母とエヴァ

先日の甥っ子のお誕生会では
姉夫婦とシンエヴァのことも話したりしていました。

その時、一緒に聞いていた母が
「お母さんも、***(←甥っ子)とか淑乃とか見てるし気になって、
 録画しておいたの見てみたんだけど、全然わからなかった……」
と言ってきて、ちょっとびっくり。
どうやら「序」のことだったようですが、
えええ、お母さん、見たんだ!? ていうか、見てくれたんだ……!?

一応、「序」だけでも最後まで見たのか
忙しい母のことだし途中でやめてしまったのか、
そこらへんは詳しく聞いていませんが、
驚くと同時に、ちょっとうれしかったなぁ。

母は、ヤングな世代のファッションについては
ちょっと保守的な部分も感じられるのだけれど、
アニメとかマンガとかゲームとか
いわゆるオタク的なエンタメについては、昔から寛容です。
母自身も、ベルばらとか宝塚とか演劇が好きで
役者や声優に憧れていた時期もあったようだし、
身体が弱かった少女時代に
そういうエンタメに救われてきた部分もあったらしいので、
それが影響しているんだろうなぁ。

それはともかく、母がちょっとしょんぼりした顔でそう言った時、
私と姉夫婦で即座に
「いや、あれ、わかんなくていいから!」
「無理して見るもんじゃないから!」
「オタクが作ったオタク向けのアニメだから!」
とフォローしてしまって、ちょっと笑っちゃいました。わはは。

そもそも新劇場版は、お話はすっきりまとまっているし映像もきれいだけれど、
やっぱりちゃんとTVシリーズを踏まえた人向け、だと思うんですよ。
実際、シンエヴァではループ説が確定したわけだし。

ちなみに、母は、甥っ子が自宅でよく鬼滅の録画を見ていることもあって、
そちらもちょっと気にはなっているようです。
「鬼滅の方が、お母さんには楽しめると思うよ」
とみんなでおすすめしておきました。

まぁ、すでにはまっている身としては、興味を持ってくれただけでもうれしいですよ。
母自身にとってのいいタイミングで、手に取ってもらえたらいいなぁ、と思います。

Category

Archives


Profile

prof.jpg
桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
→ 本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」