父の入院・20(年内に退院決定&杖で歩行)

父の退院が、来月下旬に決まりました!
現在の回復状況と、
年末年始はリハビリのスタッフさんもお休みで
病院に残っていても正直意味がないということと、
万が一、体調不良などの不測の事態が起きた時のために
若干の余裕を持たせたい、ということで、
病院がお正月休みに突入する3日ほど前に設定されました。

父の介護保険を、こないだの転院直後に母が区役所に申請していて、
その認定調査についての報告を聞きに病院に行って、
その席で、退院日の相談&決定が行われたそうです。
おおー……!

あっ、ちなみに、「介護保険の認定調査」については、
通常は家族の立会いが可能なのですが、
これもコロナの影響で立会い不可だったんだよね。
そして、「介護保険の給付限度額」にも直結する「介護度」については、
調査してパッと決まるものではなく、
調査結果をもとに話し合いが行われてからようやく決定するもの、らしいです。

その他、介護用品のあれこれやレンタルについて
母が説明を受けた後、院内で父とばったり遭遇したそうで、
しかも車椅子ではなく杖を突いて歩いていたので
母はあんまりびっくりして
「…………元気!?」としか言えなかったそうです。

ていうか、杖!? 二足歩行!?
あっ、杖があるから三足歩行!?
車椅子、卒業したの!? いつの間に!?

父はリハビリルームから自室へ帰る途中だったそうです。
そうか、もう、杖で歩けるようになったんだ。すごい!
まだ練習を始めたばかりで、
きっと、ちょっと歩くだけでもすごく疲れたりするんじゃないかと思うけれど、
「もしかしたらこの先ずっと、車椅子なのかな、
 そうしたら、家に帰るのはもう無理かもしれないな、
 普通の団地だもんな……」
とも思っていたので、すごく、すごく、ほっとしました……!

ああ、あと、週に2回、シャワーも浴びられるようになったそうです。
おおおお!? そうなんだ!?
えっ、何か急に、すっごい回復してない!?
もちろん、スタッフさんに助けられたり見守られたりしながらのことだろうけれど、
進化がすさまじくてびっくりしています。
でも、すごーくうれしいです!