久々の美容院

年が明けたら美容院に行こう、そろそろ切ろうと思い続けて
ふと気付いたらもう3月!
髪も眉毛もぼっさんぼっさんの状態でしたが
久しぶりに美容院に行って、すっきりしてきました。
今日はぽかぽか陽気で、シャンプーとか乾かすのとか
人にやってもらうのって気持ちよくて、
途中でカックンカックン寝てしまったりもして
ちょっと恥ずかしかったけれど、さっぱりしてよかった〜。

しかし、今回、受付で
「すみません、今日、不織布のマスクってお持ちじゃないですか?」
と聞かれて、母お手製の布製のを着けていた私は
「?? 持ってきてないです」
と戸惑ってしまいました。

担当さんによると、お客さんからクレーム(?)があったそうで、
スタッフにも他のお客さんにも
不織布マスクの使用が徹底されるようになったそうで。
はぁ、まぁ、確かに、最近時々TVとかでも検証とか実験結果が公開されて、
「不織布マスク最強」って説がよく謳われていますよね。
でも、そんな、自分だけじゃなくてスタッフ全員とか
自分以外のお客さんにまで強要するのは、
何だかちょっと、すごいなぁ、って……。

私は、以前、不織布のプリーツのついたマスクをしてカットしてもらいに来たら
プリーツの狭間にカットしてもらった眉毛とかの細かい毛がはまって
面倒なことになったので、
プリーツのない布製のマスクをあえて着けて行くようにしていたのだけれども。

そして、普段の通勤カバンには予備として
個包装された不織布マスクも1枚奥のポケットに入れてあるのですが、
今日は美容院に行って帰りにスーパーでちょこっと買い物するだけだったので
小さい手提げにお財布だけしか入れて来なかったんだよね。

そんなわけで、「えっ、入店不許可かな」と一瞬焦ってしまったのですが、
お店のご厚意で不織布のマスクを頂けることになり、
それに付け替えてカットその他を済ませてもらいました。

マスクだって、品薄ではなくなったとは言えタダじゃないのに、
っていうか、売ってくれても別にいいのに申し訳なくて
「わー、ありがとうございます、ごめんなさい〜」と言ったら
「いいえ、こちらこそお伝えできなくて申し訳ありません」って。
「いやー、大変ですね〜」って、つい言っちゃったら
「いろいろなお客様がいらっしゃるので……」って、小声で困り顔で言っていました。

客商売だし、変な噂とか立てられても困るけれど、
もしかしたらその方は、ご自身とかご家族とか職業の関係で
感染症に人一倍気を遣わなくちゃいけない事情があるかもしれないけれど、
うーん、うーん、みんな大変だー! と思いました。

ちなみに、その不織布のマスクは
切った毛が隙間から入らないように、
ゴム紐を耳に引っ掛けるのではなく
上辺の左右を医療用のテープ(たぶん)(包帯とか留めるやつ?)を貼る、
という処置をされました。
これもどうやらお客様からクレームがあったみたいで。

いや、まぁ、うん、グッドアイディアかもしれないけれど、
そんなの、終わった時に外してパッパと払えばいいじゃん?
もしくは、チクチクとかカイカイになった時に
「すいませ〜ん、毛ぇ入っちゃったみたいで、ちょっとマスク外しま〜す」
って外してパッパすればいいだけじゃんね?

はぁ〜…………。
早くこのマスク生活から解放されたいですよねぇ。
でも、ワクチン接種が普及しても、まだマスクはしばらく必須だろうなぁ。
今年中は、こんな感じの生活がまだまだ続きそうで、
仕方がないとは言え、ちょっとしょんぼりです。