「ヒーリングっど♥プリキュア」

ヒーリングっどプリキュア Blu-ray vol.1 - 悠木碧, 依田菜津, 河野ひより, 加隈亜衣, 武田華, 金田アキ, 白石晴香

「ヒーリングっど♥プリキュア」が、先日で最終回でした。
今年度放映された番組は、どれもコロナの影響で大変だったと思うけれど、
ヒープリはおさらいセレクションと称して再放映で乗り切ったり
年2回の劇場版も半年ずつずらして公開したり(予定含む)、
それでも何とか完走してくれて、ほんとうによかったです。

今回は、プリッキュアーとパートナー妖精の
それぞれの絆が特に丁寧に描かれていたなぁ、という印象でした。
のどかとラビリン、ちゆとペギタン、ひなたとニャトラン、
そしてアスミちゃんとラテ、
もう、みんないい子でねぇ……(ほろり)。
特に、ラビリンがすごく好きです。
あと、のどかちゃんがすごく強くて優しくて。

ひなたちゃんの、等身大の、中学生っぽさも好きでしたねぇ。
自信を失くしたり、すぐ元気になったり、
ふにゃっとしてるところと前向きなところのバランスがすごくいい。
アスミちゃんのワクチン作戦(仮称)の説明で
他の2人よりも若干飲み込みに時間がかかっている描写も
すごく微笑ましかったし、共感できました。
私も「……ん?? ……あ、お、おう……!」ってなるタイプなので。

ちなみに、姉夫婦はペギタン推しだそうです。
ペギタンもいい子だよねー、
最初に見た時は「おでこにおちんちん付いてる〜」って思っちゃったけど。
(えっ、私だけじゃないですよね??)

終盤で、ダルイゼンとの決着はどうするんだろう、
助けるのかな、救いの道はあるのかな、とじっと見守っていました。
あそこで悩んだ末にきっぱり断るというのはちょっと予想外でしたが、
そうだ、それでいいんだよ、という気持ちになりました。
優しいのはいいことだし、大切なことだけれど、
やりたくない、できないことは、拒否していいんだ、って。

ところで、追加戦士のアースさん、いや、アスミちゃんですが、
これまでずーっと、見た目がちょっと誰かに似ている気がしていたのですが、
さっき唐突に気付きました。
この子、ヴィシュヌ様に似てるんだわ(→画像検索結果)。
うん、いや、髪の色と髪型だけですけれども。
あー、やっと謎の既視感の正体がわかって、すっきり〜。

そうそう、後期EDはちょっと明るすぎて軽く感じられて
最初のうちはあんまり好きではなかったのですが、
自分の体調不良や父の入退院などのトラブルが続く中で
その明るさに救われて、だんだんと好きになっていきました。
うん、これくらい元気でハッピーな曲で、ちょうどいいよね。

そんなこんなで、キャストさん&スタッフさん、
素敵な1年間をありがとうございました!
来月公開予定の劇場版も、とても楽しみにしています!