「麒麟がくる」

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) - 池端 俊策, NHKドラマ制作班, NHK出版

毎週、夢中になって視聴していた大河ドラマ「麒麟がくる」が
昨日で最終回でした。
はぁぁぁ……、終わっちゃったねぇ……。
あのふわっとした締めくくり方は、直後は
「えっ!? あ、え?? これで終わりなんだ……!?」
と意表を突かれましたが、
余韻が残って、それをしみじみと噛み締めることができて、
これはこれでアリだろう、いや、大アリだろう!
と納得しています。

というか、実は私、「光秀生存説」自体をそもそも知らなかったので、
今さらになって天海についてググってみたりしています。
いやー、おもしろいですねぇ!

それにしても、魅力的なキャラクターがいっぱいで、
台詞なんかも時々笑っちゃうこともあって、
胸がキリキリさせられることも多かったけれど
とにかく楽しかったです。
何より、光秀がすごくよかった。
あと、信長も。

これまで私が見てきたドラマ内での信長は
ちょっと怖いというイメージがまとわりついていたけれど、
今回の信長は、
ただ褒めてもらいたくて、愛してもらいたくて、
みんなが喜ぶと思ってやっていたことが、
周りの人たちの願いや想いからどんどんかけ離れていってしまったんだな、
という新しい人物像で描かれていて、印象的でした。
でも、光秀に討ってもらえて、ある意味、幸せだったんじゃないかなぁ。

本能寺の変のことは、たぶん視聴者みんなが知っている史実だけれど、
それなのにこんなにハラハラして、ドキドキして、切なくて、
いやー、大河ドラマってすごいですね!

ちなみに、私のファースト「本能寺の変」は
知る人ぞ知る(?)OVA「妖刀伝」だったので、
「実は蘭丸が黒幕なんだよねー」とか
「この信長は影武者なんだよねー」とか、
ついついよけいなことを考えてしまったりもしていました。

「戦国奇譚 妖刀伝~破獄の章」

「戦国奇譚 妖刀伝~炎情の章」オリジナル・サウンドトラック - サウンドトラック

↑妖刀伝はサントラもいいですよ!

それはともかく、このドラマ、家康もよかったなぁ。
ちらっと描写された伊賀越えでは、真田丸の影響でフフッと笑ってしまいましたが、
竹千代時代(可愛かった〜!)からの光秀との縁とか、
この人が麒麟を連れてくるのを光秀に見届けさせてあげたかった、
とか、もう、いろいろ思ってしまいます。

光秀があそこで命を落としたとしても、
関わった人々がちゃんと想いを受け継いでいった、
という大きな歴史の流れを感じることができて、
いやー、いい最終回だったなぁ……。

ああ、でも、私、あの秀吉もすごく好きなんだよねぇ。
もともと、蔵之介(愛を込めて敬称略)が好きなのですが、
彼の演じる、一見お調子者のようで恐ろしい一面も覗かせる秀吉の
その後も見たい。見たいぞー!

それから、光秀ファミリーのあったかさとか、
菊丸の存在のおもしろさとか、
帰蝶様のお美しさとか、
忘れちゃいけない、道三様とか、
濃いドラマだったなぁ、ほんとうに……。

振り返れば、メインキャストの降板やらコロナ&オリンピックの影響やらで
いつも以上に大変な現場だったと思うけれど、
こんなにも楽しませてくれて、ほんとうに感謝です。
キャストさん&スタッフさん、豊かな1年間をありがとうございました!