軽量フライパン(THERMOS)

0110.jpg

フライパンを新調しました。

先月の初め頃から
野菜炒めを作ろうとするといつも焦げてしまって、
熱すぎたかなー、とか
油もうちょい足してみるかー、とか
いろいろやってもいまいちな出来で、
何でかなぁ、どうしたんだろ、としょんぼりしつつ
失敗炒めをもそもそと食べていました。

が、ちょうどクリスマスを過ぎたあたりで
「はっ! テフロン加工の寿命じゃない!?」
と唐突に気付いて、年明けに買い替えることを決意したのです。

ちなみに、テフロン加工の寿命は1、2年だそうです。
今回ググって初めて知りました……、ていうか、
えええー、そんなに短いのー!?

これまで使っていたのは、1人暮らしを始める時に
ホームセンターであんまり深く考えずにほいっと買ったもので、
2013年の春だったから、えーと、7年以上使っていたわけか。
でも、炒めたり焼いたりするよりも、
姉夫婦に引越し祝いでもらったスチームケースで
レンチンするだけの簡単料理ばっかりやってきたからなぁ。
使う頻度は一般的なおうちよりも格段に少なかったと思うので、
7年かけてやっと人並み(?)に達したのかもしれません。

そんなこんなで、新しく THERMOS の軽量フライパンを買ったよー!
行ける範囲であちこち実物を見てきて、
見た目と持った感じとブランド名で決めました。
前のと比べると浅くてちょっと大きめ、かな?
というか、前のはディープパンという深みのあるタイプだったのかも?
吟味するというよりは勢いで決めてしまいましたが、
ガンガン使っていこうと思います〜。