011年当時の記事)
(↑あっ、こっちだと「はとこ」って書いてたな)、
あの男の子です。
なかなか波乱万丈な人生を送っているけれど、
彼が順調に回復していってくれることを祈ります。