実家のTV到着

先日購入した実家のTVが、ようやく配送されました〜!
きっかり2週間! 長かった!
ドラマ大好きな母も、TVなしの生活をよく耐えてくれました。

昼過ぎに設置完了とのメールをもらったので、
私もさっそく実家へ行って、いろいろといじってきましたよ。
新しい家電、だ・い・す・き!
ちなみに購入したのは、三菱のこちらの機種です(←メーカーのサイトに飛びます)。

あと、この2週間の間は、
母にリクエストされた番組を私の家で録っていて、
それをBDに焼いたのですが、
実はBDなどにダビングするのは初めてで、ちょっと不安だったのです。
実家台でもちゃんと読み込まれるのが確認できて、ほっとしました。

そして、この機種は高音質というのもウリみたいで、
母が「音が柔らかい」と言っていました。
ああ〜、うん、確かに、前のとは違うなぁ。
何だかすごく、画面も音もくっきりしている、という印象でした。

そうそう、以前の機種と比べると
32インチから40インチと大きくなって、高さも出たので、
見やすいようにTV台の高さも調整してきました。
父が東急ハンズでパーツを購入した、組み立て式の、多分パイン材とかのもので、
これまではDVDプレイヤーなどを収納するため
二段式の構造になっていましたが、
厚みの薄い方の棚&脚を外して台全体を低くしました。
父の道具箱から六角レンチを拝借して勝手に直しちゃったけれど、
まぁ、いいよね。

その後は、いつも父が担当していたという
台所のレンジフードの掃除などもちゃちゃっとすませてきましたよ。
父は、毎朝の食事も作ってくれたり
お風呂やベランダの掃除も勝手にやってくれていたので、
母は今、淋しいだけじゃなくて、
もっといろいろ、具体的に日常生活に困っていたみたいです。
あららら、そうなのね〜……。

うん、確かに父は、その世代としても、一般的な夫としても、
家事を自分からバリバリやってくれる、めずらしいタイプだと思います。
その代わり、こだわりも強くて、ちょっと扱いに困ることもあったけれども。
ずっと昔、母が入院していた頃も、
毎朝、卵とバターをたっぷり使っておいしいオムレツを焼いてくれて、
今、ちょっとそれが懐かしいです。
退院したら、また作ってほしいなぁ、久しぶりに。