「3月のライオン(15)」

3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス) - 羽海野チカ

「3月のライオン(15)」を読みました。
ひなたちゃんとのラブコメパートも
あづささんや田中さんとの対局も
先生とのシーンも、
それぞれに雰囲気は違うけれど、ライオンらしいというか、
どれも楽しく読みました。
相変わらず、将棋そのものに関しては
知識がほぼゼロなのだけれども。

ただ、これ、もしかして、
最終的には桐山くんは、将棋を辞めちゃう……とか?
いや、この物語では彼のどこまでを描くのか
まだはっきりしないので、ちらっと思ってしまっただけですが。
うーん、まぁ、彼自身がよく考えた上で出した結論なら、
もう何でも大丈夫だと思っていますが。

あと、巻末収録のあかりさんのエピソードでは
ポテトサラダがほんっとーにおいしそうで、じゅるり。
いつも思うけれど、この漫画、
食べものがいつもおいしそうで、読んでいておなかが空いてしまいます。ぐー……。